2020-02-18 23:13:00

ガルバナイズがオーストラリア事業を拡大

プレスリリース発表元企業:Galvanize
ガルバナイズがオーストラリア事業を拡大



(加ブリティッシュコロンビア州バンクーバー & シドニー)-(ビジネスワイヤ) -- ガバナンス、リスク管理、コンプライアンス(GRC)のSaaSソフトウエアにおける世界的リーダー企業であるガルバナイズは本日、業務の大幅拡大に加え、シドニーでの新地域本社の開設を含む戦略的イニシアティブを発表しました。

GRC調査会社GRC 20/20によれば、世界のGRCテクノロジー市場は急成長し続けており、この市場のサードパーティー管理、監査管理・分析、IT GRC管理などの一部市場区分の予測CAGRは15%を示し、高い場合は20%を超えています。オーストラリアとニュージーランドだけで、世界の全GRCテクノロジー支出の7%を占めています*。

ガルバナイズのパスカル・バン・ドーレン最高売上責任者(CRO)は、次のように述べています。「当社が提供するGRCプラットフォームのメリットを得ようとしているオーストラリアのすべての組織のみならず、世界中のお客さまに貢献するという一貫した追求において、シドニーの新拠点は非常に重要な前進となります。オーストラリアは、世界規模の継続的拡大における重要市場です。オーストラリアのGRC市場は、組織ガバナンスのアプローチが自動化とテクノロジーを活用するものとなっており、非常に洗練されています。ガルバナイズのプラットフォームHighBondは、オーストラリアのGRC専門家の技術に対する需要を満たす上で無理なく適合します。」

ガルバナイズが自社の付加価値再販業者チャネル経由でオーストラリアのGRC顧客をサポートするようになってから数年が経ちます。その間に、同国で数百のお客さまがSaaS GRCプラットフォームであるHighBondとACL Roboticsの導入に成功しています。シドニーの新オフィスでは、現地に関する幅広い専門知識を提供するとともに、お客さまに成功をもたらすガルバナイズの能力を完全に補完できるよう、ガルバナイズのスタッフが直接に対応します。

ガルバナイズのアジア太平洋地域担当マネジングディレクターのスティーブ・サーリーは、次のように付け加えています。「オーストラリアの魅力的なビジネスセンターであるシドニーでの新本社開設は、オーストラリアで事業を展開しているオーストラリア企業と国際的なお客さまをサポートすべく投資を継続させていることから、自然な成り行きです。当社ではオーストラリアのAWS環境を使用して当社のソリューションを導入し、オーストラリアのお客さまのデータレジデンシー要件に応じます。当社の製品を現地に関する独自の専門知識で補完するようになったわけで、オーストラリアのガバナンス分野で入社したいと思う雇用主になりつつあります。」

ガルバナイズのオーストラリアオフィスを統率するのはMoses Maiguriraです。以前はサトリ・グループ・オーストラリアのGRCソリューション担当マネジャーとして、オーストラリアのガルバナイズのお客さまに実現因子を提供する上で有益な役割を担いました。「会社の拡大という重要な時期にガルバナイズに入社するのは、大変取り組みがいのあることです。私は、意思決定の自動化、統制管理とレポート作成の簡素化、真の複合保証を実現するツールの提供によって、ガルバナイズ製品がいかに組織ガバナンスに変革を起こしたかを直接目にしてきました。HighBondプラットフォームはGRC専門家に変革力を持つ者であり、ガルバナイズの規模と専門力をオーストラリアのお客さまに直接生かしていただけることをうれしく思います。」

時代に合わなくなったGRCソフトウエア製品からクラウドベースのHighBondプラットフォームに取って代わる動きが急速に進んでいます。世界中でますます多くの組織がHighBondを採用して、その優れた費用対効果、迅速で容易な導入、ユーザーの迅速な採用、高度なロボットプロセス自動化機能の恩恵を受け、直観的な設計と組み込みのベストプラクティスによって実用的なエグゼクティブインテリジェンスをもたらしています。

*2019 GRC Market Analysis: Market Drivers, Trends, Sizing, Forecasting & Segmentation. February 2019, Michael Rasmussen, J.D., GRCP, CCEP GRC Economist & Pundit (2020年GRC市場分析:市場ドライバー、動向、規模、予測・市場細分化)

ガルバナイズとHighBondプラットフォームの詳細については、 wegalvanize.comをご覧ください。

ガルバナイズについて

ガルバナイズは、セキュリティー、リスク管理、コンプライアンス、監査の機能を持ち、受賞歴のあるクラウドベースソフトウエアを構築しており、世界最大級の諸組織で変革を推進しています。当社ではGRC専門家は組織内で最も引く手あまたの人材であると考えており、統合型ソフトウエアプラットフォームのHighBondを通じて、個人と組織全体を統合・強化することを使命としています。130カ国に6300超の顧客組織を抱えるガルバナイズは、フォーチュン1000企業およびS&P 500 企業の多くのチーム、数百の政府機関、銀行、製造業者、医療機関をつないでいます。GRC専門家が脅威の管理、リスクの評価、統制の測定、コンプライアンスの監視、保証範囲の拡大に従事しているかどうかに関係なく、HighBondが手動タスクを自動化し、組織全体のデータをブレンドし、共有しやすいダッシュボードとレポートの形で送信します。しかし、当社は単にテクノロジーを作るだけではありません。個人を触発して、大きなことを成し遂げ、その過程で英雄的な仕事ができるようにするツールを提供しているのです。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。



businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20200218005660/ja/

連絡先
Corporate Media Contact
Julia Hanbury
julia@talkshopmedia.com
604-738-2220
Australia Contact
Moses Maigurira
Moses.Maigurira@wegalvanize.com
Asia Pacific & Japan Contact
Ambili Nair
Ambili.Nair@wegalvanize.com

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース