デジタルトランスフォーメーションの一層の推進のため9名の専門家をアドバイザーとして招聘。2月18日就任、各ジャンルのプロフェッショナルが集結

プレスリリース発表元企業:一般社団法人日本デジタルトランスフォーメーション推進協会
デジタルトランスフォーメーションの一層の推進のため9名の専門家をアドバイザーとして招聘。2月18日就任、各ジャンルのプロフェッショナルが集結

デジタルトランスフォーメーションの一層の推進のため9名の専門家をアドバイザーとして招聘。2月18日就任、各ジャンルのプロフェッショナルが集結

デジタルトランスフォーメーションの一層の推進のため9名の専門家をアドバイザーとして招聘。2月18日就任、各ジャンルのプロフェッショナルが集結


専門的な知見を有する、多様な業界のトップランナーが集結。1つの組織では完結できないデジタルトランスフォーメーションを推進するため、アドバイザー制度を立ち上げました。



デジタルトランスフォーメーション(DX)推進に必要な組織づくり、人材育成の支援、ノウハウの蓄積や政策提言などを通して持続可能な未来の社会づくりへ貢献する一般社団法人日本デジタルトランスフォーメーション推進協会(所在地:東京都千代田区、代表理事:森戸裕一)は、2月18日(火)、アドバイザー9名が就任したことをお知らせいたします。アドバイザー制度の発足に伴い、富士通株式会社理事 

首席エバンジェリストの中山五輪男氏や総務省地域情報化アドバイザーの森本登志男氏らを招聘いたしました。


▼「一般社団法人日本デジタルトランスフォーメーション推進協会」公式サイト:https://jdxa.org


■日本のIT業界をけん引してきた中山五輪男氏ら9名が就任、海外ビジネスのプロフェッショナルも


多くの産業で先端のデジタル技術を使った新しいビジネスモデルを展開する企業が生まれ、産業構造が大きく変わろうとしています。デジタル時代に選ばれる会社へ変革するデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進をさらに加速させる必要があるのは言うまでもありません。デジタルトランスフォーメーションとは、「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念のことです。

そこで当協会では、専門家の知見を取り入れるべくアドバイザー制度を立ち上げることとなりました。1つの組織や1つの業界だけでは実現できない、多様な業界のトップランナーの知見が必要だと考え、このたび9名のアドバイザーに就任していただくこととなりました。


就任アドバイザー


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0NDM4NiMyMzY1NzMjNDQzODZfTEhWbHdZRnJScS5wbmc.png ]

阿部 慎吾 氏

TK International Sdn. Bhd. 代表取締役社長

1973年、愛媛県生まれ。1997年にマイクロソフト日本法人に入社し、17 年に渡りマーケティング部門や営業部門のマネージメントなどを経験したのち、2014年に同社を退職。同年、家族とともにマレーシアへ移住してマレーシア法人としてTK International Sdn. Bhd.を設立し、代表取締役社長に就任。

マレーシアの首都クアラルンプールを拠点として、クラウドサービス、IoT、デジタルマーケティング、インサイドセールスの分野で事業を立ち上げ、30社以上の日系 IT 企業と連携して、東南アジアでデジタルトランスフォーメーションを推進している。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0NDM4NiMyMzY1NzMjNDQzODZfZ1JydkZxVnR0eC5wbmc.png ]

木村 哲也 氏

旭鉄工株式会社 代表取締役社長

i Smart Technologies株式会社 代表取締役社長


1992年東京大学大学院工学系修士修了。トヨタ自動車に21年勤務、主に車両運動性能の先行開発・製品開発に従事。また、生産調査部でトヨタ生産方式を学ぶ。2013年にトヨタ自動車の1次仕入先である旭鉄工に転籍。「人には付加価値の高い仕事を」をスローガンとし、IoT技術を用い設備稼働状況を可視化するシステムを構築。運用や社内風土など多くの工夫を重ね、収益・品質・風土面で大きな改革を実現、「第7回 ものづくり日本大賞 特別賞」をはじめ数多くの賞を受賞。この変革を他社でも実現するために「i Smart Technologies」を設立。「儲かるIoTモニタリング」だけでなく、必要な知識を得るためのe-learningや、改善力向上サービスまで、自社で培ったノウハウを100社以上に幅広く展開。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0NDM4NiMyMzY1NzMjNDQzODZfUXpTR1FqdGhsQy5wbmc.png ]

佐野 勝大 氏
サイバートラスト株式会社副社長


日本アイ・ビー・エム(株)を経て、マイクロソフト(現日本マイクロソフト)(株)Embedded Windows 関連製品担当後、市場戦略担当業務執行役員兼米Microsoft Corporation Directorを歴任した。2008年から(株)MTIで上席執行役員モバイルサービス事業本部副本部長を担当後、2010年から(株)ユビキタスAIコーポレーション(旧ユビキタス)にて取締役、代表取締役社長に就任。2019年7月より現職。

JASA 理事副会長、九州工業大学客員教授


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0NDM4NiMyMzY1NzMjNDQzODZfalNDeHBNakZ0Qi5wbmc.png ]

津田 佳明 氏

ANAホールディングス株式会社 
デジタル・デザイン・ラボチーフ・ディレクター兼アバター準備室室長


1969年12月4日、埼玉県出身。1992年3月に東京大学経済学部を卒業。同年4月にANAに入社し、福岡支店販売部に配属。5年間の旅行代理店セールスを経て、1997年4月に東京本社営業本部に異動。以降、営業・マーケティング関連業務(路線計画・運賃策定・イールドマネジメント・チャネル企画・販促プロモーション等)を担当。2013年4月の持株会社制移行を機にANAホールディングスへ出向し、経営企画課長に。2016年4月にANAグループのイノベーション創出部隊としてデジタル・デザイン・ラボを創設し現職。2019年4月より遠隔操作型分身ロボットを使って世界をつなぐ事業を目指すアバター準備室を立ち上げ、室長を兼任。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0NDM4NiMyMzY1NzMjNDQzODZfanZPTVFBT3VqTC5wbmc.png ]

中山 五輪男 氏

富士通株式会社 理事 首席エバンジェリスト


1964年5月 長野県伊那市生まれ。法政大学工学部電気工学科卒業。複数の外資系ITベンダーさらにはソフトバンク社を経て、現在は富士通の理事および首席エバンジェリストとして幅広く活動中。AI、クラウド、IoT、スマートデバイス、ロボットの5分野を得意分野とし年間200回以上の全国各地での講演活動を通じてビジネスユーザーへの訴求活動を実践している。様々な書籍の執筆活動や複数のTV番組出演での訴求など、エバンジェリストとしての活動をしつつ、国内30以上の大学での特別講師も務めている。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0NDM4NiMyMzY1NzMjNDQzODZfTEl0amJXWVpBVC5wbmc.png ]

西脇 資哲 氏

日本マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト・業務執行役員


日本経済新聞で紹介されたIT「伝道師/エバンジェリスト」。

2013年には日経BP社から "世界を元気にする100人" にも選出。

1996年から13年間、日本オラクル株式会社にてマーケティング担当として従事し、現在はマイクロソフトにて多くの製品・サービスを伝え広めるエバンジェリスト。講演や執筆活動も行い、IT 企業だけでなく、製造業、金融業、官公庁から小学校、中学校、高校や大学でのプレゼンテーション講座を幅広く手がける。著書に「エバンジェリストの仕事術」、「プレゼンは “目線” で決まる」、「新エバンジェリスト養成講座」など。

TOKYO FM 「エバンジェリストスクール!」のパーソナリティーを乃木坂46とともに3年間と務める。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0NDM4NiMyMzY1NzMjNDQzODZfekxVWEtRamNWdy5wbmc.png ]

間下 直晃 氏
株式会社ブイキューブ代表取締役社長CEO


1977年生まれ、慶應義塾大学大学院修了。慶應義塾大学在学中の1998年、Webソリューション事業を行なう有限会社ブイキューブインターネット(現:株式会社ブイキューブ)を設立。その後、ビジュアルコミュニケーション事業へ転換し、2008年よりWeb会議市場における国内シェアナンバーワンを獲得、その後も12年連続で首位を獲得している。 

Evenな社会の実現をミッションに掲げ、大都市一極集中、少子高齢化社会、長時間労働、 教育・医療格差などをビジュアルコミュニケーションを通じて解決し、社会を担うすべての人が機会を平等に得られる社会の実現を目指す。 

2013年12月に東京証券取引所マザーズ市場へ上場。2015年7月に東京証券取引所市場第一部へ市場変更。2015年に株式会社センシンロボティクス(旧:株式会社ブイキューブロボティクス)を設立し、ドローンなどのロボティクスを活用したソリューション展開にも取り組む。
経済同友会幹事、規制・制度改革委員会委員長


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0NDM4NiMyMzY1NzMjNDQzODZfdWVWbnZibVVVUC5wbmc.png ]

森本 登志男 氏

キャリアシフト株式会社代表取締役

岡山県 特命参与(情報発信担当)

総務省委嘱 地域情報化アドバイザー

総務省委嘱 テレワーク マネージャー

内閣府 外部有識者

G20観光大臣会合 モデレーター

甲南大学 非常勤講師 ほか
 

岡山県出身。1986年京都大学工学部合成化学科卒業、宇部興産入社。1990年ジャストシステム入社、 1995年マイクロソフト(現・日本マイクロソフト)入社、Microsoft Corporation(米国)勤務、マイクロソフト事業計画室長、市場開発部長、公共営業本部自治体営業部シニアマネージャー等を歴任。

本務の傍ら、上勝町ICT戦略検討委員会アドバイザーなど、地方に出向きICTとマーケティング手法を用いて地域活性化に携わる。

2007年、総務省『高齢者・障害者のICT 利活用の評価及び普及に関する検討会』委員。2011年度佐賀県の最高情報統括監(CIO)に就任。ICT活用の観点から県庁経営に参画し、県庁や県内の情報化を統括するとともに、ICTを活用した県庁全体の業務改革の推進を担う業務に取り組み、基幹情報システムの開発・運用コストの大幅削減や4000人の全職員を対象としたテレワークの導入を行う。第16回日本テレワーク協会会長賞受賞(佐賀県庁として)

2012年、佐賀県鹿島市の日本酒のブランディングを成功させた「鹿島酒蔵ツーリズム®」を立ち上げ、2日間で8万人が集まるイベントに成長。2014年、235万再生を超える『恋するフォーチュンクッキー 佐賀県庁 Ver. / AKB48[公式] 』を企画し全国的なムーブメントを作るなど、佐賀県の知名度向上に貢献し、2016年3月末で5年の任期を終了。

2007年より総務省地域情報化アドバイザー。2014年より総務省ICT地域マネージャー。2014年、都道府県CIOフォーラム会長。

2014年、九州総合通信局長賞受賞。2015年、内閣府『公共サービスイノベーション・プラットフォーム』外部有識者。

2016年より、内閣府クールジャパン・地域プロデューサー、総務省テレワークマネージャー。

2016年4月から2018年3月まで大館市政策情報収集組織(シンクタンク)コーディネーター。

2016年4月から県特命参与(情報発信担当)、佐賀県情報エグゼクティブアドバイザー、総務省テレワークマネージャーなど全国の地方活性化に幅広く活動中。

2017年「あなたのいるところが仕事場になる」を上梓し、キャリアシフト株式会社を設立。テレワーク・働き方改革での講演や導入支援活動を積極的に行っている。

2019年G20北海道倶知安観光大臣会合 ではモデレーターを務めた。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0NDM4NiMyMzY1NzMjNDQzODZfZWVzWlh1VHdQYS5wbmc.png ]

八子 知礼 氏

株式会社ウフル IoTイノベーションセンター所長
株式会社INDUSTRIAL-X代表取締役


1997年松下電工(現パナソニック)入社、宅内組み込み型の情報配線事業の商品企画開発に従事。その後、介護系新規ビジネス(現NAISエイジフリー)に社内移籍、製造業の上流から下流までを一通り経験する。その後、後にベリングポイントとなるアーサーアンダーセンにシニアコンサルタントとして入社。2007年、デロイトトーマツ コンサルティング合同会社に入社後、2010年に執行役員パートナーに就任。2014年にシスコシステムズに移籍し、ビジネスコンサルティング部門のシニアパートナーとして同部門の立ち上げに貢献した。一貫して通信/メディア/ハイテク業界中心のビジネスコンサルタントとして新規事業戦略立案、バリューチェーン再編等を経験。2016年4月より株式会社ウフルIoTイノベーションセンター所長としてさまざまなビジネスエコシステム形成に貢献した。2019年4月に株式会社INDUSTRIAL-Xを起業、代表取締役に就任する。著書に『図解クラウド早わかり』(中経出版)、『モバイルクラウド』(中経出版)、 『IoTの基本・仕組み・重要事項が全部わかる教科書』(共著、SBクリエイティブ)、 『現場の活用事例でわかる IoTシステム開発テクニック』(共著、日経BP社)などがある。


■全員現役でデジタルトランスフォーメーション推進に取り組む顔ぶればかり

就任していただくアドバイザーは、マレーシアをはじめとして海外ビジネスに詳しく東南アジアのDX推進をしている阿部慎吾氏、製造業のDXに取り組む木村 哲也氏、セキュリティおよびIoTのプロフェッショナルである佐野勝大氏、ANAのDXを進める津田佳明氏、エバンジェリストとして日本のIT業界を引っ張ってきた中山五輪男氏、ドローンやブロックチェーンなど最新テクノロジーに精通しエバンジェリストとしても活躍する西脇資哲氏、国内シェアNO.1のWeb会議システム会社の間下直晃氏、佐賀県のCIOを務め、地方から日本のDXを進める活動をする森本登志男氏、日本初の「モバイルクラウド」の提唱者として知られる八子知礼氏と、日本を代表する顔ぶれとなりました。

全員現役でDX推進に取り組んでおり、実績も豊富です。当協会の大きな力となってくれるであろうことは間違いありません。

今後、当協会としては理念に共感し、ともに日本のデジタルトランスフォーメーションを推進する法人会員を集い、さらに社会に貢献していく考えです。


【一般社団法人日本デジタルトランスフォーメーション推進協会について】

所在地:〒102-0074 東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F KSフロア

代表者:代表理事 森戸裕一

発足日:2010年6月1日(法人化:2010年10月1日)

URL:https://jdxa.org

活動内容:

・DX推進人材の育成や組織づくりの支援

・DXに関するイベントや勉強会の開催

・地域におけるDX推進に関するプロジェクト

・DXの啓蒙・普及・政策提言

・情報提供



提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
 

広告

ピックアップ 注目ニュース