【武蔵大学】図書館セミナー「グローバル化する東京 -- 移民からみる都市の姿」

プレスリリース発表元企業:武蔵大学




武蔵大学(東京都練馬区/学長:山嵜哲哉)は3月9日(月)に、第17回武蔵大学図書館セミナーを開催します。「グローバル化する東京―移民からみる都市の姿」と題し、外国籍住民の増加とその実態を手がかりに、東京の都市構造について考えます。講師は人見泰弘 社会学部 准教授です。受講料は無料です。
武蔵大学図書館では年に数回大学図書館セミナーを開催しており、学生・教職員はもちろん地域の皆様にも広く聴講いただいています。




■日時: 2020年3月9日(月) 14:00~15:30
■会場: 武蔵大学図書館 本館1階 くつろぎ
■定員: 30名(申し込み多数の場合は抽選)
■講師:
 人見泰弘(武蔵大学社会学部准教授)
 北海道大学大学院文学研究科を修了。博士(文学)。名古屋学院大学国際文化学部准教授を経て、2019年4月より武蔵大学社会学部准教授となる。専門分野は「国際社会学」「移民・難民研究」「グローバリゼーション」など。
■お申し込み:
 武蔵大学図書館サイトまたは往復ハガキにてお申し込みください(2/25必着)。
 受付期間などの詳細は武蔵大学図書館サイトに掲載の案内をご参照ください。
 https://www.musashi.ac.jp/library/

▼本件に関する問い合わせ先
武蔵大学 広報室
西(にし)・齋藤(さいとう)
住所:〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1-26-1
TEL:03-5984-3813
FAX:03-5984-3727
メール:pubg-r@sec.musashi.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

プレスリリース情報提供元:Digital PR Platform

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
 

広告

ピックアップ 注目ニュース