2020-02-16 16:00:00

Botton:未来の新しい商業を開く

プレスリリース発表元企業:Botton

TOKYO, Feb 16, 2020 - ( JCN Newswire ) - ● 旧い商業システムの痛点
商業は売買の方法を以て、商品を流通させる経済的イベントである。その中に四つ肝心な要素がある:第一:製品とサービスがよい;第二:コストは低い;第三:効率は高い;第四:伝播が速く、広い。

蒸気機関時代であっても、それとも電気時代、インタネット時代、乃至目下のスマート時代であっても、やったすべてのことはこの四条項によりよく成し遂げることである。しかし、いままでの商業組織は常に始めから急速に発展していたが、間もなく停滞し、ひいては元の業態へ後退し、大量の問題を露出したし、例えば:
1、総体が「効率が低いし、コストが高い」態勢を呈示する
2、旧い商業システム情報の不対称
3、起業情報の離島
4、商品の真偽が見分けにくいし、ユーザーの権利擁護コストも高い
5、大手が独占し、中小企業には融資しにくいし、融資も高い
6、グローバル化貿易の流れが煩瑣であり、取引効率も低い
等々。

● ブロックチェーンが新しい商業にエンパワーメントする
ブロックチェーンの非中央集権型、情報の改竄不可能、暗号の安全、グローバル性、匿名性、開放性、自治性などの特徴に基づき、グローバル商業のために顚覆的な変化をもたらす。一は信頼コストを大幅に低下させるし、業界横断、地域横断、業態横断の各種商業イベント連盟を組織できる;二は価値のリレーを実現し、グローバル商業中の各種商業権益が需要により、移転と交換を行える;三はデータ交換コストを降下し、データの全て権益を保障し、これは大いに各商業組織の間において、データ交換の障碍を共有し、商業経営中にボーダーレス夢を実現する。

● ブロックチェーン商業システム
ボトン(Botton)がグロバール分散型自己交渉ビジネスシステムと定義された。ブロックチェーン技術に基づいて、地域横断、人群れ横断、業態横断に基づき、共同で遡及可能、信用の定量化可能、データの公開透明、クラウドファンディング、投資、消費、会員サービス、正確的なマーケティングなどのシーンを一体に集めたサプライチェーンを作り出し、共同参与、共同建設、共同共有の商業環境を形成し、複数の当事者が参加し、複数の当事者が利益を得られる新しい商業エコを構築する。ボトン(Botton)は、事前に設定された透明なルールを通じて、組織管理、役割の分担、信頼の建設、価値の交換を行うことを通じ、一種や複数の対等な地位を備える商業利益の共同体を構築し、グローバル商業システムを再構築することを目指す。
https://bit.ly/39BAedv

Bottonは鉱夫、投資者、商家、消費者、伝播者を一体と集めた総合的な商業プラットフォームシステムを作り出し、BOC(Botton Coin)はシステム内において、流通の権益証明である。鉱夫は全体システムの急速な運行を保護し、同時に相応的なBOC奨励を獲得できる;投資者は遊資をBOCの形を以て、優れた商業標的に投資する;消費者はBOCを消耗することで、商家が発売する相応的な商品とサービスを獲得できる;伝播者はBotton商業システムの宣伝を通じ、より多くの人々にBottonを理解し、このプロセス中において、一定のBOC奨励を獲得する;商家はBOCの完備な商業システムを利用し、経営規模を拡張できる。それら先だって、Bottonブロックチェーン商業システムに参加した企業は、きっと業界のリーダーとなるに違いないし、Bottonに基づいたリソースと技術は産業チェーンの制御力と形成し、且つ構築し、企業のコア競争力となり,追い越されたり、模倣されたりしがたい。

ボトンブロックチェーン商業システムの五つ大きなコアアイデア:接続、価値、体験、共有、ウィンウィン。

● Botton未来の企画
ブロックチェーン世界の中に如何なる素晴らしい見通しがあり、且つそれを行動に移すプロジェクトはすべて必ず完璧なエコを持たなければならない。

事実上、エコはビジョンの倒立像であり、一つプロジェクトが活発的、健康的、持続可能な開発且つ自分のアイデアとビジョンに該当するエコを形成できるか、あたかも一つプロジェクトが成功できるかのマークである。

Botton中において、商業の盛世ビジョンを取り巻き、行ったインフラ建設、経済システムや管理制度の運営、及びエコ応用建設は、最終的に前例無し、繁栄富裕であるが、また面白くて、楽しいBottonエコを形成する

Bottonエコが成熟した後、Bottonは非中央集権型、自治、平穏的な形を以て、永続・開発でき、すべてBottonのメンバーのために富の成長と基本的保障を提供するし、且つBottonを全世界へ拡張していき、全人類に幸せをもたらす。

この目標を達成するためにBottonは3つエコ建設段階を企画した:
● エコの起動段階
● アプリケーションの建設段階
● エコの成熟段階

エコの成熟段階に入った後、Bottonは完全なコミュニティ自治を実現し、すべてのメンバーはBottonの未来を決め、Bottonが自己運行、永続的な商業楽土となる。

開発しておるプロセス中において、Bottonは絶え間なくインフラ、経済システムや管理制度を完備し、同時にBottonは更にその非中央集権型エコアプリケーションマトリックスを構築する。例えば、Bottonショッピングモール、Botton商業メッセージプラットフォーム、ブロックチェーンクラウドファンディングプラットフォーム、ブロックチェーン商業保険、ブロックチェーン商業貸借、Bottonライトニングペイ、Botton投資基金、Bottonに基づいた偽造防止遡及システム、信用情報システム、在庫管理システム等々。Bottonのメンバーのために完璧的、繁栄、活力のあるBottonエコを呈示し、逆にBottonの成長を促し、Bottonが全人類が共有する商業の天国となる。

Bottonの設計、構造及び開発するプロセス中において、いつまでも自由、平等、民主のコアアイデアを貫き、且つ次から次へと富が生じていき、全部の人々のために真新しい商業システム及び富と心の自由をもたらす。

Company Name:Botton
Person:Tony Liu
Email:bottonglobal@gmail.com

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
 

広告

ピックアップ 注目ニュース