大容量冷蔵庫HXタイプ・HWタイプを発売

プレスリリース発表元企業:日立グローバルライフソリューションズ株式会社

鮮度長持ち「まるごとチルド」を採用した冷蔵室に、「クイック冷却」を新たに加えて使い勝手を向上

日立グローバルライフソリューションズ株式会社(取締役社長:谷口 潤)は、棚のどこに置いても鮮度が長持ちする「まるごとチルド」※1を採用した冷蔵室に、急いで冷やしたいときに便利な「クイック冷却」※2を新たに加え、使い勝手を向上させた大容量冷蔵庫HXタイプ2機種(定格内容積602L、520L)、HWタイプ3機種(定格内容積602L、520L、475L)を3月12日から発売します。HXタイプの外装色には、クリスタルミラーと微細なパターンを施したファインシャンパンを採用しました。
※1 「まるごとチルド」設定時は、消費電力量が約5%増加。出荷時は「まるごとチルド」設定。ドアポケット除く。
※2 「クイック冷却」オン設定時は、消費電力量が約8%増加。出荷時はオフ設定。運転時間は約60分間。ドアポケット除く。




[画像1: https://prtimes.jp/i/27680/70/resize/d27680-70-437833-0.jpg ]

■新製品の開発背景
冷蔵庫については、設置寸法や内容積に加え、食品の鮮度保持が重視されるポイントとなっています。さらに、共働き世帯の増加などの社会背景から調理時の時短・省手間が求められています。そこで今回当社では、棚のどこに置いても鮮度が長持ちする「まるごとチルド」を採用した冷蔵室に、急いで冷やしたいときに便利な「クイック冷却」を新たに加え、使い勝手を向上させた冷蔵庫を提案します。


■新製品の主な特長<大容量冷蔵庫HXタイプ・HWタイプ>
1. 冷蔵室の棚のどこに置いても鮮度が長持ちする「まるごとチルド」
冷蔵室には、「まるごとチルド」を引き続き採用しました。棚スペース全体をチルド温度約2℃(*1)、湿度約80%(*2)にすることで、どこに置いても鮮度が長持ち(*3)するとともに、一時保存のサラダはラップなしでも乾燥を抑えます(*4)。

2. 急いで冷やしたいときに便利な「クイック冷却」を冷蔵室に新採用【New】
本製品では、冷蔵室の新機能として、冷気の風量を一定時間増やすことで、棚のどこに置いても早く冷却する「クイック冷却」を採用しました。作りたての弁当を冷ましたり、調理中のあら熱取り(*5)に費やす時間を短縮できて便利です。

3. さまざまな機能で食品をおいしく保存
冷蔵室下部には、乾燥を抑え、凍らせない約-1℃で肉や魚をおいしく保存(*6)する「特鮮氷温ルーム」を、野菜室には、野菜を眠らせるように保存し、みずみずしさが長持ち(*7)する「新鮮スリープ野菜室(下段スペース)」を、冷凍室下段には、すばやくおいしく(*8)ホームフリージングできる「デリシャス冷凍」を、引き続き採用しています。


(*1) 「約2℃」は周囲温度約32℃、冷蔵室を「まるごとチルド」設定にして庫内が安定したときの目安。
(*2) 当社調べ。新製品R-HX60Nの冷蔵室(「まるごとチルド」設定)に、約400gの葉物サラダ(ラップなし)を、ドア開閉なしで24時間保存したときの棚スペースの平均湿度。冷蔵室の収納量や食品の種類・状態・量、冷蔵庫のドア開閉回数、運転状況によって湿度は変動します。
(*3) 当社調べ。新製品R-HX60Nの冷蔵室(「まるごとチルド」設定)と、2018年度製品R-XG56J(「まるごとチルド」未搭載)の冷蔵室(「スポット冷蔵」オフ)で5日後の生菌数を比較。詳細はP.3の(*3)参照。食品の種類・状態・量によって効果が異なります。
(*4) 当社調べ。新製品R-HX60Nの冷蔵室(「まるごとチルド」設定・ラップなし)と、2018年度製品R-XG56J(「まるごとチルド」未搭載)の冷蔵室(「スポット冷蔵」オフ・ラップなし)で24時間保存後のサラダを比較。
詳細はP.3の(*5)参照。食品の種類・状態・量によって効果が異なります。
(*5) 温かい食材を保存するときは、手で持てるくらいの温度(約50℃)まで冷ましてから入れて下さい。
(*6) 当社調べ。新鮮な食材を新製品R-HX60Nの「特鮮氷温ルーム」(ラップなし)で保存した場合。
詳細はP.4の(*8)参照。食品の種類・状態・量によって効果が異なります。
(*7) 当社調べ。新製品R-HX60N「新鮮スリープ野菜室(下段スペース)」と2013年度製品R-G6700D(「新鮮スリープ野菜室」未搭載)との比較。詳細はP.4の(*10)参照。
(*8) 当社調べ。新製品R-HX60Nの冷凍室下段(1段目)と冷凍室下段(2段目)との比較。詳細はP.5の(*11)参照。


■型式および発売日
[画像2: https://prtimes.jp/i/27680/70/resize/d27680-70-638205-1.png ]

※仕様の詳細についてはP.5の仕様表をご覧ください。

■需要動向
2019年度の家庭用冷蔵庫の需要は、約424万台(前年比101%)、401L以上では約180万台(前年比99%)と、堅調に推移する見込みです(当社調べ)。


■ニュースリリース全文はこちら
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2020/02/0214b.pdf

■お客様お問い合わせ先
お客様相談センター
電話 0120-3121-11 ※携帯電話・PHSから 050-3155-1111(有料)
受付時間 9:00~17:30(月~土)、9:00~17:00(日・祝日) ※年末年始を除く

■冷蔵庫ホームページ
https://kadenfan.hitachi.co.jp/rei/


以上

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース