伊賀名張流サイバーエンジニア養成講座「忍プロジェクト」始動 教室を整備し小中学生向け「親子プログラミング教室」を実施

プレスリリース発表元企業:学校法人近畿大学
新アクティブラーニング室の様子

近畿大学工業高等専門学校(三重県名張市)は、令和2年(2020年)4月1日から、制御情報コースにおいて伊賀名張流サイバーエンジニア養成講座「忍プロジェクト」と題し、サイバーセキュリティ人材の育成を目指します。そのための環境として、既存のパソコン教室をアクティブラーニング室に改修しました。これにともない、令和2年(2020年)3月21日(土)に、公開イベントとしてICTを活用した「親子プログラミング教室」を実施します。

【本件のポイント】
●令和2年(2020年)4月から小学校で必修化されるプログラム授業の事前学習として実施
●学生がスタッフとして参加し、小中学生に教えることで、プログラム教育について再認識する
●これまでのパソコン教室を可動机・椅子があるアクティブラーニング室に改修し、Google Chromebook、無線アクセスポイント、6台のプロジェクタを整備

【本件の内容】
近畿大学工業高等専門学校は、令和2年(2020年)4月から、本校の制御情報コースの科目を「サイバー・セキュリティ」「WEB・CG・ゲーム」「AI・ロボティクス」の3群に細分化して、ソフトウェア・ハードウェアに精通したバランスがよいサイバーセキュリティ人材を、伊賀名張流サイバーエンジニア養成講座「忍プロジェクト」と題して育成します。
そのための環境として、これまでのパソコン教室をアクティブラーニング室に改修しました。自由に動かすことができる可動机・椅子を採用し、ディスカッションや発表がグループごとに行えるようになりました。また一人一台の最新Google Chromebook、無線アクセスポイント、6台のプロジェクタを整備し、ICTを活用した能動的な授業を行うことができます。これらを知っていただくきっかけになることを目的とし、新しいアクティブラーニング教室の見学を兼ねたイベント「親子プログラミング教室」を開催します。本イベントでは、手のひらサイズのコンピュータmicro:bit(マイクロビット)でのプログラミング体験と、本物の小さなドローンを使って、室内で飛ばすドローン自動操縦プログラミングの体験を行うことができます。

【開催概要】
日  時:令和2年(2020年)3月21日(土)10:00~12:00
場  所:近畿大学工業高等専門学校 3号館3階CAE室
     (三重県名張市春日丘7-1、近鉄大阪線「近鉄名張駅」よりバス約8分「近大高専前」下車)
対  象:小学校高学年・中学生及びその保護者等
     (定員:親子2名20組(合計40名)、入場無料、要事前申込、当日参加可)
申込方法:氏名、住所、学校名、学年、保護者氏名、連絡先(電話、またはメールアドレス)を明記の上、
     電話、FAX、メール、ホームページ(https://www.ktc.ac.jp/)のいずれかでお申込み下さい
お問合せ:近畿大学工業高等専門学校
     TEL(0595)41-0111 FAX(0595)62-1320
     E-mail:masakiyo@ktc.ac.jp

【付帯情報】
・新アクティブラーニング室の様子
http://itm.news2u.net/items/output/168027/1


News2uリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
 

広告

ピックアップ 注目ニュース