日本を代表する有名企業80社が集結! 「理工系院生・学生のためのオール近大 業界研究フェア」開催

プレスリリース発表元企業:学校法人近畿大学
昨年度の様子

近畿大学(大阪府東大阪市)は、令和2年(2020年)2月7日(金)、東大阪・奈良・和歌山・広島・福岡キャンパスの理工系院生・学生を東大阪キャンパスに集め、80社の有名企業参加のもと業界研究フェアを開催します。昨年度は1,000人以上の学生が本イベントに参加しました。

【本件のポイント】
●東大阪・奈良・和歌山・広島・福岡キャンパスから理工系院生・学生が就活イベントに集結
●業界研究のため、和歌山、広島、福岡の各キャンパスからはバスツアーで学生が参加
●理工系人材のニーズの高まりを背景に、日本を代表する企業80社が参加

【本件の背景】
令和3年(2021年)卒業予定者の就職活動は、広報解禁(企業説明会等の開始)が3月1日、選考活動(面接等)が6月1日に開始されます。
理工系学生は、就職先として専門的・技術的職業を選ぶ傾向が強く、AI・5Gなど次世代技術分野でも理工系人材のニーズは増加しています。近畿大学では、全キャンパスに就職委員を配置し、社会のニーズに合った就職支援を行っていますが、就職活動期間の実質的短期化により、学生の業界・企業研究、仕事観の醸成等が不十分となり、職業選択の段階で意思決定に迷う学生が増加しています。そこで、これまで以上に理工系院生・学生に特化した就職支援を行うため、平成30年(2018年)から「理工系院生・学生のためのオール近大 業界研究フェア」を開催し、今年で3回目を迎えます。

【本件の内容】
本イベントは、理系学部の学生数が全学生数の約半数を占め、多様な分野の理系学部・学科を取り揃えている近畿大学の強みを生かすためのものです。東大阪(理工学部・建築学部)だけでなく、奈良(農学部)、和歌山(生物理工学部)、広島(工学部)、福岡(産業理工学部)の各キャンパスからバスツアーで学生が参加します。
第1部では、教職員と企業の採用担当者による名刺交換会を行います。研究や仕事の内容に関する情報交換などを通して相互理解を深め、教職員はミスマッチ防止につながる学生指導のための情報を収集します。専門性を活かした分野の企業での活躍を実現するために、教職員一体となった取り組みで理工系学生の就職をバックアップします。
第2部では、学生が企業ブースをまわり、業界・企業研究を通じて仕事観を醸成するとともに、自分にあった業種、企業を見つける機会とします。

【開催概要】
日程:令和2年(2020年)2月7日(金)
会場:近畿大学東大阪キャンパス
   (大阪府東大阪市小若江3-4-1、近鉄大阪線「長瀬駅」から徒歩約10分)

<第1部>名刺交換会
時間:11:00~12:30
会場:7号館 新食堂「DNS POWER CAFÉ&THE CHARGING PIT&DINER」
対象:参加企業80社、本学教職員

<第2部>業界研究フェア
時間:13:30~17:00
会場:近畿大学記念会館
対象:参加企業80社
   令和3年(2021年)卒業予定の以下の理工系院生と学部生
   近畿大学東大阪キャンパス(総合理工学研究科、理工学部、建築学部)
   奈良キャンパス(農学研究科、農学部)
   和歌山キャンパス(生物理工学研究科、生物理工学部)
   広島キャンパス(システム工学研究科、工学部)
   福岡キャンパス(産業理工学研究科、産業理工学部)
   ※1・2年生も参加可能

【参加予定企業(順不同)】
日本銀行、三菱UFJ銀行、丸紅、資生堂、NTT西日本、関西電力、旭化成、ヤフー、京セラ、パナソニックグループ、JR東海(東海旅客鉄道)、大阪ガス、伊藤忠グループ、三菱電機、マツダ、三菱自動車工業、大和ハウス工業、キヤノン、キッコーマン、鹿島建設、東芝、花王、JR西日本(西日本旅客鉄道)、日本電産、野村證券、コマツ、帝人、カゴメ、コニカミノルタ、富士ゼロックス、清水建設、いすゞ自動車、オリックスグループ、近畿日本鉄道、クボタ、シャープ、SCSK(住友商事グループ)、NTN、大林組、沖電気工業、クラリオン、神戸製鋼所、東洋紡、GSユアサ、JFEスチール(西日本製鉄所)、昭和電工、スズキ、住友大阪セメント、凸版印刷、積水化学グループ、大王製紙(エリエール)、大成建設、大日本印刷、ダイハツ工業、TIS、THK、太平洋セメント、TDK、東京エレクトロングループ、東洋製罐、トピー工業、日立金属、日清オイリオグループ、日本製鉄グループ、ニッポンハムグループ、日本軽金属グループ、日本曹達、富士ソフト、古河電気工業、三菱製紙、ミネベアミツミ、山崎製パン、ヤマハ発動機、ライオン、レンゴー、ローム、YKKグループ(YKK・YKK AP)、岩谷産業、インテック、日揮

【付帯情報】
・昨年度の様子
http://itm.news2u.net/items/output/167976/1


News2uリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース