埼玉県聴覚障害者サッカー部とユニホームスポンサー契約を締結

プレスリリース発表元企業:ケイアイスター不動産株式会社

女子部門アレグリーナのユニホームにロゴ掲出

ケイアイスター不動産は、埼玉県聴覚障害者サッカー部・アレグリーナとのユニホームスポンサー契約を締結したことを発表いたします。契約期間は2020年4月1日から1年間です。



 関東を中心に不動産の建築と販売を行うケイアイスター不動産(本社 埼玉県本庄市、代表取締役 塙 圭二、以下 当社)は、埼玉県聴覚障害者サッカー部・アレグリーナ(代表 中西斗母、以下「SDFC」という。)とのユニホームスポンサー契約を締結したことを発表いたします。契約期間は2020年4月1日から1年間です。

 当社は、2019年4月に当社所属のアスリート6名で「ケイアイチャレンジドアスリートチーム」を発足し、パラリンピックやデフリンピックに対する関心、理解促進を進めております。パラスポーツをより身近に感じ、競技に興味を持ってもらう為、当社内だけでなく本庄市内のジュニアスポーツ大会で体験会を行うなど社内外で活動しております。

 この度、SDFCの地域密着、障害を持つ方々、企業、公共サービスなどと共に、協力関係を築いていき共に発展していく「共生」のビジョンならびにクラブ理念に賛同し、女子部門アレグリーナのユニホームスポンサーになることを決定しました。

 チームをはじめ、選手、サポーター、アレグリーナに関わる皆様と一緒に感動を分かち合い、最良なパートナーとしてアレグリーナを応援してまいります。


[画像1: https://prtimes.jp/i/29869/108/resize/d29869-108-534004-0.jpg ]



■アレグリーナとは
アレグリーナは、埼玉県で活躍する全国で唯一の聴覚障害者のみで構成される女子サッカー部です。
「サッカーが好き」で集まった部員が、聴覚障害ならではの言葉の壁、もどかしさ、悩み等を忘れ、常に笑顔で活動し、サッカーというスポーツを通して自由を体現すると同時に、地域密着を掲げ、協力関係を築き共に発展していくよう積極的に取り組んでいます。
埼玉県聴覚障害者サッカー部 https://sdfc.jp/
[画像2: https://prtimes.jp/i/29869/108/resize/d29869-108-789844-1.png ]



■ケイアイスター不動産とは
 「豊かで楽しく快適な暮らしの創造」を経営理念に、『高品質だけど低価格なデザイン住宅』の提供を行っています。
 地域密着型の総合不動産業として、関東を中心に1都9県(埼玉、群馬、栃木、茨城、千葉、神奈川、福岡、愛知、宮城)で多角的な事業を展開。新築戸建を中心に年間3,835棟を販売(※)。2019年3月期の売上高は1,031億円(※)。デザイン性を重視し「KEIAIFiT」「カーザスタイル」「テラス」等、価格帯の異なる商品や地域特性を考慮し、お客様のニーズに対応しています。
 また、昨今は女性管理職を積極的に登用し、多様な働き方の実践が評価を頂き「なでしこ銘柄」選定をはじめ様々な認定を頂きました。その他、外国人実習生の積極的な採用など、ダイバーシティ推進に注力しております。(※グループ連結数値)


【会社概要】
社 名  ケイアイスター不動産株式会社(コード番号:3465 東証一部上場)
代 表  代表取締役 塙 圭二
所在地   〒367-0035 埼玉県本庄市西富田762-1
資本金   82,105万円
設 立  1990年11月
従業員数 1,097名(連結 / 2019.4.1現在)
URL   http://ki-group.co.jp/
事業内容  戸建分譲事業、注文住宅事業、総合不動産流通事業 ほか

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク