倒産原因の第1位「販売不振」はなぜ起きるのか?

プレスリリース発表元企業:100年企業戦略オンライン


信用調査機関の調査によると、2018年に倒産した企業の数は8,000件以上でした。業種別でみるとサービス業が最も多く、卸売業、建設業が後に続いています。また、「倒産した企業の平均寿命は23.9年」という数値もこちらの調査で導き出されています。
リーマンショックが起きた2008年(倒産企業数1万3,000件以上)以降、倒産企業数は10年連続で減少しています。しかし回復傾向にあるものの、楽観はできない状況です。
今回は倒産の原因として最も多く挙げられる「販売不振」について、原因と対策を考えていきます。


技術革新による「産業構造の変化」で、衰退する業種も


続きはこちらをクリック : https://100years-company.jp/articles/topics/060084


倒産原因の第1位「販売不振」はなぜ起きるのか?|経営トピックス|100年企業戦略オンライン : https://100years-company.jp/articles/topics/060084




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース