NSSOL、5Gで遠隔モノづくりを実現する遠隔操作ロボットをドコモと共同開発

プレスリリース発表元企業:日鉄ソリューションズ(NSSOL)


“DOCOMO Open House 2020” にて5G活用ユースケースとして紹介予定

日鉄ソリューションズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:森田 宏之、以下 NSSOL)は、NTTドコモが開催する「DOCOMO Open House 2020」(※1)に展示するユースケースとして、遠隔地からのモノづくりを実現するために、5G通信技術での活用を想定したロボットが感じた力触覚を遠隔地のオペレータに伝送する遠隔操縦ロボットをNTTドコモと共同開発いたしました。(以下、展示イメージ)

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/814/37073/700_399_202001212115575e26eb7d22296.png

遠隔操作ロボットの分野ですでに実用化されている内視鏡手術を支援するようなロボットは、視覚に頼る領域が大きいのが現状ですが、人間が行うさまざまな作業においては、手触りや柔らかさ、弾力性など、いわゆる「力触覚」が重要な要素となります。

NSSOLでは、2017年にもNTTドコモ向けに、遠隔地から制御できる遠隔操作ロボット開発(※2)を実施しています。当時開発されたロボットの指先には触感センサーがあり、ロボットが何かに触れたり持ったりしたら、その触感を人に伝えることができましたが、その硬さや柔らかさ、重さや軽さなどの感覚までは再現できていませんでした。今回、NTTドコモと共同開発した遠隔操縦ロボットは、ロボットが感じる精緻な感覚である「力触覚」を遠隔地のオペレータに伝える事ができます。

NSSOLは、新しい先端技術をいち早く実証・検証し、お客様のビジネスに貢献できるよう、これからもお客様とともに、その先の答えを見つけ出してまいります。



※1:DOCOMO Open House 2020
■日程:2020/1/23~1/24
■場所:東京ビッグサイト(青海展示棟)
http://docomo-rd-openhouse.jp/2020/
■当社展示ブースでのデモ展示【予定】
・「力触覚」を実際に体験できる「陶器制作での“手びねり”」
・「組み立て作業」

※2:参考コラム
アバターシステム型ヒューマノイドロボット「5G FACTORYⅢ」の開発舞台裏
https://www.nssol.nipponsteel.com/technology/iox-solution/5g-factory-003.html





※2019年4月に新日鉄住金ソリューションズは日鉄ソリューションズに社名変更いたしました。※
日鉄ソリューションズ(NSSOL)は、製鉄業で培った豊富な経験と高度なIT力を活かし、製造・消費財、流通・サービス、通信、金融、社会公共など幅広い業種向けに、お客さまの立場に立ったITソリューションを提供しています。
■売上高 : 2,653億円(連結)[2019年3月期]
■従業員数: 6,434名(連結)[2019年3月期]


本件に関するお問合わせ先
【報道関係お問い合わせ先】
総務部広報・IR室 E-mail:press@jp.nssol.nipponsteel.com

関連リンク
書道やダンスをするアバター型ヒューマノイドロボット「5G FACTORYⅢ」。開発者に聞く開発秘話とヒューマノイドロボットが活躍する未来の現場。
https://www.nssol.nipponsteel.com/technology/iox-solution/5g-factory-004.html
世界最大のモバイル機器見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)2018」に「5G FACTORYⅢ」を出展
https://www.nssol.nipponsteel.com/public_relations/report/mwc2018.html
5Gで描く未来の工場 ~VR技術を利用した5G活用~
https://www.nssol.nipponsteel.com/technology/iox-solution/5g-factory.html

プレスリリース情報提供元:Digital PR Platform

スポンサードリンク

広告

財経アクセスランキング

広告