1/26(日)品川で「現役移住者が語る本音の沖縄移住セミナー」を開催!税理士法人小山・ミカタパートナーズ×JリーグFC琉球×Buddy

プレスリリース発表元企業:税理士法人小山・ミカタパートナーズ

中小企業や個人事業主の税務から経営相談を展開する税理士法人小山・ミカタパートナーズ(代表:小山 晃弘、本社:東京都港区)は、日本プロサッカーリーグJ2のFC琉球(沖縄市)と沖縄県で不動産事業を行う株式会社 Buddy(読み:バディ、所在地:東京都港区)と共催で1月26日(日)に「現役移住者が語る本音の沖縄移住セミナー」をTKP品川港南口会議室(所在地:東京都港区)で開催します。


■沖縄移住の背景
沖縄への移住を決める多くの理由は、東京など都市部での暮らしに見切りをつけ、「のんびりと」「気ままに」暮らして、豊かな自然と風土に「癒されたい」と、「楽園」を求めて毎年、県外からの移住者はおよそ3万人とされています。その一方で、2~3年もすると大部分の人は沖縄を去ってしまい、沖縄を離れる人も同じく毎年およそ3万人とされています。


■沖縄移住に失敗する理由とは
理由は、大きく「仕事」「気候」「人間関係」にあります。沖縄の給与水準は全国平均の3分の2で、休みは日曜日だけという人が多く、給料は安いのに休みが少ない。沖縄に移住して給料が良くなった、休みが増えたという人はほとんどいません。次に気候は、沖縄の夏はとても長く、とにかく暑いので、観光客にとっては長い夏は嬉しい限りですが、移住者にとっては厳しく、気候が合わずに移住に失敗する人もいます。最後に人間関係がうまくいかずに沖縄移住に失敗する人も多いです。
沖縄の人は、わざわざ時間とお金をかけて沖縄に来る観光客には温かく接しますが、移住者に対しては、移住に失敗して帰っていく人たちを何人も見かけているので、「どうせすぐ帰る」移住者が近くに現れても積極的に関わろうとはしないので、人脈を築けなければ移住生活は失敗します。


■『現役移住者が語る本音の沖縄移住セミナー』とは?
実際に現役で沖縄移住しているJリーグFC琉球の代表取締役社長の三上 昴氏と沖縄の中小企業や小規模事業者に特化して金融機関から低金利で簡単に融資を受けられるようにサポートを行う税理士法人小山・ミカタパートナーズ 代表 小山 晃弘氏と沖縄に特化した不動産業を行う黒川 敦氏の3人が失敗しない沖縄移住について話します。


■詳細
【セミナー名】『現役移住者が語る本音の沖縄移住セミナー』
【日程】2020年1月26日(日)
【時間】開始13:45~終了15:30 (受付13:30~)
【場所】TKP品川港南口会議室 カンファレンスルーム4C
【所在地】〒108-0075 東京都港区港南2丁目4-3 三和港南ビル 4F
【定員】30名
【費用】無料
【申込】https://buddy-okinawa.jp/contact/


■会社概要
名称 : 税理士法人小山・ミカタパートナーズ
所在地: 〒105-0023 東京都港区芝浦3-14-5 テクス芝浦ビル 3F
URL : https://kmp.or.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク