特別講演は「登山道の荒廃に登山者は何ができるか」がテーマ「第10回 日本山岳遺産サミット」を2月15日(土)に開催

プレスリリース発表元企業:株式会社インプレスホールディングス



 インプレスグループで山岳・自然分野のメディア事業を手がける株式会社山と溪谷社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川崎深雪)と、同社が2010年に設立した日本山岳遺産基金では、来る2月15日(土)に「第10回 日本山岳遺産サミット」を開催いたします。
 第1部では、本年度の日本山岳遺産認定地および認定団体を発表、各認定団体の活動報告を行います(認定地の詳細は日本山岳遺産基金のウェブサイトまで。https://sangakuisan.yamakei.co.jp/)。
 また第2部では、北海道大学農学研究院の愛甲哲也先生をお招きし、「登山道の荒廃に登山者は何ができるか」をテーマに特別講演を行います。
 このほか、日本山岳遺産基金10周年を記念して、会場内に過去の認定地の紹介コーナーを設ける予定です。

■第10回 日本山岳遺産サミット 開催概要

[表: https://prtimes.jp/data/corp/5875/table/3081_1.jpg ]



■特別講演 演者プロフィール

[画像: https://prtimes.jp/i/5875/3081/resize/d5875-3081-256628-1.jpg ]

愛甲 哲也(あいこう てつや)
北海道大学農学研究院准教授。自然公園、都市公園の管理のあり方について研究を行ない、特に山岳性自然公園における登山道管理、山岳地におけるし尿対策をテーマとする。一般社団法人大雪山・山守隊理事、山のトイレを考える会事務局運営委員などを務める。

■日本山岳遺産基金とは
登山と自然の専門メディア社である山と溪谷社が、日本の山岳自然環境の保全、次世代の登山者の育成、安全な登山の啓発を目的に、2010年に設立した任意団体。
山岳地でのゴミ拾い、マナーアップの呼びかけ活動や、青少年登山への支援を行うとともに、日本山岳遺産を認定・発表し、上記の目的に沿った活動団体に助成を行っている。
https://sangakuisan.yamakei.co.jp/

【山と溪谷社】 https://www.yamakei.co.jp/
1930年創業。月刊誌『山と溪谷』を中心に、国内外で山岳・自然科学・アウトドア等の分野で出版活動を展開。
さらに、自然、環境、ライフスタイル、健康の分野で多くの出版物を展開しています。

【インプレスグループ】 https://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「旅・鉄道」「学術・理工学」を主要テーマに専門性の高いメディア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。

以上


【本件に関するお問合せ先】
日本山岳遺産基金事務局(山と溪谷社 内) 担当:永田
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング
TEL03-6744-1900  E-mail: kikin_info@yamakei.co.jp
https://sangakuisan.yamakei.co.jp/

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
  • 新型フィット・e:HEV HOME(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • シャポー市川リニューアルのイメージ(JR東日本都市開発発表資料より)
  • 「Audi City紀尾井町」の店内の様子。(画像: アウディ ジャパンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース