CES 2020が閉幕:AIと5Gが革新の今後を規定

プレスリリース発表元企業:Consumer Technology Association (CTA)
CES 2020が閉幕:AIと5Gが革新の今後を規定

世界最大の技術イベントで世界の問題を解決することになる革新成果を披露

(ラスベガス)-(ビジネスワイヤ) -- CES® 2020が本日閉幕し、技術の将来を示す2万点以上の製品が披露された1週間が終わりました。正味290万平方フィートを超える展示会場にて、4400社以上の出展企業が約17万人の参加者に各社最新の技術製品を発表しました。世界的な技術ブランドから先駆的なスタートアップ企業に至るまで、CES 2020で発表された革新成果は市場に革命をもたらし、私たちの世界をより良いものに変えることでしょう。

CESを所有・運営する全米民生技術協会(CTA)のゲーリー・シャピロ社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「CES 2020は世界中のあらゆる主要業界に新たな着想を与え、これら業界を結びつけました。CES 2020で発表された革新成果は、業界の再編成や職の創出、世界経済の発展、世界中の人々の生活改善につながります。」

CESエグゼクティブバイスプレジデントのカレン・チュプカは、次のように述べています。「今週開催されたCESは、あらゆる企業が真の技術企業であることを示す良い例となりました。世界的な技術ブランドは非従来型企業と交わり、いかに革新があらゆる市場でビジネスを発展させるのかを示し、今後の10年間のお膳立てをしました。」

CESでの重要テーマ

CES 2020では下記を含め、あらゆる分野の変革的技術が取り上げられましたが、これらの技術は市場のあり方を塗り替え、ビジネスモデルを転換させるものとなります。

AI(人工知能)

AIは展示フロア全体を席巻し、今後10年間の「鍵となる要素技術」となっていきます。最新のAIソリューションを初披露した企業には、ブランズウィック、斗山、ジョンディア、京セラなどがあります。5Gとモバイル接続

CESは5Gエコシステムの全体、つまり接続、交通、拡張・仮想現実、デジタルヘルスその他の基盤となる企業が一堂に会する唯一の展示会です。ベライゾン、スプリント、AT&T、ノキア、エリクソンなどの通信事業者およびモバイル通信事業者は、5Gの速度、信頼性、効率における最新成果をデモで紹介しました。CESに登場した非従来型の技術企業

非従来型企業が製品発表のプラットフォームとしてCES 2020を活用しました。インポッシブル・フーズはCES 2020に再出展し、同社のインポッシブル・ポークを披露しました。ジョンディアはAI&ロボティクス・マーケットプレイスに出展し、またベル、デルタ航空、ロレアル、NBCユニバーサル、プロクター・アンド・ギャンブルなどのその他企業は、各社がどのように技術を通じて自社の事業を変革しようとしているのかを紹介しました。社会的大義のための技術

CESで発表された革新的技術は人々の生活や私たちの世界を変えることになります。デジタルヘルス技術が大きなテーマとして取り上げられ、デジタルヘルスがオピオイド依存、精神疾患、慢性病のような現実世界の問題に対処している中、デジタル治療、ウエアラブル、遠隔患者モニタリングの成果が紹介されました。CES 2020ではヘルス&ウェルネスのカテゴリーへの出展企業が25%近く増加し、ヒューメトリクスやインボディなど135社以上が出展しました。スマートシティーの展示スペースは2019年よりも25%近く拡大され、運輸省、日立、シーメンスなどの企業や組織が出展し、経済の活性化、コミュニティーの存続・発展をもたらすことになる製品を大きく紹介しましたまたCTAはCES 2020で世界銀行グループとグローバル・テック・チャレンジで連携し、健康、ジェンダー平等、コミュニティーの回復力を高める技術という、3つの重要分野でソリューションを生み出すよう世界中の企業に呼びかけました。ヘルス・テック・チャレンジのカテゴリーでは、革新的企業と東アフリカのヘルスケア企業とを結びつけるためのプログラムの応募を2月25日まで受け付けています。ユーレカ・パーク

CES 2020は世界最大のスタートアップイベントでもあり、46カ国から1200社以上がユーレカ・パークに出展し、根底的な変革をもたらす革新成果で、各社の魅力を投資家や有名ブランドに訴えました。ユーレカ・パークで発表された技術には、居宅内の温度、光、湿度、動きを分析するOval Homeのスマートセンターや、Yoganotchのようにモーションキャプチャー技術を応用してユーザーのポーズ改善を支援する技術、ケアギバー・スマート・ソリューションズのようにセンサーで動きやパターンを追跡して居宅内でケア提供者に安心感をもたらして患者の自立性を高める技術などがありました。ID8イノベーションの共同設立者で最高経営責任者(CEO)、CTA業界リーダー委員会メンバーのマラ・ルイス氏は、次のように述べています。「CESにはスタートアップ企業や若い企業が世界的大手ブランドに存在を知らしめる独特の力があります。CESで提供されるベンチャー投資や成長の機会には素晴らしいものがあります。またCES 2020の「ダイバーシティー&インクルージョン」(多様性と包摂)トラックには圧倒されました。」

多様性と包摂

CES 2020では新しいプログラムやパートナーシップにより、多様性と包摂に大きく着目しました。「イノベーション・フォー・オール」カンファレンスプログラムではボッシュ、HP、ウォルマートの最高多様性責任者やリーダーが登場し、包摂的手段、すなわち多様性や包摂が最終利益に貢献し、文化をシフトさせ、従来とは異なる雇用をもたらし、多様性への投資につながる手段を検討しました。旅行と観光

デルタ航空はCESで基調講演を行った初の航空会社となりました。講演の中で、デルタ航空のエド・バスティアン最高経営責任者(CEO)は、旅行が従来以上にカスタマイズされていく中、今後の旅行業界を技術(AI、AR、生体認証、スマートインセンティブプログラム、そして新しいパラレルリアリティー体験など)の観点から解説しました。交通と自動車技術

CES 2020は交通の今後を大々的に取り上げました。アウディ、BMW、ダイムラー(メルセデス)、FCA、フォード、ホンダ、現代、日産、トヨタ自動車など、世界一流の自動車メーカー9社と150社以上の自動車技術企業が出展し、コネクテッドカーや自動運転車、コンセプトカーにおける最新技術を発表しました。発表された製品には、メルセデスのVision AVTRコンセプトカー、アウディのAI:ME、ソニーのVision Sなどがあります。Cスペース

CESにはコンテンツ制作者、ハリウッド関係者、広告・音楽業界、メディア、有力な最高マーケティング責任者(CMO)が参集し、ブランドマーケティングやストリーミングサービスなどのエンターテインメントの今後について、今回再び開設されたCスペースで検討しました。2020年のプログラムには60社以上(AT&Tサービシズ、コムキャスト、グーグル、HP、フールー、iHeart、NBCユニバーサル、パンドラ、レディット、ロク(Roku)、SiriuXM、スナップ、ツイッチ、ターナー、ユニビジョン、WWEなど)が出展しました。基調講演

CESのステージでは主要な世界的業界を代表する1100人以上の講演者が登壇しました。基調講演者には、サムスンの消費者向け電子機器部門プレジデント兼CEOのHyun-Suk Kim氏、ダイムラー会長のオラ・ケレニウス氏、デルタ航空CEOのエド・バスティアン氏、NBCユニバーサルの広告・パートナーシップ担当チェアマンのリンダ・ヤカリノ氏、QuibiのCEOのメグ・ホイットマン氏と設立者のジェフェリー・カッツェンバーグ氏、米国運輸省長官のイレーン・L・チャオ氏、セールスフォース会長兼共同CEOのマーク・ベニオフ氏、ユニリーバCEOのアラン・ジョープ氏、イバンカ・トランプ大統領補佐官などが含まれています。

CES.tech/Liveにて、CESの基調講演、スーパーセッション、その他のカンファレンスプログラムをご覧ください。

グラントソントンの中部地域マネジングパートナーでCTA業界リーダー委員会メンバーのニコール・ジョーダン氏は、次のように述べています。「今回のCESでは40人のCEOや企業重役を迎えましたが、その半数以上はまったく初めてCESに参加した方々です。報告によれば、こうした方々は、今回の展示会、この体験が自身のビジネスや今後を再考する上で役立ったと語っています。」

世界最大で最も影響力のある技術イベントであるCESは、再びラスベガスで2021年1月6~9日に開催されます。CES.tech製品発表のページを訪れ、基調講演、セッションのビデオ、bロール映像、その他をご覧ください。

CESについて:

CES®は、世界最大で最も影響力のある技術イベントであり、画期的な技術やグローバルなイノベーターがその力を実証する場となっています。世界最大のブランドが商談を行い、新しいパートナーに出会う場所であり、最も頭脳明晰なイノベーターが登壇します。全米民生技術協会(CTA)が所有・運営するCESは、テクノロジー・セクターのあらゆる面を取り上げます。詳細はCES.techでご覧ください。ソーシャルメディアでCESをフォローしてください。

全米民生技術協会について:

北米最大の技術貿易協会であるCTA®は、テクノロジー・セクターです。当協会の会員は、新興企業からグローバル・ブランドまで、世界をリードするイノベーターとして、1800万人以上の米国人の雇用を支えています。CTAは、世界最大で最も影響力のある技術イベントであるCES®を所有・運営しています。詳細は、CTA.techをご覧ください。@CTAtechをフォローしてください。

今後のイベント

CES 2021
2021年1月6~9日、ネバダ州ラスベガス本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。



businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20200114005343/ja/

連絡先
Caroline Finnell
cfinnell@CTA.tech
703-907-7649

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 718 ボクスター GTS 4.0(画像: ポルシェの発表資料より)
  • 新型名阪特急「ひのとり」。(画像: KNT-CTホールディングスの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 画像はイメージです。
  • 動画「THE FIRST LONG DRIVE ~#きっかけは三世代免許~」。(画像: NEXCO東日本の発表資料より)
  • ジョビー・アビエーションによるeVTOL。(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース