大学スポーツ界では初。『真のスポーツマンシップ』を醸成する特別研修を筑波大学ADが運動部キャプテンら15名を対象に実施します。

プレスリリース発表元企業:アチーブメント株式会社

2020年1月12日、13日、筑波大学ADがアチーブメントグループの協力のもと特別研修を実施します。

2020 年1 月12 日(日)、13 日( 月) の2日間、筑波大学アスレチックデパートメント( 以下:筑波大学AD) は運動部5種目(※1) からキャプテン・副キャプテン・マネジャーを各3 名ずつ選抜し、彼らを『真のスポーツマンシップでチームづくりができるリーダー』に育成するための特別研修を、 アチーブメントグループの協力のもと実施します。産学連携で、種目の垣根を超えた教育施策として、本研修は大学スポーツ界では初(※2) となります。



【本プロジェクトの背景】


筑波大学は2018年にアスレチックデパートメントを設置
筑波大学ADは安全管理やガバナンス、会計、人事規定の健全化や発展はもちろんのこと、教育機関として人材育成においても責任を果たすことを掲げました。
改革は本格的に人材育成のフェーズに入り、この度アチーブメントグループと共同でプロジェクトが始動します。


「スポーツの本来あるべき姿」を体現するビジョナリーリーダーを育成する

[画像1: https://prtimes.jp/i/2398/97/resize/d2398-97-861111-0.jpg ]


大学スポーツの現場では様々な不祥事が続いていますが、その多くは勝利を求めるがあまり、「勝利の目的」を見


失ってしまったことにあります。勝利だけに固執することなく、目的やビジョンを語り組織を牽引する人材がいてこそ、大学スポーツの教育的価値を最大化することができます。そんなビジョナリーリーダーを育成することが、本プロジェクトのゴールです。


豊富なアスリート支援の経験を活かした、体感ワークを織り交ぜた研修内容

[画像2: https://prtimes.jp/i/2398/97/resize/d2398-97-619779-1.jpg ]


アチーブメントグループは創業33 年目を迎える人材教育コンサルティングファームです。これまで2000社以上、40万人以上の研修実績の中で、プロ・アマ問わず多くのアスリートやスポーツチームの教育支援も行ってきました。これまで蓄積されたノウハウを活かし、座学と体感ワークを織り交ぜた研修内容で、を設計しています。筑波大学ADの改革を教育面でサポートしていきます。


※1 硬式野球部、女子バレーボール部、男子バレーボール部、男子ハンドボール部、女子ハンドボール部 ※2 当社調べ

■ビジョナリーリーダー研修 について
日程:2020年1月12日(日)、13日(月)
場所:筑波大学
対象人数:約15名
内容:
1.ハイパフォーマンスチームの条件を学ぶ
2.勝利の先にある目的について自分の考えを深める
3.リーダーとして組織が目指すビジョンを描く
4.ビジョンに巻き込むコミュニケーション力を高める

■アチーブメントグループ概要
設立:1987年10月
住所:東京都江東区有明3-7-18 有明セントラルタワー19F(アチーブメント株式会社 東京本社)
代表者:青木 仁志
グループ会社数:6社
資本金:5000万円
主要業務:パーソナルコンサルティング、 組織変革コンサルティング、人材採用支援、ユースキャリア支援

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告