年末年始の風物詩 韓国エンタメ 歌謡祭、芸能・演技大賞の放送が決定

プレスリリース発表元企業:スカパーJSAT株式会社
BTS

MAMA

熱血司祭

スカパー!では、「韓国エンタメ」の年末年始の風物詩とも言える歌謡祭、芸能・演技大賞を今年も放送します。


2019年も大いに盛り上がった韓国エンタメを、ライターの酒井 美絵子さんに振り返ってもらいました。

今年のK-POP界は『BTS一強』といっても過言ではないだろう。昨年から続くワールドツアーが韓国アーティストとして史上最多観客動員数を記録、米・Billboard Music Awardsで2冠を達成するなど、前代未聞の快挙を次々と成し遂げた。そんなBTSのワールドクラスの活躍に、他のアーティストたちの活躍が影に潜んでしまった感が否めないが、それでもEXOの5thアルバム『DON'T MESS UP MY TEMPO』がミリオンを達成したり(今年は他にBTSのアルバム3枚がミリオン達成)、大型芸能事務所からITZYやTOMORROW X TOGETHER、AB6IXといった新星が続々デビューしたり、IUやチョンハといった女性ソロアーティストがチャート上位に食い込んだりと、K-POP界全体がバランスよく盛り上がりを見せた年だったと言える。ドラマ『ホテルデルーナ』のOSTもヒットした。
そんな中で、特記すべきは、ハード系ガールズクラッシュグループMAMAMOOとグループサウンド系バンドJANNABIというふたつの2014年デビュー組の「再発見」だろう。MAMAMOOは、今年、『gogobebe』とサバイバル番組『Queendom』を通じ、誰にも媚びないハード系ガールズクラッシュなイメージと、安定感のある他を圧倒するステージングを見せ、「MAMAMOO」というブランドを確立。各種賞レースを賑わせた。一方、2017年に「ユ・ヒヨルのスケッチブック」への出演で知名度を挙げていたJANNABIは、懐かしさと新しさが融合した「現代風レトロ感」溢れるアルバム『LEGEND』がヒット。BTSのツイアカで紹介されたこともあり、アイドルファンにも存在が浸透。
また、ボーカルのチェ・ジョンフンがバラエティ番組『シングル男のハッピーライフ』で異彩を放ち、一気にブレイクした。年末の各局歌謡祭では、BTSやEXOといったビックネームはもちろん、彼ら・彼女らのパフォーマンスにも注目して欲しい。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/202080/LL_img_202080_1.jpg
BTS

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/202080/LL_img_202080_2.jpg
MAMA

学歴社会を風刺した『SKYキャッスル~上流階級の妻たち~』<JTBC>のメガヒットで始まった2019年。巷ではパロディやセリフが流行するなど、社会現象を起こした。ラブストーリー系では“眼球浄化”カップル パク・ボゴム&ソン・ヘギョのW主演作『ボーイフレンド』<tvN>のような正統派ストーリーもありつつ、リアル路線が主流。キャリア系アラサー女子たちの仕事と恋愛を描く『検索ワードを入力してください:www』<tvN>などがヒットした。「制作費負担」などの理由で昨年制作が激減した時代劇は、今年復活。『ヘチ 王座への道』『王になった男(原題)』など、11作品が誕生した。
今年はマニアックな舞台や、視聴者に馴染みのない職業にスポットを当てるドラマも目を引いた。例えば、『特別労働監督官チョ・ジャンプン(原題)』<MBC>は、雇用労働部に勤務する労働監督官が主人公。痛快で面白い脚本もさる事ながら、主人公役のキム・ドンウクの熱血っぷりがよく、『MBC演技大賞』では賞レースに食い込んでくる予想。KBS系列では“刑務所の医師”を主人公とした『ドクター・プリズナー(原題)』が大ヒット。『KBS演技大賞』は、今作で主人公を演じた“ゴッドグンミン(演技の神+ナムグン・ミン)”ことナムグン・ミンと、彼の対決相手役を演じたキム・ビョンチョルの主演男優賞&助演男優賞のW受賞が有力視されている。『SBS演技大賞』では、視聴率20%を超えた『熱血司祭<原題>』に注目。
元特殊部隊出身の司祭というユニークな役柄に挑戦し新境地を開いたキム・ナムギルが初の大賞受賞となるか、期待がかかる。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/202080/LL_img_202080_3.jpg
熱血司祭

[執筆者プロフィール]
酒井 美絵子(さかい・みえこ)
聖心女子大学卒業後の2001年に渡韓。韓国外国語大学大学院在学中の2002年から、韓国から日本に輸出されるK-POP紹介番組などに出演。2004年からは日本の韓流ブームに乗り韓流雑誌への寄稿を開始。その後、出版・テレビ・映画といったメディア業界を中心に、ライター、コーディネーター、翻訳家として活動中。2016年4月からは、BSスカパー!『韓流ザップ』で「天の声」を担当。


■年末年始の歌謡祭、芸能・演技大賞に注目!!
※放送時間は変更になる可能性がございます。

放送日 :12月25日(水)後3時~
番組名 :2019 SBS歌謡大祭典
チャンネル:女性チャンネル♪LaLa TV(CS314/プレミアムサービス654)

放送日 :12月27日(金)後7時45分~
番組名 :2019 KBS歌謡祭
チャンネル:KBS World(CS317/プレミアムサービス656)

放送日 :12月28日(土)後8時30分~
番組名 :2019 SBS芸能大賞 ~韓国から生中継
チャンネル:KNTV(プレミアムサービス657)

放送日 :12月29日(日)後8時30分~
番組名 :2019 MBC芸能大賞 ~韓国から生中継
チャンネル:KNTV(プレミアムサービス657)

放送日 :12月30日(月)後6時30分~
番組名 :2019 Mnet Asian Music Awards
チャンネル:Mnet(CS318/プレミアムサービス658)

放送日 :12月30日(月)後8時30分~
番組名 :2019 MBC演技大賞 ~韓国から生中継
チャンネル:KNTV(プレミアムサービス657)

放送日 :12月31日(火)後8時30分~
番組名 :2019 MBC歌謡大祭典 ~韓国から生中継
チャンネル:KNTV(プレミアムサービス657)

放送日 :12月31日(火)後8時45分~
番組名 :2019 KBS演技大賞
チャンネル:KBS World(CS317/プレミアムサービス656)

放送日 :1月1日(水)後8時30分~
番組名 :2019 SBS演技大賞
チャンネル:KNTV(プレミアムサービス657)

放送日 :1月21日(火)後4時~
番組名 :2019 Mnet Asian Music Awards 字幕版
チャンネル:Mnet(CS318/プレミアムサービス658)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告