WaveSplitter社の100Gbps光トランシーバがCumulus Linux互換ハードウェア製品リストに掲載

プレスリリース発表元企業:株式会社ウェーブスプリッタ・ジャパン
WST 100Gbps CWDM4/CWDM4-OCP 光トランシーバ

この度、ウェーブスプリッタ・テクノロジー社(米国)の100Gbps光トランシーバ製品が、データセンター用高性能LANスイッチ向けネットワークOSのトップベンダーであるCumulus Networks社のCumulus Linux互換ハードウェア製品リスト(Hardware Compatibility List)に掲載されました。


【概要】
Cumulus Networks社が開発したCumulus Linuxは、主にデータセンターなどで用いられる高性能LANスイッチ(ホワイトボックススイッチ)上で動作するネットワークOSです。国内でも多数の導入実績があり、ホワイトボックススイッチ用ネットワークOSとしてはトップシェアを誇ります。

ハードウェアとOSを独立して購入するサーバ装置と同じように、ネットワーク機器においてもハードウェアとソフトウェアを分離して選択できれば、機器構成の自由度が高く、従来より低いコストで高機能ネットワークを実現する事が可能となります。

しかしながら、こうしたシステムではハードウェアとソフトウェアの互換性確認が、導入時の障壁となります。Cumulus Networks社では、自社製ソフトウェアCumulus Linuxと各種ハードウェア製品の互換性評価を独自に実施し、その結果を互換ハードウェア製品リストとして、自社のWebサイトで広く公開しています。
https://cumulusnetworks.com/products/hardware-compatibility-list/

このリストに、以下の当社100Gbps光トランシーバ製品が掲載されました。これにより、ホワイトボックススイッチを活用したネットワークの構築が加速することでしょう。

<WST-QS28-CM4-C>
仕様 :100G CWDM4
準拠標準 :QSFP28
最大伝送距離:2km(SMF 2c)
コネクタ :LC-Duplex

<WST-QS28-CM4c-D>
仕様 :100G CWDM4-OCP
準拠標準 :QSFP28
最大伝送距離:500m(SMF 2c)
コネクタ :LC-Duplex

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/201310/LL_img_201310_1.jpg
WST 100Gbps CWDM4/CWDM4-OCP 光トランシーバ

【Cumulus Networks社について】
Cumulus Networks社は、ネットワーク機器に対する初のLinuxオペレーティングシステムを開発した企業です。Cumulus Networks社のソフトウェアにより、ネットワークシステムにおいてもハードウェアとソフトウェアのディスアグリゲーション(分離)が可能となりました。これまでLinuxがサーバシステムにもたらしたのと同様に、Cumulus Linuxはネットワークシステムにも高い経済性と革新を実現します。
http://www.cumulusnetworks.com/


【ウェーブスプリッタ・テクノロジー社について】
ウェーブスプリッタ・テクノロジー社は米国カリフォルニア州に本社を置く、データセンターや携帯通信のバックボーンネットワーク、あるいは携帯無線基地局のアクセス・ネットワークなどで使用される光イーサネットや、科学計算などで使用されるHPC(ハイ・パフォーマンス・コンピューティング)システムなどで必要不可欠となる、光通信モジュール製品を製造販売する企業です。


【株式会社ウェーブスプリッタ・ジャパンについて】
株式会社ウェーブスプリッタ・ジャパンは、ウェーブスプリッタ・テクノロジー社(米国)の日本法人です。ウェーブスプリッタ・テクノロジー社(米国)製品の日本国内における輸入販売事業を行い、国内のお客様へ高品質で安定した、価値ある製品を提供してまいります。

会社名 : 株式会社ウェーブスプリッタ・ジャパン
所在地 : 〒101-0051
東京都千代田区神田神保町2-14 朝日神保町プラザ203
最高執行責任者: 櫻井 豊
URL : http://wavesplitter.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク