1970年大阪万博から50周年!万博セクション「EXPO’70の芸術」開催決定!

プレスリリース発表元企業:一般社団法人関西経済同友会 関西経済同友会 企業所有美術品展実行委員会
岡本太郎「娘と犬」

吉原治良「作品」

関西経済同友会では、2020年1月24日(金)~2月15日(土)の期間(月曜休館)に開催する、「なにわの企業が集めた絵画の物語」展内において、万博セクション「EXPO’70の芸術」を開催いたします。
2020年が1970年大阪万博から50周年を迎えるにあたり、万博そのものが当時の最先端の芸術を見せる場として位置づけられていたこともあり、本展では、企業所有の作品を軸に1970年万博で提示された「芸術」を紹介するとともに、同万博のテーマ館プロデューサー岡本太郎による万博のシンボル「太陽の塔」に焦点を充て、その模型や関連する資料なども加えて展示する予定です。
今回の万博セクション「EXPO’70の芸術」では、1970年万博の全容を説明的に紹介するのではなく、万博で提示された「芸術」とその最も中心的な存在である「太陽の塔」に焦点を絞り、当時万博で「芸術」はどのように人々に見せられたのかを感覚的に触れていただけます。なお、このセクションの壁面は、太陽の塔の内部で使われていた赤で統一いたします。
関西経済同友会では、大阪・関西企業が所有する美術品を広く一般市民に対して公開し、特に次世代を担う子どもたちへの鑑賞教育に役立てることを目的とした本美術品展の実施を、2018年より有志企業の協力を得て取り組んでおります。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/200680/img_200680_1.jpg
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/200680/img_200680_2.jpg

※作品画像
岡本太郎「娘と犬」
吉原治良「作品」

■主な展示作品と資料等の展示物
1.絵画
・ 岡本太郎 《娘と犬》 油彩・キャンバス 1953年 (所蔵:株式会社大林組)
・ 吉原治良 《作品》 油彩・キャンバス 1967年 (所蔵:株式会社大林組)
・ 吉原治良 《赤い円》 リトグラフ 1969年 (所蔵:昭和丸筒株式会社)

吉原治良が代表であった大阪を拠点とする前衛芸術運動「具体美術協会」は、万博で特別な位置を占め、みどり館のエントランスで展覧会が開催されていたほか、お祭り広場にて「具体美術まつり」と称された大規模な前衛芸術イベントも開催された。

2.縄文土器 (所蔵:医療法人りょうき歯科クリニック)
縄文土器は、岡本太郎の芸術に多大な影響を与えた

3.「太陽の塔」に関する展示物(所蔵:日本万国博覧会記念公園)
・ 模型(10年前の3Dプリンターで制作。表目の質感なども再現。)
・ 工事中の現場写真(岡本太郎が地鎮祭(と思われる)に参加している光景など)
・ 太陽の塔の図面(内部構造や、躯体構造など)
・ 太陽の塔の内部図面(民族学的な彫刻や生物の進化を見せる模型など)
・ 太陽の塔に関する詳細な紹介映像

4.記録映画「日本万国博覧会」のダイジェスト映像

5.万博の公式ポスター 当時の一流のデザイナーが公式ポスターを手掛けた
・ 亀倉雄策
・ 福田繁雄
・ 横尾忠則

■美術展概要
美術展名 コーポレート・アート・コレクション
第2回「なにわの企業が集めた絵画の物語」展
主 催 関西経済同友会 企業所有美術品展実行委員会
会 場 大阪府立江之子島文化芸術創造センター
(大阪メトロ「阿波座駅」8番出口徒歩3分)
期 間 2020年1月24日(金)〜2月15日(土) 10時~20時
※月曜休館(最終日は18時まで)
展 示 関西企業が所有する身近な芸術作品(絵画作品 43点(予定))
入場料 大人500円/中学生以下無料
URL https://corporate-art-collections.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告