駒沢女子短期大学保育科が12月14日に「第53回 身体表現発表会」を開催 -- 脚本、衣装、振り付けなどすべてを学生自身が担当

プレスリリース発表元企業:駒沢女子大学



駒沢女子短期大学(東京都稲城市/学長:光田督良)は12月14日(土)に、保育科の学生による「身体表現発表会」を開催する。これは、動きや音楽を使って子どもたちの五感に訴える創作舞台で、脚本作り、大道具や衣装制作、ダンスの振り付け、BGMの選曲や合奏の編曲等、すべてを学生たち自身が手掛ける。53回目となる今回は「こまざわ森の発表会」「オズのまほうつかい」など4作を上演。子どもだけではなく大人も含めて誰もが楽しめる内容になっている。入場無料、事前予約不要。




 駒沢女子短期大学保育科の「身体表現発表会」は、道元禅師の誕生を記念して毎年伝統的に開催しているもの。1年生が自ら脚本を作り、大道具や衣装の制作、ダンスの振り付け、BGMの選曲、合奏の編曲などもすべて手掛ける。
 学生らは「どのように言葉を伝えたら子どもたちにわかりやすく伝わるか」「どのように物語を展開したら楽しんでもらえるのか」について常に子どもの目線で話し合い、子どもたちの笑顔を想像しながら取り組み、舞台を作り上げている。概要は下記の通り。

■ 第53回「身体表現発表会」
【日 時】 12月14日(土) 9:30開場 10:00開演(12:00終演予定)
【会 場】
 駒沢学園 記念講堂(東京都稲城市坂浜238)
 https://www.komajo.ac.jp/uni/access/index.html
【プログラム】
 「こまざわ森の発表会」
 「オズのまほうつかい」
 「メアリーの大切なおもちゃ」
 「からーわーるど ―4つのくにのものがたり―」
【入場料】 無料
【対 象】 幼児およびその保護者、保育に興味のある中高生の皆さんなど、どなたでもお越しください。
【観覧方法】 事前予約不要。当日、直接受付へ。
【主 催】 駒沢女子短期大学 保育科

※詳細は下記Webサイトでご確認ください。
 https://www.komajo.ac.jp/uni/window/preschool/pr_news_19008.html

(関連記事)
・駒沢女子短期大学保育科が12月15日に「第52回 身体表現発表会」を開催 -- 脚本、衣装、振り付けなどすべてを学生自身が担当(2018.11.15)
 https://www.u-presscenter.jp/2018/11/post-40337.html

▼本件に関する問い合わせ先
学校法人 駒澤学園 IR・広報部
住所:〒206-8511 東京都稲城市坂浜238番地
TEL: 042-350-7212(直通)
FAX:042-331-1919
メール:prkomajo@komajo.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

プレスリリース情報提供元:Digital PR Platform

スポンサードリンク