日本初。がんの人しか入れない死亡保険の提供開始 ~「がんになっても入れるほけん がん治療中」~

プレスリリース発表元企業:富士少額短期保険株式会社
保険商品ロゴ(カラー)

保険商品ロゴ(モノクロ)

会社ロゴ

富士少額短期保険株式会社(本社:山梨県甲府市丸の内、代表取締役:並木 和恵)は、がん患者に特化した死亡保険「がんになっても入れるほけん がん治療中」の保険商品を、2019年12月8日から提供を開始いたしました。

「がんになっても入れるほけん がん治療中」
https://www.fujishotan.co.jp/gan/

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/200707/LL_img_200707_1.png
保険商品ロゴ(カラー)

■提供の背景
今まで、ありそうで実はなかった死亡保険が発売されました。がん治療中・がん経過観察中・過去にがんを経験した方だけがお申込できる死亡保険です。がんは、日本の国民病とも言われ、その患者数は毎年増加しています。一生のうち、2人にひとりがガンになり、3人にひとりがガンにより死亡するという現状の中にあっても、がん患者に特化した死亡はありませんでした。よく耳にするガン保険ですが、それは将来のガンに備えるためのものであり、現在、がん治療中の方が申し込める保険ではありません。がん患者に特化した保険は、そのリスクの高さから実現しませんでした。その一方、がんと宣告された方は、これからの生活のこと、家族のこと、仕事のこと、葬儀のことなど様々な問題に直面しています。
この保険を発売することにより、一人でも多くのがん患者の方々の精神的・経済的な問題解決に繋がるようお支えしたいと思います。当社は、がん患者とそのご家族が安心して生活していただけるよう願いを込めて、今までに類のない保険「がんになっても入れるほけん がん治療中」を発売いたしました。


■「がんになっても入れるほけん がん治療中」のサービス概要
<特長>
今まで、がん患者に特化した保険は存在しませんでした。この保険は、がん治療中・がん経過観察中・過去にがんを経験した方だけがお申込できる死亡保険です。がんの部位ごとに保険料を設定し、治療開始時期・年齢・性別によって保険料が異なります。その数は30万通りになりますが、保険料計算システムの開発により、20秒で保険料試算ができるようになりました。保険期間は一年なので、お客様の必要な時に必要な分だけをお申込みいただけるミニ保険です。お財布に優しい保険料・家計に負担をかけない保険料設定に注力いたしました。

<保険料例>
46歳 女性 乳がん 死亡時の保険金100万円プラン :月々 1,360円
60歳 男性 甲状腺がん 死亡時の保険金100万円プラン:月々 2,140円

<詳細・申込>
https://www.fujishotan.co.jp/gan/


■会社概要
商号 : 富士少額短期保険株式会社
代表者 : 代表取締役 並木 和恵
所在地 : 〒400-0031 山梨県甲府市丸の内1丁目17番10号 東武穴水ビル5階
設立 : 2008年3月
事業内容 : 少額短期保険業(関東財務局長(少額短期保険)第21号)
資本金 : 3,000万円
URL : https://www.fujishotan.co.jp/


■本サービスに関するお客様からのお問い合わせ先
富士少額短期保険株式会社
Tel:055-222-9119(平日 8:30から17:00)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告