2019-12-09 10:30:00

アートハウス展覧会 開催のお知らせ 「春を詠う、春に詠う -詩歌と愉しむ美術 日本画・洋画・工芸-」

プレスリリース発表元企業:株式会社資生堂



[画像1: https://prtimes.jp/i/5794/1564/resize/d5794-1564-630611-0.jpg ]

資生堂アートハウスでは、収蔵品の中から春にちなんだ作品を選び、日本画、洋画、工芸、現代美術を取り混ぜた展覧会を開催いたします。
春の訪れと共に太陽は力を取り戻し、冬枯れの枝には緑が、野山には若草が萌え出します。地上に再来する生命の兆しは、古来より人々に希望をもたらしてきたもので、美術の世界でも春を題材にした作品が数多く創作されています。
今回の展覧会では、季節の風物を題材に求めることの多い日本画を始め、日本人による洋画、また、漆芸や陶芸、人形などの工芸品からも春にちなんだ作品を選び、さらには、春に題材を採った詩歌を併せて紹介します。詩歌は、和歌はもとより、俳句、漢詩、現代詩などさまざまです。美術と文学が共に詠う、春爛漫の気分に満ちた空間の中で、訪れた新しい季節に思いを巡らせながら、観る悦びと読む悦びを満喫していただければ幸甚です。

■展覧会 「春を詠う、春に詠う -詩歌と愉しむ美術 日本画・洋画・工芸-」
会 期:2020年 1月16日(木)~ 4月12日(日) <入場無料>
休館日:月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合も休館)
会 場:資生堂アートハウス
    〒436-0025 静岡県掛川市下俣751-1 (TEL.0537-23-6122)
ホームヘ゜ーシ゛: https://www.shiseidogroup.jp/art-house/?rt_pr=trf12

■関連企画(1)「桜花のもてなし」
期間:2020年1月16日(木)~ 2月16日(日) ※展覧会開催後1か月間のみ

資生堂アートハウスのロビーにて、1月16日から 2月16日まで、文久元年創業の京都「花政」による、桜の生け込みがご覧いただけます。ひと足早くアートハウスに訪れた、春をお楽しみください。
※天候等の事情により、予告なく変更する場合があります。

■関連企画(2)「学芸員によるギャラリートーク」
日時:2月28日(金)・3月28日(土)
   各日14:00-14:30
   ※やむを得ない理由により、予告なく日程変更の場合があります
会 場:資生堂アートハウス <参加費無料|申込み不要>

■参考画像

[画像2: https://prtimes.jp/i/5794/1564/resize/d5794-1564-281399-1.jpg ]

1.上村松篁 「春静」 1978年
2.奥村土牛 「猫」 1974年
3.牛島憲之 「花曇る」 1981年
4.鹿児島寿蔵 「梅花粧」 1962年
5.田村耕一 「青磁椿壺」 1982年

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告