2019-12-06 17:30:00

三菱自動車、軽自動車『eKクロス』『eKワゴン』が2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー「スモールモビリティ部門賞」を受賞

プレスリリース発表元企業:Mitsubishi Motors

TOKYO, Dec 6, 2019 - ( JCN Newswire ) - 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、軽自動車『eKクロス』『eKワゴン』が2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー(主催:日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会)の「スモールモビリティ部門賞」を受賞したことを発表しました。なお、三菱自動車が同賞を受賞するのは初めてとなります。(日産デイズと同時受賞)

三菱自動車が日本カー・オブ・ザ・イヤーで受賞するのは、プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』による2013-2014年度の「イノベーション部門賞」以来、6年ぶりとなります。

■2019-2020 日本カー・オブ・ザ・イヤーの概要

40回目を迎えた今回の日本カー・オブ・ザ・イヤーは、2018年11月1日から2019年10月31日までに発表または発売された乗用車を対象としています。11月7日に「10ベスト」が選出され、11月26日の「10ベスト試乗会」を経て選考委員による投票が行われ、12月6日の「最終選考会」にて2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤーを決定。同時に、インポート・カー・オブ・ザ・イヤー、イノベーション部門賞(環境、安全その他の革新技術を持つクルマ)、エモーショナル部門賞(秀でたデザイン、ドライブフィールなどを持つクルマ)、スモールモビリティ部門賞(軽自動車、将来的には超小型モビリティを含む)等も決定しました。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2019/detail5392.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース