【麻布 香雅堂】足利義政、織田信長、徳川家康 等、歴史の偉人たちが愛した「香木」。謎に包まれた存在についてまとめた一般書籍が12月20日(金)に発売

プレスリリース発表元企業:株式会社 香雅堂
【麻布 香雅堂】足利義政、織田信長、徳川家康 等、歴史の偉人たちが愛した「香木」。謎に包まれた存在についてまとめた一般書籍が12月20日(金)に発売


オープン/フェア/スローをキーワードに、(和の香りの)世界に関わる香木・香道具店 麻布 香雅堂(株式会社 香雅堂、東京都港区、代表:山田悠介)の会長 山田眞裕は香木に関する書籍『香木三昧』を執筆。京都の茶道美術図書出版社 淡交社 より出版されます。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NDI2OCMyMzI0NjEjNjQyNjhfWEFFcWxWT3RZZy5qcGc.jpg ]


各種メディアで断片的に取り上げられても、その全容を捉えるのが難しい「香木」。そんな特殊な存在について、専門家が様々な角度から一般の方向けに解説をしています。香木にまつわる歴史的な逸話(足利義政、織田信長、徳川家康 等)から、香木の採集現場の謎・横行する偽物づくりまで幅広くカバーしています。


■特設サイト開設


書籍の発売に先駆けて、読者との交流サイトを本日14:00にオープンします。書籍内容の追加情報のテキストや最新の香木の紹介、関連イベントのお知らせなど、香木三昧ワールドを展開していきます。


特設サイト『香木三昧』

https://note.com/yamadamasahiro25


■目次


第一章 香木の正体

第二章 香木の香り、六国と五味

第三章 香木に魅了された人々

第四章 香道具のプロデュース

第五章 香木を聞いてみる

第六章 香木三昧六十年のあれこれ


■商品情報


タイトル:香木三昧 大自然の叡智にあそぶ

著者:山田眞裕(麻布香雅堂主人)

発売日 : 2019年11月26日発売

判型  : A5判 上製 192頁(カラー44頁)

定価  :本体2500円+税

ISBN   : ISBN978-4-473-04358-0

URL  :https://www.tankosha.co.jp/ec/products/detail.php?product_id=2424

奥付:令和元年12月31日 初版発行

出版元 : 株式会社淡交社


■香雅堂とは


香雅堂は、約200年続く京都の香木店を継承し、1983年に麻布十番に香道諸流派家元・宗家出入りの香木・香道具専門店としてのれんを掲げました。麻布という、様々な人種や文化、ビジネス、芸術が交わる街に店を構える香雅堂では、オープン/フェア/スローをキーワードに、伝統と革新が共存した感性による和のかおりの提案をしています。


商号 : 株式会社 香雅堂

代表者 : 代表取締役社長 山田悠介

所在地 : 〒106-0045 東京都港区麻布十番3-3-5 香雅堂ビル

設立 : 1983年9月

事業内容:和の香り(線香・かおり袋・香炉)等の商品企画・販売、香道・茶道 等の教室運営

URL:http://www.kogado.co.jp/


■一般の方向けのお問い合わせ先


企業名:株式会社 香雅堂

担当者名:酒井

TEL:03-3452-0351

Email: mail@kogado.co.jp





提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告