2019-12-05 19:14:00

Soteria AIが新たな最高技術責任者(CTO)を任命し、2020年にリリースされる統合AIサポートを備えた初のゲームのライジング・ファイア・バトル・ロワイヤルを発表

プレスリリース発表元企業:Soteria AI

エリック・シュナイダーが初のゲーム向けAIアシスタントを開発する企業で技術革新を促進

(香港 & サンフランシスコ)-(ビジネスワイヤ) -- 初のゲーム向けAIアシスタントを開発するSoteria AIは本日、当社の新たな最高技術責任者(CTO)として、機械学習およびデータ分析界のベテランであるエリック・シュナイダーを任命したと発表しました。Soteriaは、シュナイダーの任命と同時に、2020年に北米でリリースされる予定でSoteriaのAIアシスタントのナターシャを組み込んだ当社初のゲームとなるライジング・ファイア・バトル・ロワイヤルの開始も発表しました。

Soteria AI創業者のウィリアム・ノブレガは、次のように述べています。「シュナイダーはNASAを含むテクノロジー業界で30年以上の経験があり、当組織の技術面を率いる上でぴったりの人物です。シュナイダーは、サードパーソン・シューティング・ゲームのライジング・ファイア・バトル・ロワイヤルを開発するアクシオン・ベンチャーズと直接連絡を取ります。このゲームは、すでにアジアでテンセントのネットワークを通じてテストされています。同時に当社は、才能、影響力、あらゆるゲーマーにとって比類のないオファーといった素晴らしいものを得ることができました。」

シュナイダーは最高執行責任者(COO)兼社長のティム・カラザースや、16歳の主任研究員デボン・ノブレガと緊密に協力して、SoteriaのAIゲーム・アシスタントであるナターシャの開発を推進します。このAIはアマチュアとセミプロのゲーマーに利用され、ゲーム内のプレーヤーにリアルタイムのアドバイスと情報を提供するとともに、ゲームソフト・メーカーが適切なタイミングでゲーム内購入の必要性を強調してその収益を拡大することを支援します。

Soteria AIの最高技術責任者(CTO)のエリック・シュナイダーは、このように述べています。「Soteriaのチームに加わることができてうれしく思います。この国際的なチームは他のどのような組織も太刀打ちできないユニークなものを市場に持ち込もうとしています。この試みを次のレベルに進めることを楽しみにしており、私は以前私の息子たちとカウンターストライクのサーバーをホストしていたので、AIアシスタントの必要性、特に、決して活動が止まることのないMMOの世界における必要性を理解しています。」

シュナイダーはスタンフォードを卒業し、カリフォルニア州レッドウッドシティーで妻と2頭のジャーマンシェパードと共に暮らしています。シュナイダーは、主にシリコンバレーと香港に拠点を置くこの国際的チームに加わり、主要パートナーのアクシオン・ベンチャーズおよびアイゴと緊密に協力します。

Soteriaについて

Soteria AIは次世代の人工知能を開発しています。当初はオンラインのマルチプーヤー・プラットフォーム上のゲーマーをサポートすることに注力していましたが、現在は量子、AIプラットフォーム技術、生化学コンピューティングの研究に出資しています。当社は2019年に元グリーン・ベレーで連続起業家のウィリアム・ノブレガによって設立され、米国と中国にオフィスを構えています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。



businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20191205005363/ja/

連絡先
Media Contact
Firefly Communications
Soteria@fireflycomms.com
+44 (0) 203 861 3600

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告