2019-12-03 18:00:00

【茅ヶ崎市美術館】国内美術館では初の個展となる「城田圭介 -写真はもとより PAINT, SEEING PHOTOS-」を開催!

プレスリリース発表元企業:茅ヶ崎市美術館

消失する主体 拡張する静寂

茅ヶ崎市美術館では2019年12月14日(土)~2020年2月11日(火・祝)、企画展「城田圭介 -写真はもとより PAINT, SEEING PHOTOS-」を開催します。写真と絵画を用いた独自な表現手法で知られ、海外にもコレクターが多く注目を集めているアーティスト、城田圭介の国内の美術館における初めての個展です。
展覧会URL http://www.chigasaki-museum.jp/exhi/2019-1214-2020-0211/



城田の制作は、何気なく撮影されたスナップ写真を基点とし、その周囲に拡がっているかのような架空の風景を描き足す絵画作品や、写真上の人物をあたかも消すように人物の部分をその背景描写で埋めた写真作品、そして、写真に写り込んだ人物だけを抽出し、油彩で描いた新作を発表するなど、多様な展開を示します。作品はいずれも写真をもとに制作されており、特筆すべきは、写真に写された風景や絵の具で描かれている人物が、現実的な関係性から切り離され、「何も」そして「誰も」存在していないかのような一貫した静けさをまとっていることです。


[画像1: https://prtimes.jp/i/45554/3/resize/d45554-3-466083-2.jpg ]


城田圭介HP http://www.keisukeshirota.com/public.html/




写真と絵画を用いた多様な作品約200点を展示!


■写真の延長線上の架空の風景を描いた作品

[画像2: https://prtimes.jp/i/45554/3/resize/d45554-3-396879-0.jpg ]



■人物部分の上にその背景を描いた作品

[画像3: https://prtimes.jp/i/45554/3/resize/d45554-3-260508-1.jpg ]



■写真から人物のみ抽出し描いた絵画作品

[画像4: https://prtimes.jp/i/45554/3/resize/d45554-3-639589-3.jpg ]



■ドローイング作品

[画像5: https://prtimes.jp/i/45554/3/resize/d45554-3-733117-4.jpg ]




開催概要

会 期:2019年12月14日(土)~ 2020年2月1 1日(火・祝)
休館日:月曜日(ただし1月13日は開館)、12月28日(土)~ 1月3日(金)、1月14日(火)
会 場:茅ヶ崎市美術館 展示室1・2・3 (神奈川県茅ヶ崎市東海岸北1-4-45)
※お車でお越しの方へ…Googleマップで検索する際は、目的地を「茅ヶ崎市美術館駐車場」に設定してください
観覧料:一般600円(500円) 大学生500円(400円) ※(  )内は20名以上の団体料金
※高校生以下、障害者およびその介護者は無料。市内在住65歳以上の方は無料
主 催:公益財団法人茅ヶ崎市文化・スポーツ振興財団
お問い合わせ先:TEL.0467-88-1177(茅ヶ崎市美術館)

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • Mazda MX-30(欧州仕様)(画像: マツダの発表資料より)
  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース