岡山県赤磐市、コミッショニング(性能検証)で確実な地域の防災・減災と低炭素化の同時実現を推進 備前グリーンエネルギー株式会社が支援

プレスリリース発表元企業:備前グリーンエネルギー株式会社
山陽ふれあい公園総合体育館

備前グリーンエネルギー株式会社(以下、当社)は、公募型プロポーザルにより、山陽ふれあい公園総合体育館 防災拠点整備事業設備性能評価業務(以下、本業務)の受託者に選定されました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/200216/LL_img_200216_1.jpg
山陽ふれあい公園総合体育館

当社は、赤磐市が採択を受けた「地域の防災・減災と低炭素化を同時実現する自立・分散型エネルギー設備等導入推進事業」による補助事業を活用して、山陽ふれあい公園総合体育館を地域の防災拠点として整備するための事業実施を支援いたします。災害時に住民の受入を行い、主に復旧までの住民の宿泊、給仕等を想定し、停電時も2日程度の照明・空調の連続稼働を可能とします。また、それとともに、平時は最新設備による省エネを図り、地域の防災・減災と低炭素化を同時実現する事業実施を推進します。

本業務の最大の特徴は、日本でまだ前例は少ないながら、今後主流になると考えられるコミッショニング(性能検証)(*i)の手法で施設の整備を行うことです。本業務では、耐震施工や蓄電池などの特殊な設備の導入が必要であり、設備、施工が補助事業の要求を満たすか客観的に確認する必要があります。そこで、本業務を円滑に行うために当社は、施主、設計者、施工者の間に入って、本業務の実施に必要な内容を正確に読み解き、赤磐市の意向及び補助事業の要求に沿った設計や施工となるように機能性能検証を行います。また、十分な耐震施工、非常時の照明や空調の設備稼働、省エネ量が達成可能な設備導入と検証が確実に実行されるよう、本業務の遂行を支援します。

本業務を通じて、対象施設が地域の防災拠点、そして低炭素化の模範施設として、十分に利活用していけるよう支援してまいります。


■会社概要
法人名 : 備前グリーンエネルギー株式会社
所在地 : 〒705-0022 岡山県備前市東片上39-6
代表者 : 代表取締役 武本 洋一
設立年月日: 2005年12月8日
資本金 : 1,000万円
事業実績 : 地域再生・活性化、再エネ、ESCO、補助支援、ZEBプランナー、
調査・研究・計画策定、カーボン・マネジメント、カーボンオフセット
URL : https://www.bizen-greenenergy.co.jp/


i コミッショニングとは、建物のオーナーやユーザーが求める要求性能を実現するために従来の建設工程に追加されるプロセスのことです。

“ステークホルダー間の関わり”.環境省 ZEB PORTAL.
http://www.env.go.jp/earth/zeb/detail/07.html


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • Mazda MX-30(欧州仕様)(画像: マツダの発表資料より)
  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース