2019-11-21 15:03:19

Mirai Salon#14「成功を引き寄せるCVC戦略」にてAnyTech島本が講演、M&Aをしたスタートアップ側の視点

プレスリリース発表元企業:AnyTech株式会社

独自技術の水質判定AI「DeepLiquid」を提供するAnyTech株式会社(本社:東京都文京区 以下、AnyTech)の代表取締役 島本佳紀が登壇します



[画像1: https://prtimes.jp/i/38666/10/resize/d38666-10-294303-2.png ]


2019年11月21日に東京都千代田区丸の内で開催される、Mirai Salon#14「成功を引き寄せるCVC戦略」にて、AnyTech代表 島本佳紀が講演をおこないます。

事業シナジーと投資リターンをどのようにバランスさせていくのか。また様々な戦術を組み合わせてオープンイノベーションによる事業化を成功させていくのか。これからCVCを立ち上げようとしている方や、CVCに取り組むもなかなか思うような結果に至らない方など必見の3時間です。

主催: 株式会社アドライト
株式会社アドライト(addlight Inc.)は、オープンイノベーションのマッチングから事業化、新規事業開発支援、国内外のスタートアップ育成支援に従事。

共催・協力:東京21cクラブ(三菱地所株式会社)
東京21cクラブは、国内外の成長企業や多様なプロフェッショナルが集まるビジネス交流の場。年間200回以上のイベントやセミナー、ワークショップが開催されネットワークの拡大のきっかけを提供。

共催・協力:TMIP(Tokyo Marunouchi Innovation Platform)
TMIPは、国内外の施設・団体やスタートアップ、アカデミア、行政などと連携。大手町・丸の内・有楽町(大丸有エリア)の企業を中心としたプレイヤーや、都市の力を組み合わせ、グローバル市場に対してインパクトのある事業創出を目指すプラットフォーム。

【イベント概要】
日 付: 2019年11月21日 (木) 16:00~19:00 (15:30受付開始)
場 所: 東京21cクラブ(新丸の内ビルディング10階)
内 容:成功を引き寄せるCVC戦略事例
対 象:CVCの方、新規事業開発やオープンイノベーションに従事する方、スタートアップの方
※オープンイノベーション関連支援やコンサルティング会社に所属する方の参加はご遠慮いただいております。該当する場合、キャンセルとさせていただきますことを予めご了承願います。

タイムテーブル(予定):
15:30 開場
16:00~16:20 プラットフォーム紹介(TMIP)、会社概要ほか(アドライト)
16:20~17:20 【プレゼンテーション】成功を引き寄せるCVC戦略事例(15分/社×4社)
17:20~17:40 休憩
17:40~18:30 【パネルディスカッション】(パネラー:ゲスト4社、モデレーター:アドライト 代表・木村)
18:30~19:00 ネットワーキング
19:00     閉場

参加費: 3,000円(先着30名)
※当日は受付にて名刺2枚をご提示ください。
※お支払いされました参加費は、欠席またはキャンセルされた場合にも返金できませんのでご了承ください。また、事前申し込みのない方の参加はお断りしております。
※領収書はPeatix上においてご自身で入手可能ですが、個別の対応が必要な場合にはお申し出くださいませ。

【登壇者】
Sony Innovation Fund (ソニー株式会社) イノベーションファンド室
シニアインベストメントマネジャー 北川 純
2005年にソネット(現ソニーネットワークコミュニケーションズ)に入社。経営企画責任者として全社の事業戦略策定、M&A、子会社上場支援、ベンチャー投資等を統括、投資先役員などを歴任。その後、2016年にソニーが設立したCVCである「Sony Innovation Fund」の立ち上げメンバーとして参画。Mobility、Logistics、FinTech、HealthCare、FoodTech等幅広い分野の主にサービス、ソフトウェアレイヤーへの全体の投資活動をリードしている。

株式会社マネーフォワード 取締役執行役員/マネーフォワードシンカ株式会社 
代表取締役 金坂 直哉
2007年に東京大学経済学部卒業。ゴールドマン・サックス証券にて、プライベート・エクイティ業務、M&Aや資金調達のアドバイザリー業務に携わる。2014年マネーフォワードに参画し2015年より執行役員CFO、2017年には取締役に就任し、2017 年の東証マザーズ上場、2018年の海外公募増資を含む累計約 150 億円の資金調達や、金融機関・事業会社との業務提携、M&A 等を推進。2019年9月にマネーフォワードシンカ株式会社代表取締役に就任。

Anytech 
代表取締役 島本 佳紀
AI・DeepTech領域の起業家、エンジェル投資家。2015年AnyTech株式会社を創業、2019年プラント大手のJFEエンジニアリングとM&Aによりグループ入り。世界初の水質判定AI『DeepLiquid(ディープリキッド)』を提供。スタートアップコンテストIVS LaunchPad 2019 準優勝、ディープラーニングビジネス活用アワード優秀賞、楽天テクノロジー&イノベーションアワード 2019 金賞を受賞。早稲田大学客員講師。1986年7月1日生。


▶︎DeepLiquidとは
弊社は「AI×流体力学」の知見や技術を活用した世界初の水質判定AI『DeepLiquid』を開発運営し、水処理施設・バイオ医薬品・化粧品・飲料製造工場、自動車関連企業といった様々な企業にご提供しております。従来、カメラでの流動体の分析は困難を極める事から高額なセンサーが主であった液体の監視・異常検知において、画像による異常検知の実用化に成功しています。
これにより監視精度を向上するとともに管理コスト削減に繋げることが可能となります。さらには、プラントや工場の運転自動化を実現し、既存産業に革新をもたらします。

[画像2: https://prtimes.jp/i/38666/10/resize/d38666-10-710897-0.png ]


【AnyTech株式会社概要】
名称 :AnyTech株式会社
本社所在地  :東京都文京区本郷二丁目25番5号
設立 :2015年6月5日
代表取締役 :島本 佳紀
ビジョン :世界中の流体データを集積し、AIで地球の健康と未来を守る
事業内容 :AIエンジンの開発及び企業向けシステムの提供
所属団体 :一般社団法人 日本ディープラーニング協会 正会員
主な受賞歴 :
2016年  IBM AI開発コンテスト『Watsonハッカソン』アプリ賞
2017年  AI特化アクセラレータ『AI.Accelerator』選抜
2018年  香港拠点 AI特化アクセラレータ『Zeroth』選抜
2018年  川崎市 研究開発ベンチャー特化アクセラレータ
『Kawasaki ZENTECH Accelerator』 選抜
2019年 東京都 起業家世界展開プログラム『X-HUB TOKYO』選抜
2019年  Plug and Play Japan アクセラレーションプログラム IoT Batch 3採択
2019年  一般社団法人『日本ディープラーニング協会』正会員選抜
2019年 『IVS LaunchPad』準優勝
2019年 日経クロストレンド/日経xTECH『ディープラーニングビジネス活用アワード』優秀賞
2019年 『楽天テクノロジー&イノベーションアワード』金賞

本件に関するお問合わせは下記にお願いいたします。
AnyTech株式会社
連絡先: s_team@anytech.io

*AnyTechでは積極的に人材採用を進めております。
募集職種および応募方法はこちらをご参照ください:https://www.wantedly.com/projects/353128

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告