◆関西大学×大阪体育大学 合同シンポジウム◆「大学スポーツとオリンピック・パラリンピックの精神」 ~ゲストに赤星憲広氏、ロンドンパラリンピック銅メダリストの和田伸也氏ら~

プレスリリース発表元企業:関西大学



関西大学と大阪体育大学は、大学スポーツやスポーツの意義を考えるシンポジウム「大学スポーツとオリンピック・パラリンピックの精神」を、11月30日(土)に関西大学千里山キャンパスにて開催します。




本件のポイント】

・本学OBで1964年東京五輪の選手団長を務めた「五輪の哲人」・大島鎌吉氏のスポーツ哲学に迫る
・基調講演ではUNIVAS専務理事の池田敦司氏が大学スポーツの展望とUNIVASの役割を語る
・パネルディスカッションには、赤星憲広氏ら3名のオリンピック・パラリンピック経験者をゲストに招聘


 「五輪の哲人」と称され、競技者としてだけでなく、選手強化対策本部長を務めるなどJOC委員としても活躍した大島鎌吉氏。1964年の東京五輪を成功に導いた男として、その名声は時代を越えて現在でも響き渡っています。本シンポジウムでは、その大島氏が提唱したスポーツ哲学に寄り添いながら、UNIVAS発足により今後の動向が一層注目される大学スポーツならびにスポーツ全体の意義について考えます。

 まず基調講演では、UNIVAS専務理事の池田敦司氏が「大学スポーツの展望とUNIVASの役割」について語ります。そしてパネルディスカッションでは、野球、アーティスティックスイミング、陸上界から3名のオリンピック・パラリンピック出場経験者をゲストに迎え、オリンピック精神などについての議論を行います。また、文武両道をテーマに、両大学の学生アスリートによる対談の場も設けます。


< シンポジウム「大学スポーツとオリンピック・パラリンピックの精神」の概要 >
【日 時】 11月30日(土)13:00 ~ 15:50
【場 所】 関西大学千里山キャンパス 第2学舎BIGホール100(吹田市山手町3-3-35)
【プログラム】
〔第1部〕 講演(13:00~13:30) 池田 敦司氏(UNIVAS専務理事、仙台大学教授)
  テーマ:「大学スポーツの展望とUNIVASの役割」
〔第2部〕 両大学のアスリート学生による対談(13:30~14:00)
 テーマ:「大学生アスリートにとっての勉強とスポーツ」
〔第3部〕 パネルディスカッション (14:20~15:50)
 テーマ:「オリンピックとパラリンピックの精神とスポーツ」
<司 会> 白石 真澄(関西大学政策創造学部教授)
<パネリスト>
 赤星 憲広氏(シドニー五輪 野球日本代表、関西大学客員教授)
 巽 樹理氏(シドニー・アテネ五輪 シンクロナイズドスイミング銀メダリスト)
 和田 伸也氏(ロンドンパラリンピック 陸上5000m銅メダリスト、本学OB)
 涌井 忠昭(関西大学人間健康学部長)
【主 催】 関西大学、大阪体育大学
【対 象】 どなたでも可(入場無料、申込はすでに終了しています)    


▼本件の詳細▼
・関西大学プレスリリース
 http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/pressrelease/2019/No57.pdf

▼メディア関連の方▼
※取材をご希望の方は、お手数ですが、下記お問合せまでご連絡をお願いいたします。

▼本件に関する問い合わせ先
総合企画室 広報課
寺崎、浦田
住所:大阪府吹田市山手町3-3-35
TEL:06-6368-0201
FAX:06-6368-1266
メール:kouhou@ml.kandai.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

プレスリリース情報提供元:Digital PR Platform

スポンサードリンク