ASEAN最大規模の日系・ローカル企業が集まる商談会 第7回「FBC バンコク 2020 ものづくり商談会」出展社募集のお知らせ

プレスリリース発表元企業:Factory Network Asia (Thailand) Co., Ltd.
前回開催時の様子(1)

前回開催時の様子(2)

前回開催時の様子(3)

Informa Markets( https://www.informamarkets.com/ ) / NC Network Co., Ltd.( https://en.nc-net.or.jp/ ) / Factory Network Asia (Thailand) Co., Ltd.( http://www.factorynetasia.com/ )は、日本の有力銀行と地方自治体を共催に迎え、「FBC バンコク 2020 ものづくり商談会」を2020年5月13日(水)-16日(土)の4日間にわたり共同で開催致します。
このイベントは、日タイ製造業のビジネス拡大と交流を目的としており、バンコクでは今回が7回目の開催となります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/199005/LL_img_199005_1.jpg
前回開催時の様子(1)

昨年からの大きな変更点として、2020年はINTERMACH、MTA 2020とSUBCON THAILANDの併催イベントとして開催致します。
昨年までとは異なる展示会と併催する事で、新たなバイヤーやタイローカル企業との商談の機会が期待されます。
特に、併催イベントであるSUBCON THAILANDでは約200社のタイローカル企業が出展予定であり事前マッチングも可能です。
自社製品がタイ企業に関心を持ってもらえそうかを試したり、現地調達率を高めるための商談のみならず、現地パートナー企業候補の模索も可能です。
会期中、BOIもビジネスマッチングイベントを開催します。例年、約70に及ぶ大手企業を招聘しており、2020年も多くのバイヤーの参加が期待されます。(こちらのサービスは出展社様限定となります)
タイにおける製造業様および関連企業様を対象に、タイでの事業発展のきっかけや新たな出会いを求める絶好の場としてご利用頂けるものと期待致しております。


【開催概要】
1. 名称:FBC バンコク 2020 ものづくり商談会( https://fbcbkk.factorynetasia.com/ )

2. 出展対象:
<製造業>タイでの部品調達、販路拡大を目的とする製造業企業
※ B to B で部品・製品を製造・加工している企業
金属製品、自動車・鉄道・船舶製品、鉄鋼業、非鉄金属、一般機械器具、電気機械器具、情報通信機械器具、電子部品・デバイス、精密機械器具、繊維・繊維製品、化学工業、プラスチック・ゴム製品、石油・石炭製品 など
<ソリューション企業>製造業企業にサービス、製品を提供する非製造業企業
商社、IT(ソフト開発)、人材、物流 など

3. 出展対象外:工作機械やロボットのデモを行う場合 →INTERMACHへのご出展を推奨します。

4. 日時:2020年5月13日(水)-16日(土)の4日間 10:00~18:00
全日程:出展企業同士、来場企業との事前予約商談+来場者とのフリー商談

5. 場所:BITEC Hall 100 *SUBCON THAILAND 2020の併催イベントとして開催(INTERMACH & MTA 2020)

6. 出展社:150社(見込)

7. 来場者:10,000名(見込)

8. 商談会の特徴:
(1)出展各社が登録する調達・販売案件を基に、Web上で商談の事前申込とマッチングを行うことにより、会期中に計画的、効率的な商談を行うことが可能です。
(2)豊富な自社媒体(WEBサイト・マガジン・メルマガ)を通してイベントと出展企業PRを行います。
また、(INTERMACH & MTA 2020)SUBCON THAILANDの併催イベントとして開催することにより、タイはもとより、ASEAN各国から多くの来場企業が見込めます。
(3)ビッグバイヤーズエリアの設置
調達目的のみでご参加いただく大手製造業と直接商談を行えるビッグバイヤーズエリアを設置。
大手企業に対して販売申込みができるチャンスを作ります。
(4)タイ企業とのマッチング
タイローカル企業が多く出展するSUBCON THAILANDと併催。約200社のタイローカル企業との商談ができます。

9. 主催:Informa Markets / NC Network Co., Ltd. / Factory Network Asia (Thailand) Co., Ltd.

10. 共催:五十音順、+は連名共催
愛知銀行、秋田県+北都銀行、足利銀行+栃木県、池田泉州銀行、大分銀行、OKB大垣共立銀行、関西みらいフィナンシャルグループ(関西みらい銀行+みなと銀行)、京都銀行、岐阜信用金庫、山陰合同銀行、三十三フィナンシャルグループ(三重銀行+第三銀行)、滋賀銀行+滋賀県、静岡銀行、静岡県国際経済振興会、七十七銀行、清水銀行、十六銀行、商工組合中央金庫、荘内銀行、常陽銀行+茨城県(いばらきグローバルビジネス推進協議会)、信金中央金庫、瀬戸信用金庫、中国銀行、東邦銀行+福島県、名古屋銀行、南都銀行、八十二銀行、浜松磐田信用金庫、百五銀行、百十四銀行、広島銀行、福井銀行+福井県、北陸銀行、山口フィナンシャルグループ(山口銀行+もみじ銀行+北九州銀行)、三井住友銀行、山梨中央銀行、
りそな銀行+埼玉りそな銀行

11. 後援:
在タイ日本国大使館、泰日工業大学、日本貿易振興機構(JETRO) バンコク事務所、バンコック銀行、盤谷日本人商工会議所

12. 出展申込期間:2020年2月14日(金)まで


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース