2019-11-19 23:04:00

Esriがオートデスク・ユニバーシティー2019カンファレンスに参加

プレスリリース発表元企業:Esri
Esriがオートデスク・ユニバーシティー2019カンファレンスに参加

GISの専門家がロケーション・インテリジェンスでスマートな設計と計画を実現する方法を実演

(米カリフォルニア州レッドランズ)-(ビジネスワイヤ) -- ロケーション・インテリジェンスの世界的リーダーのEsriは、ラスベガスのサンズ・コンベンション・センターで2019年11月19〜21日に開催される今年のオートデスク・ユニバーシティー・ラスベガス・カンファレンスに参加します。Esriの専門家が会場で、建築・エンジニアリング・建設(AEC)のプロフェッショナルによる現場データの収集・分析、効率的で持続可能なインフラの設計、環境に対する潜在的影響についての理解を地理情報システム(GIS)技術が可能にしていることを説明します。

Esriは最近、新サービスのArcGIS AECコレクションによってAEC組織向けのGISデータのシームレスな統合と共有を改善すべく、オートデスクと提携しました。EsriのArcGIS製品を厳選して組み合わせているため、設計者とエンジニアは、よりスマートで効率的な建物やインフラを設計できます。ArcGIS AECコレクションは11月19日(火)〜11月21日(木)に、展示会のEsriのブース(#INF130)で紹介します。

参加者

Stephen Brockwell、Esri、シニアプロダクトオーナー

日程

2019年11月20日(水)

議題

スマートシティとインテリジェントなインフラに関するセッション:「スマートシティにより市民と企業の福祉を向上させる方法」

午前9:00〜10:00

このプレゼンテーションは、スマートシティがデータと統合技術を使って住民と企業の日常的な生活や活動を改善できる方法について探ります。EsriのStephen Brockwellが、安全性、繁栄、ソーシャル・エンゲージメントなど、現代の都心が直面する現実問題を解決できるようにする地理情報の提供で、ビルディング情報モデリング(BIM)とGISデータが果たす役割を詳述します。具体的には、欧州の主要都市がエネルギー、交通、都市照明の課題に対応する実用的ソリューションを作る際に、ビッグデータと機械学習が貢献した例などを紹介します。

スマートシティのためにオートデスクとEsriを活用:「エンジニアリングとGISの接点」

午後2:45〜3:45

Brockwellは、ユーザーがBIMとGISの統合がもたらす力を利用して、エンジニアリング・プロセス全体に地理情報を取り込んでいる方法を説明します。特定のワークフローを実演し、これらの統合によって実現するビジネス価値と、計画および設計プロセスに及ぼす影響を紹介します。

場所

ラスベガス・サンズ・コンベンション・センター

3355 South Las Vegas Boulevard

Las Vegas, NV 98109

オートデスク・ユニバーシティー2019で実施するスマートシティとインテリジェントなインフラに関するセッションの詳細については、こちらをご覧ください。

Esriについて

地理情報システム(GIS)ソフトウエア、ロケーション・インテリジェンス、マッピングの世界的市場リーダーのEsriは、入手可能な最も強力な地理空間クラウドを提供し、顧客がデータの潜在力すべてを活用して業績や事業成果を改善する手助けをしています。1969年に設立されたEsriのソフトウエアは、フォーチュン100企業の90社、50州すべての政府機関、大小すべての郡の半数以上、フォーブス米大学トップ100校のうち87校、米国政府の15省すべてや数十の独立機関など、35万を超える組織に導入されています。地理空間情報技術に対する先駆的取り組みにより、Esriのエンジニアはデジタル変革、モノのインターネット(IoT)、高度アナリティクスに対する最も高度なソリューションを構築しています。当社サイトのesri.comをご覧ください。

Copyright © 2019 Esri. All rights reserved. Esri、Esriの地球ロゴ、The Science of Where、ArcGIS 、@esri.comは、米国、欧州共同体、その他の一定の司法管轄におけるEsriの商標、サービスマーク、登録商標です。本リリースで言及した他の企業・製品・サービスは、各所有者の商標、サービスマーク、登録商標である場合があります。

原文はbusinesswire.comでご覧ください:https://www.businesswire.com/news/home/20191114005401/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。



businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20191119005648/ja/

連絡先
Jo Ann Pruchniewski
Public Relations, Esri
Mobile: 301-693-2643
Email: jpruchniewski@esri.com

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース