阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業上り線高架化記念12月7日(土)・8日(日)の二日間、親子向け「旧線ウォーク」を実施!

プレスリリース発表元企業:阪神電気鉄道株式会社
(左)【青木駅西踏切】(右)【青木古堂町踏切】

【深江駅旧駅舎】

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:秦 雅夫)では、2019年11月30日(土)の始発列車から、魚崎駅~芦屋駅間の上り線(大阪梅田方面行き)を、高架線路に切り替えて運行します。この上り線の高架への切替え記念として、事業を応援してくださった方への感謝の気持ちを込めて、親子で楽しんでいただく「旧線ウォーク」を実施します。

このイベントは、これまで長年にわたり使用してきた地上線を歩くとともに、新駅舎を見学いただくことで、次世代を担う子どもたちと一緒に“阪神電車への想い”や“これからの姿”を感じていただこうとするものです。
また、高架切替えに合わせて、深江駅には連立事業を紹介するパネル、青木駅には東灘地区の歴史に加え、阪神電車の歴史や列車の先頭部に掲げるヘッドマークの変遷や車体色の変遷を紹介するパネルを展示することとし、このイベントでは、これらの解説も行います。


1. 旧線ウォーク(抽選制)
(1)開催日時
2019年12月7日(土)・8日(日)※雨天決行・荒天中止
各日10時~、13時~ 1回1時間30分程度
(受付開始は30分前から)

(2)開催場所
青木駅下り改札内及び青木駅西踏切から深江駅まで 約1.1km程度
(集合場所は青木駅下り改札階段下)

(3)イベント内容
・旧線ウォーク(実際に列車が走行していた地上の線路を歩いていただきます。)
・深江駅旧駅舎に、阪神電車への想いを記す落書きコーナー
・深江駅旧ホームにて、制服着用記念撮影
・沿線の歴史、阪神電車の歴史、ヘッドマークや車両の色について紹介
・ノベルティ配布

(4)参加対象
小学生又は中学生のお子さまを含む親子2名1組
※当日は、線路上など不安定な場所を歩くため、歩きやすい服装、運動靴でご参加ください。
※イベント開催時に発生した事故や怪我などに関する一切の責任を負いかねます。
あらかじめご了承ください。
※約1.1km完歩できる方に限ります。
歩きにくい場所もあることから、小学生未満の方は、ご参加いただけません。

(5)参加費
無料/要事前申込み(応募多数の場合は抽選)
※会場までの交通費等は、お客さま負担となります。

(6)参加人数
60組120名
15組30名を1グループとして、4回に分けて開催します。
1グループ当たりの所要時間は1時間30分程度です。

(7)応募要領
パソコン・スマートフォンで、次のURLからご応募ください。
https://s.cnz.jp/sv/zz44/rwvLWMuz

○必ず小学生又は中学生のお子さまと、大人の方の2名1組でご応募ください。
○ご当選の人数を超える同伴者はご参加できません。
○駅やはがきでのご応募は受付いたしません。
○募集期間:11月15日(金)14:00~11月26日(火)23:00まで
○当選の通知方法:11月29日(金)に、当選者のみメールで通知
(当選者に参加証を郵送)

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/198863/img_198863_1.jpg
(左)【青木駅西踏切】(右)【青木古堂町踏切】

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/198863/img_198863_2.jpg
【深江駅旧駅舎】

(8)お客さまからのお問合せ先
阪神電車 運輸部 営業課 TEL:06-6457-2232
(平日9:00~17:00)

2. パネル展示
(1)展示期間
2019年11月30日(土)~2020年3月15日(日)

(2)展示場所
深江駅及び青木駅

(3)展示内容
【深江駅】
東灘連立事業を紹介するパネルを展示します。

【青木駅】
東灘地区の歴史、阪神電車の歴史を年表形式にし、パネル展示します。
また、列車の先頭部に掲げるヘッドマークについて、1950年代から2000年代までのデザインを振り返ります。このほか、阪神電車の車体塗装に実際に使用している塗料を吹き付けたパネルと共に車体色のコンセプトを紹介します。


阪神電気鉄道株式会社 https://www.hanshin.co.jp/

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/7266_e451a887ea3ec2b4f67e228e827439799cc8910d.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
大阪市北区芝田1-16-1




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク