横浜高島屋にて、明治学院大学の学生ボランティアが11月20日にタカシマヤオリジナルチャリティーサンタ人形の販売サポート ~国連WFPと共に世界の子どもたちに食料と希望を!~

プレスリリース発表元企業:明治学院大学
タカシマヤオリジナルチャリティーサンタ人形(クリスマスの物語を読みながらくつろぐサンタさん)

明治学院大学ボランティアセンターは、認定NPO法人国連WFP協会(横浜市西区、会長:安藤 宏基様)に協力し、タカシマヤがクリスマスに展開する「オリジナルチャリティーサンタ人形」の販売初日、チャリティーサンタ人形販売のサポートを、本学の学生ボランティア約15名によって行います。サンタ人形の売上金の一部は、飢餓に苦しむ人々への食料支援のため国連WFP協会に寄付されます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/198475/LL_img_198475_1.png
タカシマヤオリジナルチャリティーサンタ人形(クリスマスの物語を読みながらくつろぐサンタさん)

全国の大学に先駆けて設立され、20年を超える歴史を持つ明治学院大学ボランティアセンターは復興支援、キャンパスがある横浜市や港区での活動などで、多くの学生活動を支援しています。毎年約700名の学生が自主的に参加し、地域や企業、NPO・NGOなどに出かけて「1日ボランティア」「1日社会貢献活動」を行う「1 Day for Others」というプログラムの一環として、昨年に続き、今回の活動を行うこととなりました。

飢餓をなくすことを目指す国連唯一の食料支援機関「WFP国連世界食糧計画」を支援する国連WFP協会は、大学のボランティアセンターと連携して、学生への国際貢献の認知を広め、企業のCSR活動と結びつけた食料支援につながる実践を紹介しています。


【明治学院大学ボランティアセンターが、国連WFP協会と連携
学生ボランティアが「タカシマヤオリジナルチャリティーサンタ人形」の販売サポート】
日時:2019年11月20日(水) 午前10時~午後4時
※数量に達し次第、終了予定。
場所:横浜高島屋 1階 正面玄関 特設会場
(横浜市西区南幸1-6-31 Tel 045-311-5111)
内容:明治学院大学ボランティアセンターが、国連WFP協会と連携し、
学生ボランティアを中心に約15名が
「タカシマヤオリジナルチャリティーサンタ人形」
(レイモンド・ブリッグズ デザイン。高さ約4.5センチ)の
販売サポートをいたします。
※11月20日(水)から、タカシマヤ19店舗+シンガポール店で合計56,000点を販売。
横浜店は10,000点限り。定価300円(税込み)。お1人様5点まで。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース