プロジェクトで開発したポータブル3D上映システムをサイエンスアゴラ2019に出展

プレスリリース発表元企業:大学プレスセンター


大学通信から中学・高校のニュースリリースをお送りします。



国際高等専門学校・金沢工業大学の学生らで運営するカルチャー&サイエンス・コミュニケーションプロジェクトは、11月16日(土)、17日(日)にテレコムセンタービル 3階テレコムアリーナ(東京都江東区青海2-5-10)で開催される「サイエンスアゴラ2019」にポータブル3D上映システムを出展し、国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクトで開発された「mitaka」の上映を行います。ナビゲータは学生4名が務めます。




 「サイエンスアゴラ」(主催:国立研究開発法人 科学技術振興機構)は、異なる分野・セクター・年代・国籍を超えた関係者をつなぎ、さまざまな人たちが各地で主体的に推進する活動の広場として2006年より毎年行われています。一般の方から研究者までさまざまな出展があり、今年は140を超える企画が集まります。

 ナビゲータを務める学生は、自治体主催のイベント、小中学校や高齢者施設を訪問し、「mitaka」による宇宙旅行を提供する活動を通して、地域の方々に科学のおもしろさを伝えています。
 自ら宇宙について学び、それをナビゲータとして伝えるトレーニングが、学生にとって双方向対話のサイエンスコミュニケーションの場の創出にもつながっています。
 今回は来場者に開発した3D上映システムを機器の作り手の立場から紹介し、ものづくりに対する取り組みもあわせて紹介します。


▼本件に関する問い合わせ先
国際高等専門学校 カルチャー&サイエンス・コミュニケーションプロジェクト
竹俣 一也 教授
住所:石川県金沢市久安2-270
TEL:076-248-1080
メール:admissions@ict-kanazawa.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

プレスリリース情報提供元:Digital PR Platform

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • Mazda MX-30(欧州仕様)(画像: マツダの発表資料より)
  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース