激安レンタカー会社が提供する「マンスリー契約=乗りたい放題」が11月1日より好評実施中! 1ヵ月3万円を大きく切る価格でカーナビ、ETC装備

プレスリリース発表元企業:テラニシモータース株式会社
激安レンタカー会社が提供する「マンスリー契約=乗りたい放題」が11月1日より好評実施中! 1ヵ月3万円を大きく切る価格でカーナビ、ETC装備


“今月だけもう1台必要”という方にお得なサービスを好評実施中です。延長で借りた場合には、3ヵ月目から割引があります。

“激安”レンタカーと手厚いサービスで知られるテラニシモータース株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役:寺西勝志)は11月1日(金)、1ヵ月のレンタカー貸し出しサービスを開始いたしました。距離無制限の乗りたい放題で軽自動車1ヵ月2万7,600円(税別)というリーズナブルな価格で提供しています。

▼テラニシモータース|公式サイト:https://teranishi-m.com


■1日あたり1,000円を切る料金で乗りたい放題

レンタカーのマンスリー契約サービスは、自動車が欲しくても、様々な事情により購入できない方のために始めました。「今月だけ1台欲しい」「マイカーの修理がいつ終わるか分からない」「特定の期間だけ家族の送迎が必要」といったニーズのある方に便利なサービスです。

軽自動車で1ヵ月2万7,600円(税別)からと、1日あたり1,000円を切る価格もあります。カーナビ、ETCを装備し、メンテナンスおよび自動車保険も含めた価格です。一般的なマンスリー契約の場合は走行距離の制限がありますが、テラニシモータースでは乗りたい放題で距離制限はありません。

営業時間内であればいつでも借りられ、いつでも返却が可能です。さらにレンタルを延長した場合、3ヵ月目からは割引もあります。支払い方法は現金振り込みやクレジットカードも可能です。

長期間のレンタルは貸し出す方も事務作業などが軽減され、コストを抑えることができます。それを最大限、お客様に還元する形で使い勝手のいいマンスリー契約サービスを始めることが可能となりました。


■庶民の味方「テラモレンタカー」安さだけではないお客様本位のサービス

テラニシモータースは激安レンタカーとして、多くの方にご利用をいただいています。地元大阪では「テラニシモータース」よりも、愛称の「テラモレンタカー」として有名です。

3時間980円〜12時間2,980円という驚きの価格設定により、庶民の味方のレンタカーとして、多くの方のご支持をいただいてきました。さらにナビやETCを標準装備し、全店ベビーシートやチャイルドシート、ジュニアシートもご用意。

楽天、じゃらん、レンナビ、トクーなどから簡単にweb予約できる上、営業時間が午前8時から午後11時までと、夜遅くまでオープンしていることが特徴です。

一般的なレンタカーショップは午後8時で閉店します。しかし、それでは渋滞等の道路状況も大きく影響する中で、あわてて帰宅することになるでしょう。せっかくの家族の団欒も時間に追われてしまい、楽しみも半減してしまいます。

そこでお客様が借りた時間を少しでも有意義に過ごせるように、社員一丸となり、早朝から深夜までオープンして頑張ることとしました。このようなお客様本位の営業が、大阪で親しまれている理由だと自負しています。テラニシモータースはただ安いだけのレンタカーショップではありません。


【テラニシモータース株式会社について】
本社:〒571-0046 大阪府門真市本町11-20
代表者:代表取締役 寺西 勝志
設立:2009年6月
電話番号:06-6904-0550
URL: https://teranishi-m.com/ https://teranishi-motors.net/ https://xn--1-qfu0gwc296qpne.com/ https://teranishi-motors.com/ https://selfrentacar.org/ https://u-car.org/ https://teranishi-m.com/ http://www.paranormalactivity-movie.com/ https://www.teranishimotors.jp/
事業内容:
・レンタカー事業
・カーリース事業
・中古車販売事業
・保険代理店事業
・FC事業



提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:ValuePress!

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • Mazda MX-30(欧州仕様)(画像: マツダの発表資料より)
  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース