KCCS、「第21回 図書館総合展」に出展11月12日(火)~14日(木)パシフィコ横浜で開催

プレスリリース発表元企業:京セラ株式会社
ブースイメージ

京セラ株式会社の関連会社である京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は、11月12日(火)~14日(木)にパシフィコ横浜で開催される「第21回 図書館総合展」において、図書館や公共教育を取り巻く課題解決に貢献する、ICT/AIを活用したさまざまなソリューションを出展します。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/198024/img_198024_1.jpg
ブースでは、「つながる・ひろがる・みつかる ~みんなのそばに図書館を~」をテーマに、KCCSが提供する下記のサービス・製品をご紹介します。
・公共図書館システム「ELCIELO(エルシエロ)」
・大学図書館システム「CARIN-i(カリン-アイ)」
・電子図書館システム「BookLooper(ブックルーパー)」
・教育機関向け事務システム「CampusPlan(キャンパスプラン)」
「School Engine(スクールエンジン)」

また、現在開発を進めている公共図書館システム「ELCIELO(エルシエロ)」と画像解析AIを組み合わせた蔵書点検システムを参考出展としてご紹介します。デモンストレーションもご体験いただけますのでぜひご来場ください。
▼「画像解析AIを活用した蔵書点検システム」の詳細はこちら
https://www.kccs.co.jp/news/release/2019/1106/

この他にも、高額なIC関連機器の導入コスト削減を目的に開発を計画している、図書館のICゲート(来館人数のカウント機器)に代わるシステムの利用イメージや、今後提供開始予定の新サービスもご紹介します。

ぜひ、会場へお越しいただきICT/AI技術などを活用した最新の図書館・公共教育関連ソリューションをご体感ください。
■開催概要
表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/198024/table_198024_1.jpg




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告