KCCS、「第21回 図書館総合展」に出展11月12日(火)~14日(木)パシフィコ横浜で開催

プレスリリース発表元企業:京セラ株式会社
ブースイメージ

京セラ株式会社の関連会社である京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は、11月12日(火)~14日(木)にパシフィコ横浜で開催される「第21回 図書館総合展」において、図書館や公共教育を取り巻く課題解決に貢献する、ICT/AIを活用したさまざまなソリューションを出展します。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/198024/img_198024_1.jpg
ブースでは、「つながる・ひろがる・みつかる ~みんなのそばに図書館を~」をテーマに、KCCSが提供する下記のサービス・製品をご紹介します。
・公共図書館システム「ELCIELO(エルシエロ)」
・大学図書館システム「CARIN-i(カリン-アイ)」
・電子図書館システム「BookLooper(ブックルーパー)」
・教育機関向け事務システム「CampusPlan(キャンパスプラン)」
「School Engine(スクールエンジン)」

また、現在開発を進めている公共図書館システム「ELCIELO(エルシエロ)」と画像解析AIを組み合わせた蔵書点検システムを参考出展としてご紹介します。デモンストレーションもご体験いただけますのでぜひご来場ください。
▼「画像解析AIを活用した蔵書点検システム」の詳細はこちら
https://www.kccs.co.jp/news/release/2019/1106/

この他にも、高額なIC関連機器の導入コスト削減を目的に開発を計画している、図書館のICゲート(来館人数のカウント機器)に代わるシステムの利用イメージや、今後提供開始予定の新サービスもご紹介します。

ぜひ、会場へお越しいただきICT/AI技術などを活用した最新の図書館・公共教育関連ソリューションをご体感ください。
■開催概要
表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/198024/table_198024_1.jpg




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース