ROSE LABOの「食べられるバラ」への取り組みが、「マイナビ農業アワード」で最優秀賞&優秀賞をW受賞!6次産業化の成功が高く評価

プレスリリース発表元企業:ROSE LABO株式会社
ROSE LABOの「食べられるバラ」への取り組みが、「マイナビ農業アワード」で最優秀賞&優秀賞をW受賞!6次産業化の成功が高く評価


就農人口は20年間で81万人も減少。しかも60代以下の従事者はわずか93万人と、日本の農業は衰退の危機が叫ばれています。そのような中、農家や農業関係者の挑戦や成功事例を表彰する「マイナビ農業アワード2019」が開催。無農薬の「食べられるバラ」に特化して開発・栽培から商品企画・販売までおこなうROSE LABOなど8組が表彰されました。

「“食べられるバラ”を通して、世界中の人々を美しく、健康に、幸せにする」をコンセプトに製品開発・販売を行っているROSE LABO 株式会社(所在地:埼玉県深谷市、代表取締役:田中 綾華)は、2019年9月24日に、農家や農業関係者の挑戦や成功事例を表彰する「マイナビ農業アワード2019 ~関係人口を増やそう~」 にて、農業法人の部で優秀賞、総合部門で最優秀賞を授与されました。


▼ 「マイナビ農業アワード2019 ~関係人口を増やそう~」:
https://agri.mynavi.jp/2years/


■20年間で81万人も減少した就農人口、60代以下の従事者はわずか93万人

日本は人口減少局面に入り、多くの産業において労働者の不足が問題となっています。中でも高齢者が多い農業ではその事態は深刻で、1995年には 256万人だった就農人口は、2015年には 175万人へと大幅に減少。しかも平均年齢は67.0歳と高く、60代以下の就農者数は93万人しかいないというのが現状です。


日本の農業の衰退が危惧される中、農業に関する情報を発信するサイト「マイナビ農業」が2017年8月にスタート。5年後、10年後の農業になくてはならないインフラとなるべく、人を求めている農家と農業を始めたい人とのマッチングや、農と食を知るコミュニティスペースの提供など、幅広い活動を精力的に手掛けています。そしてこのたび2周年記念企画として、農業を盛り上げる取り組みをしている人を対象に「マイナビ農業アワード2019 ~関係人口を増やそう~」を実施。ROSE LABOをはじめ8組が受賞いたしました。


*農林水産省「人口構造の変化等が農業政策に与える影響と課題について」:
http://www.soumu.go.jp/main_content/000578741.pdf


■農業関係人口の創出や地域貢献が認められ、最優秀賞を受賞

ROSE LABOは、「食べられるバラ」との出会いで一念発起し、大学を中退して農家に弟子入りした田中綾華が2015年に設立。無農薬の「食べられるバラ」に特化し、開発から栽培、バラを使った商品の開発および販売まで一貫して行っています。


この6次産業化により地域の雇用創出にも大きく貢献。直営店をオープンしファンミーティングを開催するなどの新しい挑戦も高く評価され、「マイナビ農業アワード2019 ~関係人口を増やそう~」の農業法人の部で優秀賞に選ばれました。また、農業関係人口の創出、取り組みの斬新さで農業の新たな可能性を広げたことが認められ、総合部門でも最優秀賞を獲得することができました。


代表の田中綾華は、農林水産省が推進している「農業女子プロジェクト」のメンバーとしても活躍。今後も若い世代のロールモデルとして、日本の農業に貢献してまいります。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1Njg2NyMyMzA0NTgjNTY4NjdfSkVsdXZ3aVV5Yy5qcGc.jpg ]


【ROSE LABO株式会社について】

本社:〒366-0814 埼玉県深谷市大谷

東京事業所:〒107-0062 東京都港区南青山3-3-6 クアルソ南青山1階

代表者:代表取締役 田中 綾華

設立:2015年9月

電話番号:03-6277-8755

URL:https://www.roselabo.com/

オンラインショップ:https://www.roselabo.jp/

事業内容:農薬不使用の「食べられるバラ」の栽培、「食べられるバラ」を使った商品企画・販売



提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告