これまで出会ったすべての方たちへの感謝を込めて『お茶の水、大勝軒』の集大成と進化がここに――

プレスリリース発表元企業:株式会社 大勝軒TOKYO
焼肉ライス

カレーライス

グランプリ決定戦

株式会社 大勝軒TOKYO(本社:東京都豊島区 代表取締役:田内川 真介)が運営する「お茶の水、大勝軒」は、2019年11月2日(土)、3日(日)に開催される「神田カレーグランプリ2019決定戦」において、山岸一雄のレシピ第5弾として「焼肉ライスカレー」を2日間限定で復刻し、2017年にグランプリを受賞した「カツライスカレー」などと共に提供致します。

また、今年は田内川とスタッフで新しく開発した渾身のスパイスカレー「お茶の水、大勝軒特製キーマカレー」を、「神田カレーマイスター」限定でオプション販売させて頂くことになりました。

先代の山岸マスターから受け継いだ「伝統」と、私たちの新たな「挑戦」と「進化」を、東京・神田、小川広場で皆さまにお届け致します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/196978/LL_img_196978_1.jpg
焼肉ライス

オフィシャルサイト: http://www.taisho-ken.tokyo/


【2019年「お茶の水、大勝軒」が新たに挑むふたつのチャレンジ!】

<1 元祖「あいがけ」!肉好きの心をわしづかみにする「焼肉ライスカレー」>
山岸 一雄が、創業当時に開発した伝説のメニューのひとつ。
上質の国産豚を大勝軒のラーメン醤油で炒めた焼肉は、一般的な「豚のしょうが焼き」とは違った、暴力的なまでに食欲を掻き立てるラーメン店ならではの独特の香りが特徴です。
その“ヤバすぎる”「焼肉ライス」にカレーをかけたものが、今回甦らせる元祖あいがけの「焼肉ライスカレー」です。
カレーにも隠し味として使われているラーメン醤油がつなぎ役となり、相性はバツグンです。
今回は宮崎県産の最高級ブランド豚「宮崎ハマユウポーク」を使用!
豚肉本来のジューシーな旨みと食感をご賞味いただけます。

公式サイト: http://www.m-pork.com/about_hamapo/index.html

<2 スパイスコンシャスな、舌の肥えた「神田カレーマイスター」の方々に!
田内川と「お茶の水、大勝軒」が挑む「スパイスカレー」という高み>
山岸 一雄から継承し、次世代へと伝えていきたい「伝統の味」。
その一方で、ここ神田の地で様々な名店のカレーと出会い、「お茶の水、大勝軒」にしかなしえない新しいカレーの味も追求し続けてきました。
まだ試行錯誤の途中ではありますが、今回、スパイスの持つ魅力を私たちなりに解釈し、昇華させたものを、「キーマカレー」という形で、神田カレーマイスターの方たちへの限定でご提供させて頂きます。

「お茶の水、大勝軒」の「伝統」と「進化」を、神田カレーグランプリ会場でご体感ください!


【「神田カレーグランプリ」とは】
神田地区は450店以上のカレー提供店が集まる日本一のカレー激戦区ですが、その中から神田カレーNo.1を決める日本最大級のカレーの祭典が「神田カレーグランプリ」です。2011年に初開催され、2019年で9回目を迎えます。
歴代、「ボンディ」、「マンダラ」、「上等カレー神田小川町店」などがその栄誉に輝いている中、お陰さまで「お茶の水、大勝軒」は第7回のグランプリを受賞させて頂きました。


【「神田カレーグランプリ2019」決定戦】
開催日時 : 2019年11月2日(土)11:00~19:00
11月3日(日)11:00~17:00
開催会場 : 小川広場(千代田区神田小川町3-6)
提供商品 : 復刻版 焼肉ライスカレー 600円(税込)
復刻版 優勝カツライスカレー 600円(税込)
復刻版 カレーライス(揚げシュウマイ付) 600円(税込)
スペシャルカレー(全部のせ) 800円(税込)
キーマカレー ※マイスター限定トッピング 100円(税込)
提供店舗 : 「お茶の水、大勝軒」会場内特設テント
公式サイト: http://kanda-curry.com/


【山岸 一雄の「カレーライス」は、これぞ日本のカレーライス】
“ラーメンの神様”と呼ばれた故 山岸 一雄ですが、創業当時はいわゆる「町中華」のお店で、ラーメン以外にも、カレーライス、オムライス、カツライス、カツ丼などのメニューがありました。
子供の頃に食べた「海軍カレー」をベースにしており、玉ねぎ、じゃがいも、にんじんをラードで炒め、魚介や豚ガラで出汁をとったラーメンスープで煮込んで完成させたものが山岸流のカレーライスです。
昭和の香りが漂う、懐かしくて優しい日本のカレーライスです。
2016年に準グランプリを受賞しています。


【2017年グランプリの「優勝カツライスカレー」】
国産の豚ロース肉に小麦粉、卵、パン粉をまぶし、ラードでカラッと揚げたトンカツをライスにのせたワンプレートがカツライス。当時人気だったこの「カツライス」にカレーをかけたものが「カツライスカレー」です。
正式なメニューにはないものの、お客様の要望があれば提供する幻のメニューでした。
お陰さまで2017年にグランプリを受賞し、現在「お茶の水、大勝軒 BRANCHING」にてご提供しており、たくさんのお客様に愛して頂いております。


【師匠の味を頑なに継承する「お茶の水、大勝軒」】
店主・田内川 真介が師匠・山岸 一雄からのれん分けを許される時の条件が「味を変えないこと」と「昔のメニューを復刻させること」でした。
生前の山岸 一雄監修のもと、これまで復刻させたメニューは、カレー中華、ワンタンメン、タンメン、餃子、シュウマイなど。
2015年に山岸 一雄が亡くなってからは、直々に教わったレシピを元に「秘蔵のレシピ」シリーズとして期間限定で提供しています。

◆「秘蔵のレシピ」シリーズ
第1弾 冷やし五目(冷やし中華)※夏季限定
第2弾 カレーライス
第3弾 もりカレー(カレーつけめん)
第4弾 硬い焼きそば(あんかけかた焼きそば)
第5弾 焼肉ライスカレー ※グランプリ限定


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • Disk画像の一例 (c) NASA
  • AI画像診断支援ソリューション画面例(画像: NTTデータの発表資料より)
  • カングーイラスト入りマカロン「マカロンデー×ルノー スペシャルパッケージ」(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース