日立オートモティブ電動機システムズが電動車両向けモーターを東京モーターショー2019に出展

プレスリリース発表元企業:Hitachi, Ltd.

TOKYO, Oct 24, 2019 - ( JCN Newswire ) - 日立オートモティブ電動機システムズ株式会社(代表取締役社長:山口登/以下、日立オートモティブ電動機システムズ)は、電動車両用モーターを10月24日(木)から11月4日(月)まで東京ビッグサイトで一般社団法人 日本自動車工業会(JAMA)の主催により開催される「第46回東京モーターショー2019」に出展いたします。なお、本製品は2019年11月より量産を開始します。

グローバル規模で拡大が見込まれる電動車両市場に向け、2017年7月に日立オートモティブシステムズ株式会社(プレジデント&CEO:ブリス・コッホ)と本田技研工業株式会社(代表取締役社長 社長執行役員:八郷 隆弘)の両社は、電動車両用モーターの開発、製造および販売を行う合弁会社として設立しました。設立以来、当社は電動車両用モーターの量産に向けた準備を進め、2019年4月には次世代の技術開発や効率的なモノづくり技術、また、エンジニアの育成などを目的に、グローバル技術開発センターを設け、開発や品質維持の体制強化を進めてきました。

今後、中国では2020年内に、米国では2022年に電動車両用モーターの生産を予定しています。

日立オートモティブ電動機システムズは、自動車メーカーによる電動車両のさらなる普及に寄与し、世界的規模で環境保全に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/10/1024.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース