NTT ComのIoTプラットフォーム「Things Cloud(R)」を利用し中部電力が設備保全業務の高度化・効率化の取り組みを加速

プレスリリース発表元企業:中部電力株式会社 NTTコミュニケーションズ株式会社

中部電力株式会社(所在地:愛知県名古屋市、代表取締役社長:勝野 哲、以下「中部電力」)とNTTコミュニケーションズ株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:庄司 哲也、以下「NTT Com」)は、中部電力の設備保全業務の高度化・効率化に向けたIoTプラットフォームとしてNTT Comの「Things Cloud(R)」※1を採用することについて、本日、合意しました。

中部電力は、保有する電力設備などを効率的に運用するため、水位、温湿度、振動などの運転状態に関する様々なデータを、設備に取り付けたセンサーなどのIoT機器を用いてデジタル化し、収集する取り組みを進めています。

今回、NTT ComのIoTプラットフォーム「Things Cloud(R)」の導入により、IoT機器を一元的に管理し、そこから収集するデータをグラフなどで見える化することが可能となります。これにより、従来、作業員が現地に赴き直接確認する必要があった設備に関する様々なデータを、容易に遠隔監視することが可能となります。さらに、収集したデータの分析も行うことができるため、部品の故障予知など設備運用の最適化の実現が期待できます。

中部電力は、今後も最先端のICT技術を活用し、電力設備の運用のさらなる高度化・効率化を目指していきます。
NTT Comは、今回提供する「Things Cloud(R)」を含めたデータ利活用プラットフォーム※2の展開により、企業の生産性向上に貢献するとともに、社会的課題の解決に取り組んでいきます。

※1: 「Things Cloud(R)」とは、NTT Comが提供するIoTプラットフォームの名称です。データ収集、可視化、分析、管理などIoTの導入に必要な機能・プロセスをノンプログラミングで簡単・短期間に実現できる機能やテンプレートを提供します。(https://www.ntt.com/iot/
※2: NTT Comが提供するデータ利活用に必要なすべての機能をワンストップで利用可能なプラットフォームです。詳しくは、下記Webサイトをご参照ください。
( https://www.ntt.com/business/sdpf/ )

別紙:「Things Cloud(R)」を利用した中部電力の設備保全業務の高度化・効率化の取り組みイメージ



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース