ネオス、サイボウズのオフィシャルSIパートナーに認定!

プレスリリース発表元企業:ネオス株式会社
サイボウズのオフィシャルSIパートナーに認定

豊富なシステム・アプリ開発経験を強みにソリューションを展開

モバイル、インターネットサービスを手掛けるネオス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:池田昌史 以下ネオス)は、この度、業務改善プラットフォーム「kintone」を提供するサイボウズ株式会社(以下サイボウズ)のオフィシャルSIパートナーとして認定されました。これに伴い、当社の豊富な開発経験を強みとしたkintoneソリューションを展開し、各社に最適な業務システムの構築やアプリ開発を推進してまいります。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/196805/img_196805_1.png

近年、企業における人手不足や社会的な働き方改革の広まりを背景に、ITの活用による業務効率化へのニーズが増加しています。当社では、業務を自動化することで生産性向上を実現するビジネスチャットボットをはじめとした各種法人向けプロダクトや、サイト・アプリの制作からシステム・クラウドの構築まで幅広い対応力を強みとしたSIサービスの提供を通じて、こうしたニーズに応えてまいりました。
一方「kintone」は、開発の専門知識がなくとも直感的な操作で業務システムやアプリを開発できる、サイボウズのクラウドサービスです。散在するデータの一元管理はもちろん、社内SNSとしての機能も備えており、チーム内でのスピーディーな情報共有を可能にするなど、業務効率化に役立つ機能を多数搭載しています。

今後、当社はサイボウズのオフィシャルSIパートナーとして、これまで培ってきた幅広い業種を対象としたシステムやアプリの開発経験を強みに、kintoneを活用した業務支援ソリューションへの取り組みを推進してまいります。
本発表にあたり、サイボウズ執行役員 営業本部長 栗山様より、以下のエンドースメントを頂戴しております。

■ <サイボウズ株式会社様からのコメント>
サイボウズ株式会社は、ネオス株式会社のサイボウズオフィシャルSIパートナー認定を心より歓迎いたします。
kintoneは、ノンプログラミングで業務アプリの作成や修正ができるほか、プラグインによる機能拡張や外部サービス間での連携ができ、利用の幅を広げることができます。多岐にわたるSI経験で培った業種・分野のノウハウを生かし、kintoneの新しい顧客層を一緒に広げていけると考えております。
今後も更なるパートナシップ構築に勤しみ、ネオス株式会社と共にお客様にとって価値あるソリューションをご提案してまいります。

サイボウズ株式会社
執行役員 営業本部長 栗山 圭太


■ ≪ネオスが提供する「kintoneソリューション」の特徴≫
■豊富なシステム・アプリ開発経験
業種・分野を問わず、幅広い法人向けにプロダクトやSIサービスを提供してきた経験をベースに、さらにkintoneに精通したスタッフが最適な導入支援や開発をご提案いたします。

■オリジナルプラグインの活用や販売
JavaScriptやオリジナルのプラグインを活用することで、より利便性の高いアプリ開発を可能にするとともに、kintoneユーザー向けにプラグインの販売も予定しています。

■業種特化型アプリの開発
個々の案件における開発以外にも、業種ごとに特化したアプリをパッケージ開発することで、実際の利用ニーズや業務特性にマッチした形で提供いたします。
▼構築例 ※適用業種は順次拡大予定
・公認会計士、税理士向けCRM
・フォワーダー(貨物利用運送業)向け業務管理

■自社プロダクトやソリューションとの連携
業務自動化を実現するチャットボットサービス【neoスマボ】をはじめとした、自社のアセットとkintoneを融合することで、より機能性を高めるとともにさまざまな利用シーンに対応してまいります。また、各社の既存業務システムや外部クラウドとの連携も可能です。

■サービスサイト
http://ss.neoscorp.jp/lp/kintone
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/196805/img_196805_2.jpg


<ネオスについて>
【商 号】ネオス株式会社
【本 社】東京都千代田区神田須田町1-23-1 住友不動産神田ビル2号館
【U R L】https://www.neoscorp.jp/
【設 立】2004年4月
【代表者】池田 昌史
【グループ事業内容】
◆ソリューション事業:サービスデザイン力を強みとしたシステム・インテグレーションと法人向けプロダクト&サービス
◆コンテンツ事業:コンテンツ知見を強みとしたサービス&プロデュース
◆デバイス事業:深圳ネットワークを強みとしたサービス事業者向けエッジデバイスソリューション

※記載されている社名、製品名、ブランド名、サービス名は、すべて各社の商標または登録商標です。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告