ラグビーワールドカップ2019や2020年東京オリンピックのために奔走 遠藤 利明氏インタビュー(東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 会長代行)

プレスリリース発表元企業:公益財団法人 笹川スポーツ財団






笹川スポーツ財団「スポーツ歴史の検証 スポーツの変革に挑戦してきた人びと」
遠藤 利明氏インタビュー「スポーツ振興くじ」の導入や、「スポーツ基本法」の制定などにも尽力

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/1086/35497/512_396_201910211651105dad636e7d23b.jpg
▲ オリンピック担当大臣として関連イベントで挨拶する遠藤利明氏

「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進する笹川スポーツ財団(所在地:東京都港区赤坂 理事長:渡邉一利 以下:SSF)は、日本のスポーツの歴史を築かれてきた方々にお話を伺い、スポーツの価値や意義を検証、あるべきスポーツの未来について考えるスペシャルサイト「スポーツ歴史の検証」を連載しております。

2020年東京オリンピックを来年に控えた本年度は「スポーツの変革に挑戦してきた人びと」をテーマに、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 会長代行 遠藤 利明氏にご登場いただきます。

遠藤氏は、日本スポーツ界の発展に欠かすことのできない財源づくりに寄与する「スポーツ振興くじ」の導入や、「スポーツ基本法」の制定などにもご尽力されてきました。インタビュアーには、産経新聞特別記者兼論説委員の佐野慎輔氏をお迎えし、意義深いお話を引き出していただきました。

http://www.ssf.or.jp/ssf/tabid/813/pdid/282/Default.aspx


[画像2]https://digitalpr.jp/simg/1086/35497/500_333_201910211651205dad6378f114a.jpg
▲ ラグビーワールドカップ2019で日本が優勝候補のアイルランドを19対12で破る歴史的勝利をあげた
(2019年9月28日/静岡・エコパスタジアム)

[画像3]https://digitalpr.jp/simg/1086/35497/400_314_201910211651325dad638410cb5.jpg
▲ オリンピック担当大臣として競技会場の建設現場を視察


[画像4]https://digitalpr.jp/simg/1086/35497/578_366_201910211651385dad638a5bc7f.jpg
▲ 2020東京オリンピック聖火リレー発表記者会見にて(左端)(2019年8月)


【主な内容】


次世代につなげたい「ゴールデン・スポーツ・イヤーズ」の成功
スポーツへの概念を変えた「くるみクラブ」
日本スポーツ界に寄与した「スポーツ振興くじ」導入と「スポーツ基本法」制定
地域」が子どものスポーツを支える仕組みに

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 SSFでは、スポーツの価値や意義を検証し、あるべきスポーツの未来について考える機会として、鈴木大地氏、吉田沙保里氏、室伏広治氏など日本のスポーツの歴史を築かれてきた方々へのインタビュー記事『スポーツ歴史の検証』 を連載しています。
https://www.ssf.or.jp/history/tabid/811/Default.aspx

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[画像5]https://digitalpr.jp/simg/1086/35497/300_200_201910211652005dad63a05bf05.jpg
笹川スポーツ財団 スペシャルサイト
『スポーツ歴史の検証』
第85回
すべては「楽しさ」から生まれるスポーツの力

遠藤 利明氏

(「スポーツ歴史の検証」で検索ください!)



http://www.ssf.or.jp/ssf/tabid/813/pdid/282/Default.aspx

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<プロフィール>
遠藤 利明(えんどう としあき)氏
1950年生まれ。衆議院議員。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 会長代行。初代東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当大臣。学生時代は、柔道部・ラグビークラブに所属。山形県出身。

インタビュアー佐野 慎輔(さの しんすけ)氏
1954年生まれ。産業経済新聞社特別記者兼論説委員、SSF理事。スポーツ記者を30年以上経験し、日本オリンピックアカデミー理事、野球殿堂競技者表彰委員を務める。

<スポーツ歴史の検証>概要
【企画制作】公益財団法人 笹川スポーツ財団
【後 援】スポーツ庁、東京都、公益財団法人日本スポーツ協会、
 公益財団法人日本オリンピック委員会ほか
【特別協力】株式会社アシックス 
※本事業は『令和元年度スポーツ振興くじ助成』を受けて行われます。

【笹川スポーツ財団】
公益財団法人 笹川スポーツ財団は、「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進するスポーツ分野専門のシンクタンクです。国、自治体のスポーツ政策に対する提言策定や、スポーツに関する研究調査、データの収集・分析・発信を行い、「誰でも・どこでも・いつまでも」スポーツに親しむことができる社会づくりを目指しています。

■公益財団法人 笹川スポーツ財団について

名称  : 公益財団法人 笹川スポーツ財団
代表者 : 理事長 渡邉 一利
所在地 : 〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル3階
設立  : 1991年3月
目的  : スポーツ・フォー・エブリワンの推進
事業内容: ・生涯スポーツ振興のための研究調査
      ・生涯スポーツ振興のための研究支援
      ・生涯スポーツ振興機関との連携事業
      ・生涯スポーツ振興のための広報活動
URL   : http://www.ssf.or.jp/



本件に関するお問合わせ先
笹川スポーツ財団 経営企画グループ:古坂(ふるさか)
TEL:03-6229-5300 info@ssf.or.jp


関連リンク
公益財団法人笹川スポーツ財団
https://www.ssf.or.jp/
笹川スポーツ財団 スペシャルサイト 『スポーツ歴史の検証』
https://www.ssf.or.jp/history/tabid/811/Default.aspx

プレスリリース情報提供元:Digital PR Platform

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース