外資系・グローバル企業の経営層採用に特化した人材紹介サービス『エンワールド エグゼクティブサーチ』を開始

プレスリリース発表元企業:エンワールド・ジャパン株式会社
『エンワールド  エグゼクティブサーチ』ロゴ

日本最大級のグローバル人材紹介会社・人材派遣会社であるエンワールド・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:ヴィジェイ・ディオール)は、シニアマネジメント~経営層の採用に特化した『エンワールド エグゼクティブサーチ(en world executive search)』( https://www.enworld.com/employers/executive-search-process )を10月23日(水)より開始することをお知らせいたします。

サービスURL: https://www.enworld.com/employers/executive-search-process

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/196618/LL_img_196618_1.jpg
『エンワールド エグゼクティブサーチ』ロゴ

【『エンワールド エグゼクティブサーチ』立ち上げ背景】
経済産業省の外資系企業動向調査(※1)によると、日本に進出している外資系企業は2013年3月末時点で2,976社、2018年3月末時点は3,266社と5年間で9.7%増加しています。それに伴って、組織の中核を任せられるような高い語学力と能力を持ったシニアマネジメント~経営層の採用ニーズも増加傾向にあります。
当社は設立当初より、20年にわたり外資系・グローバル企業の採用を支援してきました。今回、エグゼクティブの採用支援を約20年専門に行っているスコット・ウォレスを『エンワールド エグゼクティブサーチ』の責任者として迎え、シニアマネジメント~経営層の人材採用に特化した人材紹介部門を立ち上げました。スコット・ウォレスは「市場にインパクトを与えるサービスの提供を行うことで、我々がミッションとする“enabling success(入社後活躍)”を実現し、候補者と企業の成功の可能性を最大化します」と意気込みを見せています。
『エンワールド エグゼクティブサーチ』を通じて、企業の成長に寄与する経営人材の採用を支援してまいります。
※1 「外資系企業動向調査」2013年調査、2018年調査、経済産業省調べ


【『エンワールド エグゼクティブサーチ』概要】
1. 当社が20年間培ってきた、グローバル人材領域における専門性を強みに、企業の経営課題に沿ったエグゼクティブ層の人材をご紹介。
経営スキルのみならず企業に合ったカルチャー形成までできる人材をご提案。

2. 豊富なグローバルビジネス経験と高い語学力を持つエグゼクティブ候補者を他社がアプローチできない独自のネットワークから探し出し、強力なスクリーニングプロセスを通してご紹介。

3. 分析に強みを持ち、市場動向と候補者分布に基づいた洞察レポートを提供。また、プロセスの進行具合を定期レポートで共有し、結果までコミットしたサービスを提供。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース