第18回BCEIA2019 に出展、および「第8回中日科学機器発展フォーラム」を開催

プレスリリース発表元企業:一般社団法人日本分析機器工業会

一般社団法人日本分析機器工業会(JAIMA、〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-12-3、会長:中本晃/株式会社島津製作所 代表取締役会長)は、第18回BCEIA2019に出展し中国分析測試協会との共催による「第8回中日科学機器発展フォーラム」を開催します。

Beijing Conference and Exhibition on Instrumental Analysis(BCEIA/北京分析測試学術報告会及展覧会)は、1985年の初回から2年ごとに中国・北京で開催される分析機器の展示会およびコンファレンスです。
前回の来場登録者数は25,500人。出展企業は500社。コンファレンスでは600以上のセッションが実施されました。
2017年の中日科学機器発展フォーラムに引き続き今回も、食品分析を中心に、日本の分析技術の最新動向を紹介します。日本語による各講演内容は、中国語で同時通訳となります。

第18回BCEIA2019
開催期間:2019年10月23日(水)~10月26日(土)
開催場所:China National Convention Center, Beijing(中国北京国家会議中心)
主催者 :China Association for Instrumental Analysis(CAIA/中国分析測試協会)
日系企業:島津製作所、日本電子、堀場、日立ハイテクノロジーズ、京都電子、日本分光など

第8回中日科学機器発展フォーラム 概要
開催日時 :10月24日(木)9:30~12:00
日本側講演者:
・日本の分析化学の現状と未来
日本分析化学会会長 首都大学東京 教授 内山一美氏
・日本の食品安全と信頼性の確保
日本食品分析センター 品質保証部 多摩研究所 品質保証課 課長 坂尾攝津子氏
・日本の機能性食品表示制度と機能性農産物開発
~4年目を迎えた制度の改正ポイント~
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 本部 企画戦略本部
研究管理役 山本(前田)万里氏

展示会の詳細は下記をご参照ください。
http://www.bceia.cn/en/default.aspx


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース