新たなCardLinxデータ調査がカードリンキングの力強い成長と革新を示す

プレスリリース発表元企業:The CardLinx Association
新たなCardLinxデータ調査がカードリンキングの力強い成長と革新を示す

2019年に米国、カナダ、英国でデータ・フォーラムを開始

(サンフランシスコ)-(ビジネスワイヤ) -- CardLinx協会は本日、2019年カードリンキングおよびO2O業界年次調査の新たなデータを公表し、米国、カナダ、英国での新たなコマース・データ・フォーラムについて発表しました。2019年CardLinx調査では、カードリンキングとオンライン・ツー・オフライン・コマースが急速に成長していることが明らかになりました。調査参加者の44%から、カードリンキング取引の年間成長率が100%を超えたという報告がありました。

CardLinxのプレジデント兼最高経営責任者(CEO)のSilvio Tavaresは、このように述べています。「カードリンキングは今ではマーチャントやその他の広告主にとって、デジタル広告を構成する重要な一部としてしっかりと確立されています。米国の最大規模の銀行の多くがこの技術を使用しており、世界の主要なモバイルアプリにも採用されています。カードリンキングによるマーケティングは米国の大半の消費者に働きかける力を持ち、アジアと欧州の経済規模の大きな国でも急速に導入が進んでいます。カードリンキングの普及は、オプトイン型の広告が消費者とマーチャントから好まれていることによって進んでいます。」

カードリンキングとは、消費者のモバイルアプリをオフライン(店舗内)での購入に使用される支払いカードやモバイル・ウォレットと結びつけることを可能にする技術です。具体例には、楽天インストア・キャッシュバックやグルーポン+の例があります。CardLinx協会の会員と調査参加企業には、マイクロソフト、楽天、サムスンカード、キャピタル・ワン、三井住友カード、三菱UFJニコス、ヒルトン、AEON、マスターカード、JCBなどが含まれます。

主な調査結果

カードリンキングはソーシャルメディア・マーケティングに次いで2番目に一般的な広告チャネルに
ソーシャルメディア・マーケティングはマーケティング・チャネルとして最も一般的に使用され、回答者の20%から最も好むチャネルとして選ばれています。しかし、カードリンキング・マーケティングも16%の回答を得て、2番目に好まれるチャネルに上昇しました。これは、サーチエンジン・マーケティング(SEOマーケティング)と同順位の2位です。カードリンキングは、テレビ広告(10%)とアフィリエート・マーケティング(12%)を上回りました。最高の新技術 - モバイル・ウォレットでのカードリンキング・キャンペーン
調査回答者の圧倒的多数が、モバイル・ウォレットのカードリンキング・キャンペーン(CLO)を最も優れた新技術として選びました。これを最高の新技術に選んだ回答者は41%に上ります。その他の新技術の評価はこれに大きく劣っており、レジなし店舗は24%、生体認証支払いは10%、インターネット接続デバイスでの人工知能は9%、デジタル・ショッピング・アシスタントは4%となっています。カードリンキングの米国での成長は成熟規模に達する
2018年にはカードリンキング取引が100%以上成長したという回答は半数を超えましたが、2019年には成長率が100%を超えたという回答は44%でした。米国の大手銀行の多くが既にカードリンキングを導入していることから、3桁成長を達成することは難しくなりました。2019年の報告と調査結果は、こちらをクリックしてご覧いただけます。

新たなCardLinxデータ・フォーラムを米国、カナダ、英国で実施

CardLinxは本日、データとデジタル・コマースについての画期的な3つのカンファレンスを発表しました。カンファレンスでは、マイクロソフト、マスターカード、楽天、FIS、Moneris、RBCなど、世界のリーダー企業の幹部による基調講演が行われます。これらのまったく新たな特別な上級幹部レベルのカンファレンスは、ワシントンDC、トロント、ロンドンで2019年最後の3カ月に次々と実施されます。

10月22日、ワシントンDC - CardLinxイースト:データ駆動コマース11月6日、トロント - CardLinxカナダ:デジタル・ロイヤルティーの推進12月3日、ロンドン - CardLinx欧州:データおよびコマースの次のフロンティア CardLinxフォーラムは、最先端のテクノロジー、幹部レベルのエンゲージメント、戦略的協業に焦点を当てます。これらのイベントは、世界各地の有力企業の意思決定者のコミュニティーをもたらします。詳細情報と登録については、こちらをクリックしてください。

CardLinx協会について

CardLinx協会は、世界的にオンライン・ツー・オフライン・コマースとカードリンキングを促進することに取り組む複数業界の主要業界団体です。CardLinxの会員企業は4大陸17カ国以上にわたっています。会員のために、当協会は業界横断的な協業の促進、業界サービスの開発、幹部レベルのイノベーション・フォーラムの開催、共通基準の策定を行い、諸目的を達成する際の障害の縮小と解消に努めています。CardLinx協会の会員には、マイクロソフト、楽天、マスターカード、ディスカバー、サムスンカード、キャピタル・ワン、AEON、ヒルトン、MUFGなどが含まれます。当協会への参加に関心を持つ企業の皆さまは、こちらをご覧ください:http://bit.ly/2sJIMLL

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。



businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20191021005310/ja/

連絡先
Ester Shin
ester@cardlinx.org
626-346-3030

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース