「京阪電車×響け!ユーフォニアム2019」を11月1日(金)から実施します

プレスリリース発表元企業:京阪ホールディングス株式会社
京阪電車×響け!ユーフォニアム2019

京阪ホールディングス株式会社(本社:大阪市中央区、社長:石丸昌宏)と京阪電気鉄道株式会社(本社:大阪市中央区、社長:中野道夫)は、開催を延期しておりました、アニメ「響け!ユーフォニアム」とのコラボレーション企画「京阪電車×響け!ユーフォニアム2019」を2019年11月1日(金)から実施します。
同作品は、架空の高校に在籍する吹奏楽部員たちの青春を綴った物語で、宇治市が舞台となっており、宇治市の名所や行事のほか、当社宇治線の電車や駅も描かれています。
本企画では、同作品の舞台となった場所を巡るのに便利な「舞台めぐりMAP」を京阪電車主要駅や宇治市内各所で配布するとともに、ARキャラクター(※)との写真撮影ができるスマートフォンアプリ「舞台めぐり」を利用したデジタルスタンプラリーを開催。京阪線でご利用いただける乗車券「京阪電車×響け!ユーフォニアム 2019京阪線フリーチケット」(全1種類)と、大津線でご利用いただける、特製台紙がセットになった乗車券「京阪電車×響け!ユーフォニアム 2019 ヘッドマーク型大津線フリーチケット」(全4種類)を販売します。
なお、当社では、本企画に関連する売上金の相当額を京都府が開設している「京都府で発生した放火事件に係る被害者義援金」口座に寄付いたします。
※ARキャラクターとは…スマートフォンのカメラに映した周囲の風景に、重ねて表示できるキャラクターの画像

1.舞台めぐりMAP
作中に登場した宇治市内などのシーンをまとめた「舞台めぐりMAP」を、京阪電車の主要駅や宇治市内の各所で配布します。

【配布開始日】 2019年11月1日(金)
【配布場所】 京阪電車主要駅、宇治市役所、宇治市観光センター、京阪宇治駅前観光案内所ほか
【制作協力】 宇治市

2.「舞台めぐり」デジタルスタンプラリー
【開催期間】 2019年11月1日(金)~2020年3月31日(火)
【概 要】 スマートフォンアプリ「舞台めぐり」を利用し、「響け!ユーフォニアム」に登場するスポットを巡るデジタル版のスタンプラリー。期間ごとに設定されたチェックポイント3カ所を巡ると、好きな場所でキャラクターと一緒に写真を撮影できる「マイAR」をプレゼントします。

期間
1.11/1(金)~12/8(日)
2.12/9(月)~2020.1/15(水)
3.1/16(木)~2/22(土)
4.2/23(日)~3/31(火)
チェックポイント
アプリ内で指定する3カ所のスポット(期間により異なります)

【参加方法】 スマートフォンアプリ「舞台めぐり」をダウンロードし、アプリ内の専用ページにアクセスいただくことで参加できます。

3.キャラクター等身大パネルの設置
【展示期間】 2019年11月1日(金)~2020年3月31日(火)
【展示場所】 京阪電車中書島駅、六地蔵駅、黄檗駅、宇治駅、宇治市観光センター
【協力】 宇治市

※展示期間中、スマートフォンアプリ「舞台めぐり」ではキャラクター等身大パネルと同デザインのマイARも登場します(京阪電車の駅設置分のみ)。プレゼント期間は駅により異なります。詳しくは、同アプリもしくは京阪電車ホームページをご確認ください。

4.乗車券の販売(京阪線)
【名 称】 「京阪電車×響け!ユーフォニアム 2019京阪線フリーチケット」
【発売期間】 2019年11月1日(金)~12月31日(火)
【通用期間】2019年11月1日(金)~2020年3月31日(火)のお好きな1日
【有効区間】京阪線全線 乗り降り自由
【発売価格】1,300円 ※大人用のみ発売
【発売枚数】5,000枚(なくなり次第終了)※お一人さま1日1枚限りの発売
【発売場所】中之島、淀屋橋、天満橋、京橋、守口市、寝屋川市、香里園、枚方市、樟葉、中書島、丹波橋、祇園四条、三条、出町柳の各駅

5.乗車券の販売(大津線)
【名 称】 「京阪電車×響け!ユーフォニアム 2019ヘッドマーク型大津線フリーチケット」
【発売期間】 2019年11月1日(金)~12月3日(火)
【通用期間】発売期間中のお好きな1日
【有効区間】大津線全線 乗り降り自由
【発売価格】1,400円(大津線の1日フリーチケット2枚1組) ※大人用のみ発売
【発売枚数】4,000枚(4種類、各1,000枚:なくなり次第終了)
※誕生月が8月、9月、10月、11月のキャラクターなどをそれぞれデザインした4種類のヘッドマーク型乗車券を発売します。
※お一人さま各乗車券につき1枚限り発売
【発売場所】びわ湖浜大津駅
6.ヘッドマークの掲出
現在運行中のラッピング電車に、大津線の乗車券と同じデザインのヘッドマークを掲出して運行します。なお、ラッピング電車の運行は12月3日(火)までです。
【掲出期間】2019年11月1日(金)~12月3日(火)
※2019年11月1日(金)~11月18日(月)
・大津線の乗車券1・2と同じデザインのヘッドマーク
※2019年11月19日(火)~12月3日(火)
・大津線の乗車券3・4と同じデザインのヘッドマーク
【掲出車両】石山坂本線 石山寺ー坂本比叡山口駅間
600形車両1編成(617ー618号車)


(ご参考)アニメ「響け!ユーフォニアム」について
◆作品紹介
原作:武田綾乃(宝島社文庫『響け!ユーフォニアム』)
アニメーション制作:京都アニメーション
2015年4月(第1期)・2016年10月(第2期)にテレビ放送され、劇場版(4作品)も公開されたアニメーション作品。
最新作映画の「劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~」は、2019年4月に公開された。また、「『響け!ユーフォニアム』久美子3年生編」の制作も発表されている。原作小説は、宝島社より既刊12巻(2019年現在)他が発売されている。

◆ストーリー
昨年度の全日本吹奏楽コンクールに出場を果たした北宇治高校吹奏楽部。
2年生の黄前久美子は3年生の加部友恵と、4月から新しく入った1年生の指導にあたることになる。全国大会出場校ともあって、多くの1年生が入部するなか、低音パートへやって来たのは4名。
一見すると何の問題もなさそうな久石奏。周囲と馴染もうとしない鈴木美玲。そんな美玲と仲良くしたい鈴木さつき。自身のことを語ろうとしない月永求。
サンライズフェスティバル、オーディション、そしてコンクール。「全国大会金賞」
を目標に掲げる吹奏楽部だけど、問題が次々と勃発して……!?
北宇治高校吹奏楽部、波乱の日々がスタート!

以 上


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース