「“時”を楽しむ時津町」プロジェクトが始動 増田明美さんをアドバイザーに起用し、観光ルートを開発 時津町の魅力を紹介するプロジェクトサイトを10月21日から公開

プレスリリース発表元企業:長崎県西彼杵郡時津町
増田明美さんがアドバイザーに就任

ワークショップの模様(1)

ワークショップの模様(2)

長崎県西彼杵郡時津町(町長:吉田 義徳、以下 時津町)は、観光誘客の取り組みとして、「“時”を楽しむ時津町」プロジェクトを始動。そのプロジェクトの一環としておこなわれる観光ルート開発のアドバイザーに、元マラソン五輪代表でスポーツジャーナリストの増田明美さんを起用いたしました。

プロジェクト始動に先立って増田明美さんが時津町を来訪。時津町役場を訪れ、吉田町長との対談がおこなわれました。その後、増田明美さんには時津町の観光スポットを巡っていただき、サイクリングロードではジョギングをしながら時津町を視察していただきました。

続いて、観光ルート開発に向けて、長崎外国語大学の学生、西そのぎ商工会のメンバーでワークショップを実施。増田明美さんが視察の際に感じられた魅力点などの情報を参考に、学生・地元商工会それぞれの視点で意見を出し合い、丸1日かけて観光ルート案を作成しました。

この案を元に、改めて増田明美さんのアドバイスをいただきながら観光ルートが完成。この観光ルートを始めとして、新しい視点で時津町の魅力を紹介する「“時”を楽しむ時津町」プロジェクトサイトを10月21日(月)から公開しています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/196483/LL_img_196483_1.jpg
増田明美さんがアドバイザーに就任
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/196483/img_196483_2.png
ワークショップの模様(1)
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/196483/img_196483_3.png
ワークショップの模様(2)

■「“時”を楽しむ時津町」プロジェクト概要
プロジェクトサイトURL: https://tanoshimu-togitsu.com/

長崎県西彼杵郡時津町が実施する観光推進プロジェクト。町名にある「時」をテーマに町の魅力を発信していきます。プロジェクトサイトでは、増田明美さん監修の観光ルートやウォーキングコース、時津町出身のアイドル海月らなさん出演のスペシャルムービーなど、時津町の様々な魅力を新しい視点で紹介しています。

スペシャルムービーURL: https://youtu.be/6Kugg2v2AEM

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/196483/img_196483_4.png
増田明美さん監修のウォーキングコース

■増田明美さん プロフィール
1964年、千葉県いすみ市生まれ。
成田高校在学中、長距離種目で次々に日本記録を樹立する。1984年のロス五輪に出場。
1992年に引退するまでの13年間に日本最高記録12回、世界最高記録2回更新という記録を残す。
2001年から10年間、文部科学省中央教育審議会委員を務める。
現在、スポーツジャーナリストとして活躍。
その他、大阪芸術大学教授、日本パラ陸上競技連盟会長、全国高等学校体育連盟理事、日本障がい者スポーツ協会評議員としても活動している。
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/196483/img_196483_5.png
増田明美さん


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース