軽井沢星野エリア森の中の「ケラ池スケートリンク」に今シーズンも天然氷エリアがオープンオープン予定日:2019年12月20日

プレスリリース発表元企業:星野リゾート
【星野エリア】ケラ池スケートリンク(全景)

【星野エリア】ケラ池スケートリンク(鳥瞰)

【星野エリア】ケラ池スケートリンク(カフェラテ)

星野リゾートが運営する、軽井沢の屋外スケート場「ケラ池スケートリンク」に、冷却装置を使わず冬の寒さだけで凍らせる「天然氷エリア」が、今シーズンもオープンします。森を感じるスケートリンクをコンセプトとする本リンクでは、氷の中の落ち葉を探したり、冠雪の浅間山を眺めたりしながら、まるで氷上を散歩するかのようにスケートを楽しむことができます。天然氷エリアのオープン予定日は2019年12月20日です。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/196117/img_196117_1.jpg

■ コンセプトは、森を感じるスケートリンク
ケラ池スケートリンクは、森の中の池が凍ってできる屋外スケート場です。「軽井沢野鳥の森」に隣接し、周辺には多くの野鳥や動物が生息しています。このような場所にあるため、スケーティングと共に自然も楽しめるリンクにしたいと考え、森を感じるスケートリンクをコンセプトにしています。 今シーズンは、2019年10月18日~2020年3月8日の営業を予定しています。

■ 天然氷エリアが12月下旬にオープン
本リンクは、冬の寒さに加えて冷却装置の助けを借りる「人工エリア」と、寒さのみで凍らせる「天然氷エリア」によって構成されます。12月20日頃になると、天然氷エリアが結氷し、約1,080平米ある池の全面が滑走可能になります。透明度が高くツルツルとよく滑る天然氷エリアは、2月20日頃まで滑ることができます。
天然氷のリンクは各地で減少しており、今や希少な存在です。古くからスケートが盛んだった軽井沢においても、2019年現在、天然氷の上でスケートができるのは本リンクだけです。

■ 森の中の氷上散歩
本リンクは、まるで散歩をしているかのように自由にスケートを楽しめるのが特徴です。一般的なリンクのように、一定方向にグルグルと回る必要はありません。池にある小さな島をめぐったり、天然氷に閉じ込められた森の落ち葉を探したりしながら、思い思いに過ごすことができます。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/196117/img_196117_2.jpg

■ 野鳥の声をBGMにホットドリンクでひと休み
隣接するカフェでは、コーヒーやココアなどのホットドリンクを販売します。特におすすめしたいのは、ココアパウダーで森の野鳥を描いたカフェラテです。絵柄は4種類で、いずれもリンク周辺でよく見かける野鳥です。
一般的なリンクでは飲食が禁止されていますが、本リンクでは氷上のベンチにドリンクをテイクアウトすることが可能です。野鳥の声をBGMに、森の自然を感じながら、休憩を楽しむことができます。
・野鳥のカフェラテ600円
・コーヒー・ココア500円 *すべて税込
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/196117/img_196117_3.jpg

■ カップル向けバレンタインイベント「星空ナイタースケート」開催【NEW】
バレンタイン期間限定のカップル向けイベントとして、「星空ナイタースケート」を初めて開催します。このイベントは、ナイタースケートの滑走だけではなく、軽井沢の冬の醍醐味の一つである満天の星空を、ガイドの解説付きで楽しめるのが特徴です。ナイタースケートを1時間程楽しんだ後、全ての照明を落とし、夜空に浮かび上がる無数の星々を眺めます。バレンタインにちなみ、ハート型マシュマロ入りのホットチョコレートを提供します。
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/196117/img_196117_4.jpg
■開催日:2020年2月10日~16日
■時間:17:30~19:00 *17:00受付開始
■料金:1名 3,500円 *滑走料、貸靴料、ドリンク、双眼鏡、消費税込
■対象年齢:18歳以上
■予約方法:当日17:00までに、電話またはWEBサイトから要予約
■定員:20名 *最少催行人数:2名
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/196117/img_196117_5.jpg
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/196117/img_196117_6.jpg

■ ケラ池スケートリンクの歴史
1951年(昭和26年)、現在のケラ池スケートリンクと同じ場所に「星野リンク」がオープンしました。この頃、標高1,000メートルの高原という環境を活かし、軽井沢町内には次々とスケートリンクが誕生しています。やがて昭和30年代には、東京からの臨時列車「銀盤号スケート列車」が運行されるほどのにぎわいになります。しかし、時代の変化に伴い、屋外スケートリンクは徐々に姿を消し、星野リンクも2000年(平成12年)に使用を休止しました。ケラ池スケートリンクは、伝統を受け継ぎつつ、新しいスケートの楽しみ方を提案することをめざし、約3年半にわたる検討を経て2016年(平成28年)11月に開業、この度、4シーズン目を迎えます。
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/196117/img_196117_7.jpg
▲1951年(昭和26年頃)の「星野リンク」
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/196117/img_196117_8.jpg
▲隣接のカフェで赤々と燃える薪ストーブ

■ 「ケラ池スケートリンク」天然氷エリアの概要
■期間:2019年12月20日~2020年2月20日
*人工エリアは2019年10月18日~2020年3月8日まで営業
(11月20日、1月7日~9日を除く)
■時間:10:00~16:00
■料金:大人(中学生以上)1,900円/小学生以下1,300円
*滑走料および貸靴料を含む
野鳥のカフェラテ 600円/コーヒー・ココア各500円 *料金はいずれも税込
■スケート靴のサイズ:15cm~30cm
■スケート靴のタイプ:フィギュアスケート用
■リンクの広さ:約1,080平米(内、天然氷エリアは740平米)
■その他:・天候により期間や時間の変動、臨時休業の場合あり
・滑走時は手袋およびニット帽を着用のこと
・手袋は販売あり(300円)、ニット帽は無料レンタルあり
■電話:0267-45-7777(ピッキオ)
■URL:http://www.hoshino-area.jp/archives/area/skate
画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/196117/img_196117_9.jpg

軽井沢星野エリア
大正時代、文豪や芸術家が集い、コミュニティが形成されていた軽井沢星野エリア。古くから、多くの人々に愛され続けているこの場所は現在、自然や文化を愛する人々が集う“小さな街”となりました。さわやかな風、川のせせらぎ、やわらかな木洩れ陽、変わらない豊かな自然と共に「軽井沢ライフ」に彩りを添える、くつろぎのエリアです。
所在地 :〒389-0194 長野県北佐久郡軽井沢町星野
アクセス:JR北陸新幹線・軽井沢駅から車で約15分
電話 :0267-45-5853
URL :http://www.hoshino-area.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース