花山天文台ギャラリーワークショップ:宇宙と芸術を語る

プレスリリース発表元企業:学際融合教育研究推進センター芸術と科学のリエゾンライトユニット
花山天文台ギャラリーワークショップ:宇宙と芸術を語る


宇宙に近い場所で作家と学者が宇宙時代の芸術を考える
2019/10/26(土)


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MzY4NiMyMjk5NDQjNjM2ODZfdExhellXT2pqQS5qcGc.jpg ]


宇宙は古くから人々の想像力をかきたて、文学や芸術的創造の源泉となってきました。そして、人類が初めて月面に到達してから半世紀経った現在、民間主導の宇宙開発が進み、「普通の人」が宇宙へ行く時代が近づいてきています。そんな新しい宇宙時代、芸術はどうなるのでしょうか?
今回のワークショップでは、JAXAの芸術ミッションにアーティストとして参加し、国際宇宙ステーションでガラスボトルに「宇宙を詰めて」きて、そのボトルを使ったワークショップ「手に取る宇宙」を今も続けておられるアーティストの松井紫朗さん (京都市立芸術大学教授)、そして京都大学でブラックホールなどの高エネルギー天体の研究をしている宇宙物理学者の川中宣太さん(京都大学特定准教授)をお招きして、宇宙と芸術について語り合います。


開催概要

日時 2019年10月26日(土)19:00-、 花山天文台特別公開に合わせて開催

会場 京都大学理学研究科附属花山天文台

講師

松井紫朗 (美術家、京都市立芸術大学美術学部教授)

川中宣太 (宇宙物理学者、京都大学白眉センター特定准教授)

ファシリテータ

磯部洋明 (宇宙物理学者、京都市立芸術大学美術学部准教授)

対象 どなたでも
定員 20名


申し込み方法 メールにて受け付けます。usss-event@kwasan.kyoto-u.ac.jp

・参加希望者の名前と所属をご記入ください。お申し込みを受け付けた旨のご連絡が担当者より届きます。

本ワークショップはKyoto STEAMの事業の一環です。


主催:京都大学 大学院理学研究科附属天文台、同宇宙総合学研究ユニット 、KYOTO STEAM

後援:京都大学芸術と科学リエゾンライトユニット、京都市立芸術大学自然科学研究室


イベントに関する最新情報は、宇宙ユニットウェブサイトの特設ページをご覧ください。

https://www.usss.kyoto-u.ac.jp/etc/191026ws.html

https://sites.google.com/view/kyotoscienceart/top


問い合わせ先 usss-event@kwasan.kyoto-u.ac.jp (担当:寺田・磯部・玉澤)



提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:ValuePress!

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース