2019-10-18 08:00:00

Bitnasdaq:集中型取引からエコエンジン分散型取引所への発展を主導

プレスリリース発表元企業:Bitnasdaq
Bitnasdaq:集中型取引からエコエンジン分散型取引所への発展を主導

SHANGHAI, Oct 18, 2019 - ( JCN Newswire ) - 2019年10月17日、上海で「Bitnasdaq取引所説明会」をテーマとする発表会が開催された。Bitnasdaq取引所の中国語コミュニティ共同創始者であるPeterが今回の発表会の司会を担当した。

この会議で、Bitnasdaq取引所の中国語コミュニティ共同創始者であるPeterはデジタル通貨取引プラットフォームの概要、デジタル通貨取引プラットフォーム業界の発展、BitNasdaqデジタル通貨取引プラットフォームの概要、およびデジタル通貨取引プラットフォームの見通しについて発表した。彼は「現在取引プラットフォームの競争が激しく、『頭効果』があまりよくないため、取引所にはより多くの人が収容できる。」ということを強調した。

Peterは主にブロックチェーンのアウトレットと業界の特徴を分析し、デジタル通貨取引所の業界の発展を紹介した。「現在、世界には1,200種類以上のデジタル通貨があり、市場の1日の取引量は約2,500億元であり、2018年1月の最盛期の1/3に過ぎない。世界のデジタル通貨市場は一ヶ月以上の強気相場の後、2017年12月のレベルに戻り、市場は徐々に常態に復する」と話した。

将来ユーザーに安全的、効率的に体験させるように、Bitnasdaqはグローバル化、多言語、合法的な通貨取引、およびシステムセキュリティなどの方面を探索している。多数の取引プラットフォームは各国の規制政策に触れないように慎重である。またPeterはトラフィック、決済メカニズム、事業構造の観点から現在の主流取引所の発展現状を分析し、Bitnasdaqの現在のビジネスレイアウトと構造を重点的に解読した。

取引所トラフィック「三巨頭」
上半期までに、取引所は未曾有の速度でユーザートラフィックを集めた。Top50の取引所の中で、約83%のユーザアクセス量がTop10の取引所に集中しており、残りの40個の取引所は残りの17%ユーザアクセス量しか分割できず、その中上位の取引所のはBinance、Coinbase ProとBittrexである。

取引所のビジネスは、トレーダーにデジタル資産と法幣、またはデジタル資産間の取引を提供するだけではなく、マイニング、権益の抵当からBinanceの発行、配当、廃棄までの最初の成長産業のチェーンを改善する。その地位も、取引ノードからエコロジーコミュニティのエンジンに徐々に変更している。Exchange Tokenは集中型取引の多様化における最初のステップであり、取引所業界の発展には重要な部分である。

Binance:Exchange Token最初の実践者
最初のExchange Tokenは、2017年7月25日にBinanceが発売した通貨BNBである。合計2億枚のBNBの中で、1億個がICOパブリックリリースの場合で発行された。Binanceの運用政策によると、トレーダーはBNBTokenを使用して抵当取引手数料を割り引くことができる。2%の高い手数料のために一般的に批判されてきた昔の取引所の背景で、Exchange Token抵当取引手数料は間違いなくユーザーに打撃を与えた。BNBTokenの発行により、Binanceはユーザーの信頼を取得しただけではなく、1億枚BNBのICO収入は取引所が急速な発展できることも確保した。

ExchangeToken「円の外側」の旅
取引所は、二級市場に没頭するだけでは満足しないが、イーサリアム、EOS、および他のコミュニティとプライマリ市場のエコロジーをめぐって競争し始めている。今年7月にBNBがオンラインになってからBinanceは8回目の買戻しと廃棄を完了したが、今回は80万以上のBNBが廃棄され、市場価値は2,300万ドルを超えた。現在 BNBが応用される場合は40、50種類に達し、これからもエンターテインメントや旅行などの場合に入ることを目指している。

ExchangeTokenはビットコインなどのネイティブデジタル資産に似ており、自然なデフレ資産である。 Tokenのデフレ論理は、デフレを通じてExchangeTokenの価値を高めて、Token保有者に価値上げの予期を提供し続けるというものである。「買戻しと廃棄」は、Exchange Tokenのデフレを保証する最も一般的な方法である。

ExchangeTokenの権益機能は、取引所ユーザーが保有するTokenの割合に応じて、定期的に取引所配当を受け取られるということである。暗号通貨の主流のコンセンサスがPOWからPOS(またはDPOS、LPOS、HPOSなどを含むPOSメカニズム)に変更するにつれて、Exchange Tokenの「マイニング」モデルが出現した。 つまり、ユーザーは通貨を持つだけでよく、Token配当により利益が取得できる。このモデルでは、ユーザーは抵当Tokenを通じて利益を取得する。この過程は「Staking」と言われる。 2019年、Stakingは暗号金融業界での主要な革新方向の1つになっている。

分散型取引所の出撃
集中型の取引所に比べて、分散型取引所では、ユーザーが自分の口座の鍵を持つことが許可され、取引所自身は仲介と取引上のチェーンの機能を担当するだけである。現在、分散型取引所は、0x、Loopringなどのさまざまな取引プロトコルをサポートしている。今より主流の分散型取引所にはWhaleEX、DDEX、TRXMarketが含まれる。

Binance:近年BNBが探索の主な方向
ETHまたはEOSパブリックチェーンで構築されている通常の競合相手とは異なり、Binance DEXはBinance Chainで構築することを選択した。BNBをサポートすることに加えて、BTC、ETH、USDTなどの主流の取引にもサポートを提供している。CoinMarketCap統計によると、現在のBinance DEXは71個の取引をサポートしており、世界で60位以上を達する。

Binance DEXの基盤を担うパブリックチェーン「Binance Chain」、およびこのTokenBNBは、近年Binanceの主な探索方向として考えられてきた。2019年までに、BNBは取引所のTokenのリーダーになり、時価総額は46億ドルに達し、世界一になる。さらに、取引所のTokenの上限が最終的に取引所自体の規模にリンクしていることを考えると、Binanceに依頼するBNBの見通しがよくある。

BitNasdaq:完全なコミュニティレイアウトとビジネス構造を備えたマルチパーティレイアウト
BitNasdaq取引所は、多方面の配置を持っている。 BitNasdaqのホワイトペーパーによると、そのビジネス範囲には、集中型取引所を除いて、分散型ウォレットBNwallet「中国名は『Biniu Wallet』」とパブリックチェーンBitNasdaq Chain「中国名『Biniu Chain』略称BNChain」とBNCを含め、BitNasdaqのコミュニティエコロジーを組み合わせる。ある意味で、BitNasdaqは、設立されたばかり完全なコミュニティレイアウトとビジネス構造を持っている。

ユーザーは取引所のデジタル資産ストレージセキュリティを一位に置く可能性がある。BitNasdaqは分散型ウォレットBNwalletを使用して安全性の問題を解決する。BNwalletの分散型により、ユーザーはウォレットの鍵を持って、集中型サーバーでホストする代わりにブロックチェーンにデジタル資産が保存できる。分散型取引所と同様に、分散型ウォレットは、ハッキングや窃盗のリスクを減らすこともできる。

BNwalletは、前者2つを確保しながら、できるだけ後者を追求するという形式を採用する。BTC、ETH、および自身TokenのBNCをサポートするマルチチェーンのクロス通貨ウォレットとして、BNwalletはC2C分散型取引を実現した。公式文書の説明によると、BNwalletは技術がアップグレードされた後、パブリックチェーンストレージの数を増やすかもしれない。 BNChainの取引では、「一秒で確認」も実現した。

1. 最高の優勢:「一秒で確認」の取引
ブロックチェーンの1秒あたりのトランザクション(Transaction per Second略称TPS)は、パブリックチェーンシステム取引の潜在力を表す重要な指標であり、従来のパブリックチェーンの一般的な弱点とは言える。パブリックチェーンでBNChainのTPSは約1500のレベルに達した。これは、「振込神器」というRippleとほぼ同じである。

2. 総合性があるデジタル通貨取引所
BitNasdaqは、総合性があるデジタル通貨取引所として、通貨取引、法幣OTC、コンバージドトランザクション、レバレッジドトレーディング、永久契約、ウェルスマネジメントなどのさまざまなトランザクションタイプを提供する。BitNasdaqのビジネスセグメントには、パブリックチェーンBitNasdaqチェーンとパブリックチェーンに基づくBNCが含まれる。パブリックチェーンの現地通貨として、BNCは同業他社と同様の使命を担っている。取引所のTokenとするとともに、BitNasdaqのエコロジカルな取引燃料にもなる。

BitNasdaqは、取引所のパブリックチェーンに基づく生態学的な建物である。取引所ビジネスが生態学的な方向に広がるにつれて、取引所のパブリックチェーンに基づいて、Token経済と生態学的コミュニティのレイアウトをめぐる「Binanceモデル」が主流の取引所のビジネステンプレートになる可能性がある。

Bakkt:伝統的な金融のブロックチェーンへの参入を試み
Intercontinental Exchange Group(略称ICE)の一部であるBakktのビジョンは、先物、スポット取引、デジタルパス取引の生態学的な閉ループを開くことである。この計画の最初のステップとして、今年8月16日(北京時間)の深夜、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)によって承認され、9月23日に世界初の現物配達BTC先物契約を正式にオンラインすることが発表された。これは機関投資者に合法的なBTC投資の条件を提供する。

DCMとDCOが存在する場合で、BakktはLedgerXなどのデリバティブ取引所と競合するかもしれない。Bakkt Payは、Bakktによって提供するモバイル決済プロジェクトであり、このプロジェクトの大きな意義は、価値を保存する機能として使用するのではなく、デジタルTokenに取引を実現するという事実である。業界の巨人の支援により、伝統的な金融背景には取引所は、より合法的より厳格な政策監督がある市場に参加することを目指している。

コミュニティに参加することが、分散型デジタル資産ネットワークへ発展する重要な方法であり、パブリックチェーンやIEOなどの方法でビジネスを拡大し、コミュニティを構築した後、間違いなく「集中型」取引所の色は薄くなる。そして、パブリックチェーンでコミュニティを推進するこの種類のビジネスモデルは、分散型競合相手が今日の中央集権型取引所に直面している答えであるかもしれない。将来には、マルチエンジンの一部としてデジタル資産ネットワークの発展を推進し続けるために、集中型取引所をコミュニティに変えることができる。

Email: markering@bitnasdaq.com
Website: https://www.bitnasdaq.com

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース