2019-10-18 08:00:00

東京ラブストーリー、あすなろ白書、だけじゃない!漫画家デビュー40周年を迎えた柴門ふみの初期傑作の数々を電子書籍として復刊!

プレスリリース発表元企業:株式会社文藝春秋
「愛して姫子さん1」

 「愛して姫子さん」

「みんなでデイト」

株式会社文藝春秋電子書籍編集部は、漫画家・柴門ふみの『愛して姫子さん1-2』『みんなでデイト 柴門ふみ傑作選1』『ホワイトノート 柴門ふみ傑作選2』を電子書籍として刊行します。各電子書店にて、10月18日(金)より配信を開始します。

お茶の水女子大学時代に漫画研究部に所属し、同人誌で活動していた柴門ふみさん。大学卒業直後の1979年、「クモ男フンばる!」が新人賞を受賞し、漫画家デビューを果たします。1979年といえば、機動戦士ガンダムが放映され、YMOが「テクノポリス」を発表、村上春樹が群像新人賞を受賞した年。柴門さんは、大友克洋や高野文子など従来の少年・少女漫画家とは一線を画した「ニューウェーブ」の一人として登場、注目を集めます。

その後、講談社漫画賞を受賞した『P.S.元気です、俊平』をはじめ、『同・級・生』『あすなろ白書』など恋愛をテーマとした作品を次々と発表。なかでも『東京ラブストーリー』はドラマ化されて社会現象になるほどの大ヒットを記録、柴門さんは「恋愛の教祖」と呼ばれるようになります。現在も女性週刊誌で『恋する母たち』を連載するなど、第一線で活躍。そんな柴門さんのデビュー40周年を記念して、絶版になっていた初期作品群を一挙、復刻します。

『愛して姫子さん1-2』
1980年に青年マンガ誌で初めて連載した作品。平凡な日常にムシャクシャしている室生姫子、高校2年が主人公。月並みな男女交際なんて真っ平ゴメン、庶民(ブス)と特権階級(ハンサム)が結びつく革命(ラブ)があってもいいじゃないか! ということで、クラス一の美男を振り向かせようと大奮闘するのだが……。女子高生のカラダ目当てのおじさんをからかったり、バレンタインチョコの斡旋を商売にしたり、片岡義男風恋愛を実践したりと、姫子さんは八面六臂の大暴れ。平和で退屈な学園生活にバクダンを投げ込むぞ!
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/196310/img_196310_1.jpg

『みんなでデイト 柴門ふみ傑作選1』
笑うとブスになると気づいた「みなこ」は、二度と笑うまいと決心した。ある日、同級生に交際を申し込まれるが、うまく付き合うことができず、フラれてしまう。生き方をあらため、グループ交際の初歩から恋愛を学ぼうとするが……。表題作「みんなでデイト」をはじめ、故郷徳島を舞台にした自伝的作品「MY LITTLE TOWN」、アマチュア時代に「ケン吉」名義で描いたナンセンス漫画なども収録。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/196310/img_196310_2.jpg

『ホワイトノート 柴門ふみ傑作選2』
授業中、ノートをとろうとしない太田原薫子は学校の問題児。しかし、父親が高名な社会学者のため教師も口出しが出来ない。「白いノートに文字なんか書きたくない」薫子の頑なな態度には、ある理由があった……。表題作「ホワイトノート」をはじめ、『P.S.元気です、俊平』の原型ともいえる「20才のぼくの夏日記」、世良公則や桑田佳祐のインタビュー漫画なども収録。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/196310/img_196310_3.jpg

男に都合のいいだけの女ではなく、夢見る少女でもない。いつも不貞腐れ、目を釣り上げ、でも気品だけは失わない。そんな等身大の女性を描いた柴門ふみの初期傑作群が、甦ります。

■書誌情報■
書名:愛して姫子さん 1
販売価格:500円(税込)
詳細URL:https://books.bunshun.jp/ud/book/num/1692074600000000000C

■書誌情報■
書名:愛して姫子さん 2
販売価格:500円(税込)
詳細URL:https://books.bunshun.jp/ud/book/num/1692074700000000000F

■書誌情報■
書名:みんなでデイト 柴門ふみ傑作選1
販売価格:500円(税込)
詳細URL:https://books.bunshun.jp/ud/book/num/1692074400000000000V

■書誌情報■
書名:ホワイトノート 柴門ふみ傑作選2
販売価格:500円(税込)
詳細URL:https://books.bunshun.jp/ud/book/num/1692074500000000000Y

著者:柴門ふみ
配信日:10月18日
主要販売電子書店:Kindleストア、Apple Books、楽天Kobo、Reader Store、紀伊國屋書店Kinoppy、BookLive!、honto、BOOK☆WALKER他、電子書籍を販売している主要書店

■著者プロフィール■
柴門ふみ(さいもん・ふみ)
1957年、徳島県生まれ。75年、お茶の水女子大学入学のため上京、同人誌活動を始める。79年「クモ男フンばる!」でメジャーデビュー。以後、青年誌を中心に作品を発表。80年、漫画家の弘兼憲史と結婚。83年『P.S.元気です、俊平』で講談社漫画賞、92年『家族の食卓』『あすなろ白書』で小学館漫画賞を受賞。著書に『同・級・生』『東京ラブストーリー』『女ともだち』『美は乱調にあり』(原作・瀬戸内寂聴)、『恋する母たち』など多数。






詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース