2019-10-17 11:00:00

組み立てて楽しい、動かして楽しい。かわいさプラチナ級のあの「ホイホイさん」が帰ってきた!!電撃コミックスEX『一撃殺虫!! ホイホイさん NEW EDITION』に登場する超小型害虫駆除ロボット「ホイホイさん」が、リニューアル&リパッケージ仕様で登場!

プレスリリース発表元企業:株式会社壽屋
ホイホイさん NEW EDITION01

ホイホイさん NEW EDITION02

ホイホイさん NEW EDITION03

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ホビーメーカー株式会社壽屋(本社:東京都立川市緑町/代表:清水一行)は、
『一撃殺虫!!ホイホイさん』より「ホイホイさん NEW EDITION」を2020年4月に発売予定です。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/196364/img_196364_1.jpg
【商品仕様】
・全高約125mm。とても愛らしい1/1スケール。
・キットのランナーは7色成型。また、フェイスパーツや瞳パーツなどの合計8パーツ
が塗装済み仕様で、組み立てただけでも設定のイメージに近い仕上がりを
お楽しみいただけます。
・塗装済みの3種類の瞳パーツを交換することで、ホイホイさんの
視線を変更することができます。
(正面向き・右向き・左向きの3種類)
・全身の各関節が可動するフルアクションモデル仕様。
さまざまなポーズを付けて、遊ぶも良し、飾るも良し、
さらには写真を撮っても楽しいプラモデルです。
・印象的なエプロンのロゴタイプ(HOIHOI-SANID-3)は、
タンポ印刷で再現しています。
・専用クレイドルは、充電シグナル部分にクリアーパーツを使用。
内部の パーツは塗装済みで、赤(充電中)・緑(充電完了)・黒(電源OFF)を
切り替えることができます。
・設定の「ホイホイさんは、靴を脱いでクレイドルに乗る」という
シチュエーションを再現するため、差し替え用の素足パーツが
付属します。素足パーツは、指の爪のディテール「あり」「なし」を
選択して組み立てるこだわりの仕様です。
・クレイドルには金属板を、素足パーツには磁石を内蔵。ホイホイさんが
クレイドルに乗る際の、「カチッ」っとした設置感が何とも心地良い感じです。
・塗装派のユーザーのために、エプロンのロゴタイプなどを含む、
水転写デカールが付属しています。
【付属品】
・ホイホイさん本体×1
・瞳パーツ(正面向き×1・右向き×1・左向き×1)
・ハンドパーツ(握り手〈左右〉×1・武器持ち手〈左右〉×1)
・ハンドガン×1
・十六夜(日本刀)×1
・ほうき×1
・専用クレイドル(充電器型スタンド)×1
・素足パーツ×1セット

【ホイホイさんとは!?】
田中久仁彦先生著、『一撃殺虫!!ホイホイさん』『一撃殺虫!!ホイホイさんLEGACY』に登場する、超小型害虫駆除ロボット(インターセプタードール〈ID〉)。
マーズ製薬が開発した「ホイホイさん」は、可愛らしい外見と、装備や服装のカスタマイズの幅広さで、お子様からお年寄りまで広く愛されています。
「ホイホイさん」のプラモデルは、2009年9月にコトブキヤから発売。「可愛らしいフル可動フィギュアながらも、組み立て式のプラキット」という、当時は画期的な仕様で、
業界に大きな衝撃を与えるとともに大ヒット商品になりました。
この商品コンセプトは、現在でもフレームアームズ・ガールをはじめとするコトブキヤのキャラクタープラモデルに、脈々と受け継がれています。
【リニューアルVer.のポイント】
・がんばって金型を一部改修!肌色と衣服の部分を、梨地加工によるつや消し仕上げに変更。そのまま組み立てただけでも、塗装済み完成品に近い仕上がりになります。
・従来版では別売りだった「専用クレイドル(ホイホイさん用充電器型スタンド)」をセットにした、DX版ともいうべきゴージャスな仕様です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■商品概要
商品名 :ホイホイさん NEW EDITION
サイズ :全高/全長約125mm
価格 :4800円(税抜)
発売月 :2020年4月
権利表記 :(C)KUNIHIKO TANAKA 2020
商品URL :https://www.kotobukiya.co.jp/product/product-0000003489/?utm_source=atpress.ne.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=pressrelease_191017
コトブキヤオンラインショップ :
https://shop.kotobukiya.co.jp/shop/g/g4934054018932/?utm_source=atpress.ne.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=pressrelease_191017
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース